ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【天地人27話】与六と与七

今回は、ずっと兼続の影に隠れ続けていた与七の物語。

「兄のおかげで鼻を高くしている時代は終った。」
この一言に、与七の苦悩と、生きる道が伝わってきます。

兄の斡旋で名家に婿入りするも、兄の影に隠れていたことが災いとなり、そこでも肩身の狭い思いをする。
しかし、その思いを解き放てる場がない。

つらいですね。。。

せっかく秀吉から官位を貰っても、上杉の方針にそぐわないと言われると・・・。
そりゃ、そうだろうけど、なかなか断れないですよね。

なんだかんだで、結局景勝と兼続も官位貰ってましたし。

過程を見ると、全く違いますが、結果は同じ。
哀れ、大国実頼。

そういえば、Wikipediaの知識によると、王子製紙の前会長の方は、大国家の子孫らしいです。
なんだか、現代になってようやく大国家は直江家を超える事ができた。って気がしますね。

よかったね、与七。
スポンサーサイト

| NHK大河ドラマ | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suttenporori.blog65.fc2.com/tb.php/164-d0da6643

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。