ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【マガジン】マッシュGO!!【新連載】

犬犬犬犬。猫猫猫猫。

動物(犬猫)をテーマにした漫画といえば、「銀牙 -流れ星 銀-」がまず頭に浮かびます。
リアルで見たことはないけど、アニメの再放送とかで小さいころみた、強烈な印象がいまも残っています。

あの作品は、すごく熱かった。
なにせ、内容はすでにほとんど忘れちゃった今でも、思い出せば血肉踊る。わぉーん。

犬犬犬犬。猫猫猫猫。

今週のマガジンでも、すごく地味に、犬漫画が登場。
なにが地味って、表紙の扱いからして・・・・・・って、そういえば今期のマガジンは、新連載のプッシュがかなり弱いですね

もしかして、捨て鉢?
でも、私は今のところ、好きですけどね。一足先にスタートしたブラバン漫画「ブラボー


さてさて、本題。

今週の新連載。
『ハートフル警察犬ストーリー』らしい「マッシュGO!!」
ですが、正直なところ、本当に期待していなかった。

「ブラボー」もあんまり期待していなかったけど、二順目くらいには読んでました。
でも、今回は一番最後に読んじゃいました。

それは、なぜか。
理由は3つ。
1.原作・小森陽一先生の前作「トッキュー」の終盤の影響。
   グダついてた印象が悪いまま残っていました。
2.作画・米林昇輝先生の前作「コマコマ」の影響。
   うん、あれだ。私には合わない作風でした。
3.ハートフルな作品が苦手。
   個人的な趣味の問題。

というわけで、結局、殿軍をつとめていただきました。

犬犬犬犬。猫猫猫猫。

以下、感想。

絵柄。
米林先生の前作「コマコマ」では、かなり小奇麗な絵にしようとして、無理していた印象だったが、今回は、線をかなり荒めにして一見見づらいが、背伸びのない温かみのある絵柄に。
少年誌っぽくはないけど、マガジンではアリ。かと思います。


設定。
警察犬の学校が舞台
競走馬を目指す牧場ものは、けっこうあった。でもこういうのは初めて。
目の付けどころが小森先生らしいですね
雑学ネタが増えるのが楽しみです。


登場人物。
元気な女の子。
厳しい調教師。
若造。

こういうタイプの作品の三点セットみたいなテンプレ人物設定
人の関係で混乱するようなことは、まずなさそう。わかりやすい。

ただ、主人公の女の子・門倉リョウ(17)の過去が、「事故」→「自閉」→「アニマルセラピー」→「動物との友情」っていうのは、あまりにも分かりやすすぎて、もう一捻り欲しかったです。

とはいえ、まだまだ第一話。これから様々なキャラクターが広く、深く、掘り起こされていくはず。


犬。
ワォン。ワンッ。ハッ。ハッ。ワンッ。ワンッ。
かなり力が入ってます。
もしかすると、人より感情が多彩に表現されているかもしれません。

仔犬かわゆすぎです。ほふほふしたい。


以上。


犬犬犬犬。猫猫猫猫。


そういえば、今週のポスター絵は、サンデーとナニがあった雷句誠先生の書き下ろしでしたね。
これはもしや、久米田先生に続いて、マガジン移籍フラグかなにかでしょうか。
スポンサーサイト

| 新連載一話読み | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/59-0fa1dcf1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。