ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【天地人36話】史上最大の密約

今回も相変わらずのヤクザな徳川家康さん。
ほんと怖いです。これなら確かに天下を強奪できる器量と見ていて納得ガッテン。

一方の兼続と三成。
三成は謹慎で短髪坊さんヘアにイメチェン。

小栗旬の短髪姿を見るのはこれが初めて。
意外に似合っていてオドロキです。

「史上最大の密約」と今生のお別れシーンでは、これでもう顔を見ることができないと思うと、見ているこちらもとっても寂しくなってしまいます。
あんなに頑張っていても、負けちゃうのですものね。
関ヶ原敗戦後の三成の無念さを、小栗旬がどう演じるのか期待です。


それにしても、着々と豊臣縁故の大名陣の切り崩しを図る家康。
この前大河の主役をはっていた、前田家や山内家も、豊臣視点で見ることとなると、全くの別モノです。

かっこよく徳川に人質に行って、前田家の存続を図った松さん。
適切に時流を見抜いて、特に何もしてないけど功名を得た一豊さんに千代さん。

そんな彼らも、石田三成と言う豊臣忠臣の視点から見ると、それほど格好のいいものではなく感じられてしまうから不思議です。

やっぱり歴史って、視点の違いから感じられてくるものが全然違ってくるから面白いですね。
スポンサーサイト

| NHK大河ドラマ | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/222-411566c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。