ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】最後の塔の可能性【140話】

高熱に倒れたアキラも無事に回復した所で、繰栖先生の生死を錦織医師に握られ、アキラ抹殺の使命を帯びた矢頼光一がアンテナに到着しました。

アキラと矢頼は数々の死線を共にくぐり抜け、友情に近い感情を得た仲であり、それはアキラと共に行動をしてきた真理谷たちも同じ。
だが、最後に矢頼と共に行動をしたのは鍾乳洞の時(36話くらい)なので、今からもう2年近く前。月日がたつのは本当に早い・・・
ということなので、現在行動を共にしている学校のみんなやレイさんたちは矢頼と島で顔を合わせるのはこれが初めて。矢頼のイメージは不良の二文字のみ。みんなかなり引き気味です。

まぁそんな最低最悪な矢頼のイメージも、アキラがやけにフレンドリーに接していたり、真理谷が何気に一目置いていたり、数々の貴重な情報をもたらしたりですっかり一変。

たった一人でここまで調べ上げる矢頼って何者?みたいな異様な雰囲気です。瀬川さんや繰栖先生など他にも行動を共にしていた人もいたんですが、全員矢頼が一人でやったと思い込んでるみたいです。まぁそのとおりなのですが、当の瀬川さんが隣にいるので、少しくらい彼女も褒めてあげてもいいのではないでしょうかね。なにもしていけど。

矢頼がアンテナに来て、真理谷たちが発掘した情報だけではなく、そこから更に進んだ最後の塔が人の居住区であるという可能性にまで言及しだしました。
そういえば、所々で人が死んでたり死んでたりしてましたが、研究施設はあっても生活感がなかった。確かに最後の塔が人の居住施設であるという可能性はかなり高そうです。

居住施設にいけば、もしかすると生存者から島の核心に迫る情報を得ることが出来るかもしれない。
島からの脱出計画も立ち上がり、物語はいよいよ終盤になってきたのかな。

でも、その前に錦織医師を何とかしないといけないですね。
このまま真美さんの予見どおり、アキラと矢頼が血みどろの争いを繰り広げるのでしょうか。そうなったら、確実にアキラが全殺しに遭いそうです。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/514-8700a9ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。