ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ】詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。【新連載】

2010年新連載第二弾は、待ちに待った古館春一先生の「四ツ谷先輩の怪談」。
読切時からかなり印象に残っていた、数少ない作品の一つだけに、大期待です。
(読切時の感想はこちら→「【ジャンプ】詭弁学派、四ツ谷先生の怪談【読み切り】」

読切時は先生だった四ツ谷くんは、たぶん「保健室の死神」と被ってしまうから先輩になったんだと予測。
非日常の教師ものが同じ雑誌に二つもあるとクドイですしね。


内容の方は、教師から一生徒(かどうかは少し怪しいけど)になった分、ちょっぴり説得力という意味ではパワーダウンした感があり、少し残念。

中学二年生で、四ツ谷「先輩」っていうのは少し違和感がアリ・・・。
先輩と呼べるのは一年生だけ?
それとも卒業出来ていないだけだから関係なし?

舞台が高校なら、納得出来そうなこの設定も、中学校となると話は別。
今後なにかしら説明が出てきてくれることを期待しています。

四ツ谷先輩自身が怪談の一部っていうのもありですね。


読切時との設定の違いはこのくらいにしておいて、今回の新連載での感想ですが・・・。

相変わらず構成力がハンパない。

読切を踏襲した感のある内容でしたが、きっちりと「怪談」を創り、人間の弱さを炙り出す
恐怖によって生み出される人間の想像力を、見事に表現してくれていて、さすがとしかいいようがありません。

若干、乙一先生の「GOTH リストカット事件」を思い出しましたがね。



第一話は読切のように綺麗にまとまりました。
そして、第二話はさらに期待が持てそうです。

長期連載はネタ的にかなり苦しそうですが、今年の夏は詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。」でヒンヤリ過ごせることを楽しみにしています。
スポンサーサイト

| 新連載一話読み | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/335-7c1f0505

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。