ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ43号【感想】

今日から世間は5連休。俗に言うシルバーウィークですね。
名称が俗すぎる嫌いがありますが、間に敬老の日があることを踏まえて「シルバー」と考えるなら、なかなかいいネーミングであるとも思えます。が、敬老の日がどうのっていうくだりを聞かないので、あんまり関係ないのかな・・・。

連休なので、ジャンプは土曜日発売。
いつもよりインターバルが短く読めるのでちょっぴり得した気分です。

ぬらりひょんの孫
花開院の御曹司三人組は、「最強の」噛ませ犬。
予想通りな流れですが、羽衣狐様が大活躍なので私も大満足。

結局この三人とも、十三代目を超えたと自称していても、全くそれに及ぶような実力を持っていないようでした。
彼らが四百年前から花開院の陰陽道は進化してると言っていたことから

1.十三代目が別格過ぎた。
2.花開院の陰陽道は時代と共に徐々に廃れていった。

という二点がまず考えられます。
が、それにしても羽衣狐様は圧倒的なり。
今後の京都とリクオ東北組の抗争が楽しみです。


保健室の死神
鏑木シンヤちゃんが登場して、さらに飛躍。
こういう活動的な子がいるだけで、話にアクセントが聞いてくるので作品として幅が出てきますね。

校長先生は、ある意味物語最大の謎のような気がしますが、ハデス先生の謎のほうも少しずつ明らかになってきて、展開が速くて面白いです。

これは、今後も安定して読めそうな気がして期待満点。


バクマン。
いつしか港浦さんは、ダメ編集者の鏡に。。。
最初からそんな気がしてましたが、打ち切り後のここでそれを持ってくるとは流石です。

亜城木夢叶の次回作は、原点回帰の「この世は金と知恵」のような話になりそうですが、編集さんとの間に大バトルな予感。

港浦さんがどう出るのか楽しみですね。
それによって元アシの高浜さんの「BBケンイチ」の連載にも大きな影響がある?


めだかボックス
めだかちゃんの真骨頂その四はスーパー化。
なんだか色々とヤバイこととなっています。。。



サイレン
非現実から現実社会への回帰。
戻ってきたアゲハたちと、未来に残った朧や飛龍。

アゲハの姉ちゃんはいい感じ。
飛龍の父親はなんとも寂しい・・・。

前回の未来では、物語に大きな進展をもたらしました。
そんでもって今回の現代編。
なにも起こらないはずが無い。

それがまた、未来に影響を及ぼしていくかと思うと、最近の「サイレン」はどんどん面白くなっていきますねー。


スケットダンス
刑事部のウザさは本物。
というか、今回はいつも以上に字が多くて読むのが大変です。

そして内容は全くのナンセンス。
自称デカチョウの一長太郎は今後もチョイ役として活躍が期待・・・出来そうなのか。

なんだかとっても扱いづらそうな新キャラが登場しました。
スポンサーサイト

| ジャンプ感想 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/233-c22e63a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。