ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】医者の情け【132話】

真実さんをはさみ、睨み合いをする矢頼と錦織医師。
錦織医師のことだから、矢頼が繰栖先生の診察をお願いしても、何かしら要求をしてくるものだと思っていましたが、ここはあっさりと診察をしてくれました。

やっぱり医者としてのプライドってものが錦織医師にも残っていたのでしょうか。

診察中も普通の対応で、診断結果は「ストレスによる自律神経の異常で心配なし」とあっさり終了。
まぁ、診断結果は嘘だったわけですが、それは患者を安心させるの優しい嘘ってやつでした。

矢頼の問いかけで実際は「腹腔内出血で余命数週間」とあっさり死亡宣告。
治療方法も一切伝えず、いきなり「死にます」って言うあたりは、冷徹な錦織医師って感じが出ています。

この島じゃ、まともに外科手術をすることも出来なさそうなので、仕方ないっちゃあ仕方ないですが、矢頼の方は仕方ないでは済ましてくれそうになさそう。
冷静さを失いかけている矢頼がなにをするのか、逆上して錦織医師をいきなりフルボッコにしてくれるのか。
このまま繰栖先生が死んじゃうってことはないはずです。


アキラグループの方は、矢頼に錦織医師の件をかってに全権委任して戦術的撤退。
真理谷の出番が近づいてきて胸が高鳴ります。

そういえば、矢頼と作中で関わった人とそうでない人の矢頼に対する評価が真っ二つに別れて面白いです。
大森さんに関しては「かっこいい人に悪い人はいない」とまでイマイチ根拠のない説得をしてくれる始末。あなたを前回焼き殺そうとしていた錦織医師も、見た目はかっこいい人なのですが・・・。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/505-73f01623

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。