ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】自演乙【67話】

先読みの巫女、真美の予言通りに、強引ながら「血に染まったW」で死亡した後藤くんと加藤くん。

さすがに周囲のみんなも他人の死に慣れてきたみたいで、二人の死を悲しむ者はあんまりいませんね
みんな真美の予言に戦々恐々です。

さらに、追い打ちをかけるように、「真実グループで一番マトモそーな内村さん」(かなり失礼)が、真美の予言に従わなかった人たちの悲惨な末路を発表。

内村さんが話すと妙に説得力があり、まさか本当に予知能力がアリになってしまうのでは。
世界観の認識を改めないといけないかもしれない。

なんて思いかけてしまいましたが、例の二人組の登場で信憑性はやっぱり無かった方向へ


ニヤニヤ笑うその姿は、怪しさ満点です。



「赤い絨毯に横たわる制服姿の男女」

新しい予言も、ピンポイントでアキラグループを狙い撃ち。

大森さんもそういえば制服姿だったので、アキラグループで安全牌なのはトオルさんとレイさんくらい。
この二人は今回姿が見えなかったので、余裕で散策にでも出かけているのでしょうね。


それに比べて、中学生は大混乱。
久しぶりに鈴木くんペアの危機が到来!?


なんてことは、どうでもいいとして。

浮き足立った級友たちをよそに、我らが真理谷が後藤くんと加藤くんの死の謎を解明。


やっぱり人災のようですねー。

主犯格はあのケバイ女の人。
そして、共犯者の存在。(たぶんあの二人ですね。)


バックヤードでの真美と中山さんの会話から、今回の事件の裏側もばっちり判明。

「偶然」を「必然」に変えた、敏腕マネージャー中山さん。
真美が新らたに見た「偶然」の光景。

真美の予知を実現するために、中山さんが体を張って行動してくれるのか!?


今回の章は意外と早期解決しそうです。
エデンの檻」はサクサクテンポで進むことが一番の魅力ですね。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/378-1b8a5916

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。