ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ読切】アラタのツクモガミ【感想】

2号連続とびっきりの新人読切第2弾。
先週の第一弾目たる青戸成先生の「デビルクラッチは諸事情により簡略感想


今回の片山陽介先生の「アラタのツクモガミは、なんとなくですが、シャーマンキングを思い出す作りでした。
ツクモガミが主人公の新太に取り憑いたところがなんとなく、ですが。


人物画が新人さんらしく、拙いところが目立ってしまいましたが、人外のツクモガミの描き方はうまいとおもいました。
人よりもクリーチャーを描く方が好きなんでしょうねー。
気合の入れ方が全然違ってます。


話の展開は、かなり唐突だったりしたので、あんまりつていけず。。。
登場人物の外観は拙く、内面もお座なりだったりと、いまいち引き込まれる要素が弱かった気がします。


先週の「デビルクラッチ」といい、今回の読切は新人作家の実験場的意味合いが強そうです。

今回の読切二作品が連載に繋がるとは考え難いですが、青戸、片山両先生が次回作に期待したいところです。
画力や話の持って行き方はまだまだ改善の余地あり。
きっと今回以上の作品を見せてくれると信じています。
スポンサーサイト

| ジャンプ感想 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/348-263e7b11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。