ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【マガジン】A-BOUT!【新連載】

かつての週刊少年マガジンといえば、「スポ根」に「ヤンキー」。
近年は「萌え」系重視になったものの、最近は「我間乱」や「ティジンクン」に手を出したりして、硬派なノリを模索している・・・・・・気がしないことも無いです。


で、そんな週刊少年マガジンもヤンキー漫画が久々にかえってきました。
(ゼロセンは主人公が教師なので別と考えるとですが。)

今回が初連載らしい市川マサ先生。
なんだか井上雄彦先生が入っているっぽいけど、堅くて濃いめな絵柄で90年代を思い出させてくれます。

予想以上に上手い。

そして、予想以上に面白い。


主人公が馬鹿で無鉄砲なのは定番ながら、その定番をしっかり王道として押さえてきて、作品に安定感があります。
ただの解説メガネキャラと思わせておいた瀬下くんが、実はやり手だったっていうのも意外性があっていい。

やっぱり、実力が伴ってこそ、正確なデータを取ることができるってことなんですかねー。
顔芸も魅力的だし、現在一番好きなキャラです。


だけど、そんな瀬下くんも圧力で負けてしまいそうなのが、ライバルキャラっぽい砂原くん。
第一話は奇襲のキックが不発に終わったものの、なんかカッコよく場を仕切っちゃってくれるにくい奴です。
同じ一年生の主人公・朝桐真之輔をガキ呼ばわりするのはちょっと違和感ありますがw

朝桐のラストの妄想と、瀬下のツッコミも面白かったですし、第一話は普通に楽しめちゃいました。
今後も期待した作品ですねー。


こいつは思わぬ収穫でした。
スポンサーサイト

| 新連載一話読み | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/287-53a8e467

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。