ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】繰栖先生公認【64話】

ウマズラのジャンピングアタックによって、天国へと旅立ったかに思えた矢頼光一くん。

だけど、やっぱり矢頼。
雑魚キャラならば即死だったけれども、アバラ3本ヒビが入ったようだけども、割と元気そうです。

予想以上に大丈夫で、見てるこっちがびっくりしちゃいます。



まぁ、その後はなんだかんだと皆の協力もあって、無事にウマズラを撃退した矢頼グループ。
課題だった結束力も身に付けて、さらに矢頼が無敵化していった気がします。


まさか、爪を折っちゃうとは・・・。
壊れたはずのアバラも、気がついたら治ってるみたいだし・・・。

矢頼光一・・・恐ろしい子!



ということで、「矢頼光一編」は今回はここで一区切りのようです。

「登山編」が長かった分、このテンポの良さは非常に心地いいです。
やっぱりサクサク話が進んでいった方が、毎週読んでる感が強いですねー。


大グループを引き連れ、周囲からもリーダーとして認められつつあるアキラ。
その対として、ここで矢頼光一が立ち上がってきました。

次に二人が出会うとき、物語はどんな局面になっているのか、考えただけでもワクワクしてきます。

GWをまたいで失速なんてことはなさそうなので一安心です。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/361-36f0718f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。