ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【マガジン1号】ラブプラス祭

ラブプラス』(Loveplus)は、2009年9月3日にコナミデジタルエンタテインメントからニンテンドーDS向けに発売された恋愛シミュレーションゲーム[1]。(ウィキペディアより抜粋)

私が初めて「ラブプラス」を知ったのは、ネットの某掲示板でした。
ちょうど酒を飲みながらネットしていたので、そのまま勢い任せてネット通販で購入・・・

・・・しようとしたのですが、当時あまりの反響ぶりに品切れで手に入りませんでした。

その後、酔いが覚めたら購買意欲もなくなり、ラブプラス関連のニュースを楽しみに見るも、プレイすることはありませんでした。いやぁ、あの時品切れで本当によかった。手を出していたら、何か大切なものを失いそうな魔力を秘めた危険な薫りのするゲームです。

怖い怖い。

で、その後熱海に行ったりして、来年2月に3DSで新作が発売されるみたいで、なぜか販促でマガジン誌上にてヒロイン3名の二次元グラビアが掲載されちゃいました。

浮世離れした感じの絵柄の美少女が微笑みかけるそのグラビア。
とてつもない破壊力です。(いろんな意味で)

巻頭グラビアのAKBのあの娘が、またしても公開処刑された気がします。


漫画の方も、A-BOUT人気投票で22位にランクインした瀬尾公治先生が、いつものノリで高嶺愛花をヒロインに読切を描いてくれました。週刊連載して月刊も連載してて、さらに読切まで仕上げるなんて瀬尾先生は働き者ですね。

「君がいる町」ヒロインの枝葉柚希がA-BOUTの人気キャラの第10位ですし、瀬尾先生は週マガに名前が入る漫画家ベスト10に入ってるかもですね!

スポンサーサイト

| マガジン感想 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。