ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ49号【感想】

バクマン。
蒼木嬢のターン。
そして、シュージンがモテ期に突入。

見好のことは置いておいて、漫画家として蒼木嬢と手を結ぶことになったシュージン。
中学のときに喧嘩別れのような感じになって、疎遠となっていたものの蒼木嬢とつながりを持った岩瀬愛子。
彼女もまた、小説家として創作の道を志していているみたい。

近いうちにまた一波乱起きそうな予感です。


サイレン
徐々に形を成してきたW.I.S.E。
サイレン世界では凶悪な敵だった彼らも、現代で見てみると結構人間味がある連中のような気がしてきました。

これは、また未来に行ったときの話が楽しみです。
そして、未来での行動で、現代が変わっていくのが楽しみ。

楽しみが楽しみを呼ぶ、素敵なサイクルに入ってきました。


スケットダンス
ボッスンことサムライと、姫子のプリンのオフ会は想像通りのドタバタ劇。
姫子がわざわざ黒髪にしてきたあたりに、彼女の意気込みが伺えます。

やっぱりこの二人は相性ぴったりだね。


保健室の死神
かなりのHENTAI病魔が出現したかと思ってましたが、結局シンヤが一人で解決。
二つ名の返し刃は伊達じゃない。

妹尾龍黄は最後にまさかの転校。
また強烈な新キャラが増えましたねー。


賢い犬リリエンタール
こちらも解決。
そして加害者?は新キャラクタとして、新たな居候に。

なんだか日野家もかなりにぎやかになってまいりました。
しかし、今回も日野兄の影は薄かった。ていうか、登場さえない。。。

このままだと、どんどん埋没していきそうな悪寒。


AKABOSHI
24話にして打ち切り。。。
作画はかなり綺麗で、初登場のときはかなり期待していたのですが、残念です。

私見ですが、
1.登場人物の個性についていけなかった。
2.話の構成が唐突で、さらに構図が見づらかったため、何をしてるのかが分からなかった。
てな感じで、私同様、気がついたら読み飛ばしていたって言う人も結構いたのかな。
(私は気がついたら読んでました。でもついていけない感はアリ・・・)

水滸伝ってテーマは、封神演技っぽくて、結構いいネタだったと思うんですけどね。
如何せん、もう済んだことです。。。

とりあえず天野洋一先生お疲れさまでした。
次回作に期待しております。(次は原作付?)
スポンサーサイト

| ジャンプ感想 | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/270-305dda03

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。