ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ】SWOT【読みきり】

2006年に「」という衝撃の問題作でデビューを果たした杉田尚先生。

圧倒的な画力と、絶妙な台詞まわしで数々の漫画好きを虜にしながらも、「」の連載終了と共に、漫画家生命も終わったかに見えましたが、このたびジャンプ52号にて無事復帰されました。


色々良からぬ方向にて期待して読みましたが、意外や意外、かなりいい意味で裏切られてしまいました。


画力がすごく上がっている。。。
というか、かなり商業漫画っぽい絵柄に。(結構ブリーチっぽいです)


こいつはビックリです。


絵が上手いとなんだか内容も面白くなった気がするのが漫画の不思議。
イメージとのギャップが激しすぎて、不覚にも続きが読みたいと思ってしまいました。

まぁ、二回目を読み始めると、結構「」の面影とかが残ってて少し安心。
「ゴゴゴゴゴ」とか、あの太字の擬音を見ると胸がキュンとしちゃいます。


自称舎弟の鰯田くんの性格のウザさはなんとも言えませんが、ヒロインの蓮野ねねは日常シーンは結構かわいく思いました。不良である必要があったのかはちと分かりませんが。


主人公の学崎くんは東大に入ってNASAに務めるのが夢といいつつ、なぜか六法全書を脇に抱えるハンサムボーイ。
NASAって理系で、しかもアメリカなのに何故に六法全書?


あ、殴るためか。
硬くて重いもんね、六法全書。あれで殴られると痛いかも。。

なるほど。
うん、なるほど。
スポンサーサイト

| ジャンプ感想 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/285-b4e78395

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。