ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】世界を制する者【125話】

ピラミッド最深部のバイオハザードの間へと到達したアキラたち。色々あって副会長さんは未だ気になる玉をアキラに見せることが出来ないままです。
引っ張れば引っ張るほど、よほど重要なモノなのでしょうね。この玉。

一方地上では・・・。っていうのが今週のメインストーリ。

アキラやりおんたちとは唯一別行動をとっていたミイナ(偽)。すっかり存在を忘れていましたが、彼は出来る男なので、息を潜めて隠れているわけではなく、錦織派のHENTAIどもを篭絡し裏切らせることに成功。

「死に至る病」とはロリコンのことさ!

なんてかっこよく言い放つHENTAI三人組。その実は男の娘に欲情する似非ロリコンなり。自称「本物のロリコン」ですがただの悲しいピエロたちですね。これで実は杉政くんのような両刀使いだったら笑っちゃいますが。

ちなみに彼らがいった「死に至る病」。注釈でも書いていましたがキルケゴールっておっさんの哲学書です。
この哲学書では「死に至る病とは絶望のことである」とされています。

絶望は精神の病。絶望を意識しなければ、それはそれで絶望。絶望を意識して気が滅入ると絶望。絶望を受け入れてしまうとこれまた絶望。そして絶望は罪である。

ざっくり調べてみたらこんな感じですかね。

つまり、「死に至る病」をロリコンと言った彼らは、ロリコンである己に絶望をし、存在自体が罪であると認識していることになります。

人々に罪の意識を与え精神から支配を行おうとする錦織医師の策略は、己を罪であると認める彼らには効果が最初からなかったということ。
リピドー全開状態では、恐れを知らず危険なアダルトサイトへと突き進めるが如く、ミイナを目にしたロリコン3人組には錦織医師への恐怖心もない。
こりゃあっさり裏切っても仕方がない状態ですね!


また一方。捕虜になった大森さんと九重教師。
九重教師は錦織医師の策略を見抜いているだけあって、ハナから裏切る気満々。夜になったら何かを仕掛ける感じです。

ピラミッド最深部へ到達したアキラたち。ロリコン3名の内応に成功したミイナ(偽)。そして大森さんと九重教師。
ピラミッド編もいよいよ佳境に入ってきましたね!!!
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/497-467a0320

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。