ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】無敵カンガルー【94話】

年を跨いだので、ちょっとおさらい。
 1.怪しい塔を発見
   ↓
 2.塔周辺の探索も兼ね、新しい拠点を建設
   ↓
 3.完成間近で拠点陥落。獣たちのエサ小屋へと変貌


ということで、ティタニス(オウムみたいなダチョウ)、プロプレオプス(ステロイド中毒のカンガルー)、スミロドン(みんな大好きサーベルタイガー!)の三種の猛獣盛りを新拠点完成前祝いに味わうこととなったアキラたち。


幸い死者はでなかったものの、かの正剛さんをして「JCのパンチラでも喜べない」と言わしめたほどの危機敵状況でした。
まぁ、確かにあの状況でパンチラに釘つけになっていたら命はなかったでしょうね。

このままじゃ全員やられちまう・・!!

ってアキラが思うのも無理ないです。
そんな一コマで、各々がとった行動は十人十色。

ケースその1 トオルさん
小日本印刷専務の五十嵐さんとのコネを死守すべく、自ら盾となりティタニスと交戦。
そして、スミロドンとの連戦。
就職活動は命がけです。

ケースその2 双子
ティタニスと交戦。
姉が倒されれば、弟も倒される。運命共同体ってやつですね。

ケースその3 大森さん
ミイナ(偽)とミイナ(本物)を身を挺して守る。
自体沈静化後は、傷ついた鈴木くんの心配までする。まさに天使。

ケースその4 引目くん
プロプレオプスと交戦するも、地味に倒される。
けれど煙にやられて動物が去っていくと、なにもやっていないのに「やったぜ」と叫ぶ。
そして、地味に骨折気味。しばらくは戦力外になりそう。

ケースその5 エイケン
パンストのブリーフにみえてしかたがない。

ケースその6 正剛さん
後衛で怪我をしたJCの救助にあたる。
ほぼ無傷。運が良かったのではなく、戦わなかったから無傷。
次回どうするのか見物です。


ケースその7 アキラ
もはや十八番の煙責め。動物相手での効果は絶大ですが、その代償はあまりにも大きい。
諦めません勝つまでは。


拠点を燃やしたのはこれで二度目。(確率2/2)
上でも書きましたが、今回は死者こそいなかった(気がする)ものの、怪我人の数は過去最多の被害です。そして再び襲い来るプロプレオプスの群れ。
2人が3人になろうが焼け石に水のような気がしますが、どうやってこの危機を乗り切るのか。

次回は一気に話が動きそうな予感がします。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/458-1c33b350

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。