ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】放火が重罪な理由【130話】

ロリコン三人組に一度は助けだされたものの、いきなりいなくなると怪しさ満点とういことで一旦牢屋に戻った九重教師と大森さん。

結果的に、ミイナ(偽)との交わした約束を違えることとなったロリコンたちは、一見残念そうに見えますが、きっと心の奥底ではミイナ(偽)からきつい折檻を受けるであろう未来に対し、激しい悦びを感じていることでしょう。

九重教師のほうも、ただ牢屋に戻ったわけではなく、銃弾から取り出した火薬(NH4NO3:硝酸アンモニウム)と、冷えピタ?から得た物質(トリニトロセルロース:{C6H7O2(ONO2)3}n)(ニトログリセリン:C3H5(ONO2)3)を使って、興味深い化学変化を起こす作戦みたいです。
まぁ、この組み合わせでいけば出来上がるのは・・・。


が、九重教師。
あれよあれよという間に大森さんと一緒に火あぶりの刑に。「任せてください」なんてかっこよく言い放っても、いざ火が迫ってくれば「あちち」しか喋らない無力っぷり。
なんかすごくカッコ悪いです。

火あぶりの残酷さを知ってなお、その残酷さを利用して人々に恐怖を与えようとする錦織医師。彼に火傷の治療だけはして欲しくないですね。。。
それにしても、なにより酷いのが大森さんのおっぱいは脂肪の塊だからよく燃えるって喜んでいるところです。おっぱいは火をつけるためにあるんじゃないのに、この魅力が分からないとは。この男は本当に頭がおかしいです。

結局錦織医師の統率力に為す術を失ったアキラたち。このままじゃ大森さんが焼け死んじゃう。
っていう本当のピンチの時にささっと登場し、ずばばっと解決してくれる真のヒーロ矢頼光一の出番ですね。
大森さん並に命の危険が差し迫っている繰栖先生を抱え、錦織医師をギャフンと言わせて治療をさせるはず。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】ロリコン三銃士【129話】

ピラミッド最下層にて黄金柏葉剣付ダイヤモンド騎士鉄十字勲章クラスの手柄を得たアキラ一行は、いざ地上へ帰還せん。

といっても、最下層には数十メートルはあろうダクトでおりてきたので、同じ経路で戻るのは至難の業。一体どうやって脱出するのだろうか。

なんて思っていましたが、普通にダクトを登ってしまいました。
マジ半端ねぇっす。

そしてそのまま10階分のケーブルまで登りきり、「さすがに疲れた」の一言で済ますとは・・・。
SASUKEに出たら完全制覇しちゃいそうですね。

だけど、いつもおちゃらけている鈴木が今週はかなり真面目だったあたり、精神的にも体力的にも限界だったのでしょうね。うん、きっとそうだ。もしこの次に反り立つ壁でもあろうものなら、そこで立ち止まったに違いない。

帰路で合流した真美さんやカイリは体力なさそうに見えましたが、どうやら私より体力ありそうでちょっとショック。

そういえば、カイリがこの施設をカルトっぽく批判したり、引き合いにエリア51を出したりしていて、オカルト通の設定があったことを思い出しました。
副会長は割りと現実主義的な感じがあるので、性格的には合わなさそうですが、不安を煽る言い方をするくせがあるのは、髪型宜しくよく似ていますね。


地上では大森さんと九重教師が、男の娘なミイナ(偽)に篭絡されたロリコンたちによって普通に救出されました。
自らをロリコンと名乗っていたときは、ただの捨石かと思っちゃいましたが、結構使える人材でしたね。

ここまで只者ではないオーラを出してきた九重教師は、果たして本物かロリコン以下か。
今時点で確定していることはグアムで盗みを働いたロリコン以下の犯罪者。

ピラミッド編クライマックスに向けテンポアップしてきたので、次回どうなるのか楽しみです。

| エデンの檻 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】タカトラバッタ【128話】

今週も相変わらずの地下研究施設での探索。

絶滅動物は化石などから採取した遺伝子情報を元に培養されたのではなく、様々な生物の遺伝子を掛け合わせて創りだした、レオポンもビックリの人工生命体であることが判明。

思ったよりずっと大変な研究をしていたのかも。


しかし、そんな超最先端な未来テクノロジーを研究していた施設が、バイオハザードに見舞われるとは、原因が事故なのか、それともそれを引き起こした人物がいるのか。

施設の状況を見るに、完全に放棄された感じですが、これほどの実験体が生息する島を、施設を建てた人間が野放しにしているわけもないでしょうし、何者かが黒幕として存在する線が強い気がしています。

ともあれ、アキラたちは錦織医師への手土産も持ち帰ることに成功したようですし、舞台は再び地上へ。
ピラミッド編もいよいよ佳境に入ってきました(よね?)

| エデンの檻 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】タネあかし【127話】

ピラミッドの地下深くでついに判明した真実。
とはいえ、薄々どころかバッチリ勘づいていた方がほとんどでしょう。

次なる謎は、この大掛かりな実験施設を誰が何の目的で作り出したのか。
そして、なぜここまで荒廃してしまったのかってことですね。

あと忘れてはならないのは、真理谷たちが待つランドマークにも隠された秘密があるということ。


今回で絶滅動物を産み出したのは人間であるということが確定し、物語にも一区切りついたかと思います。
さぁ、早く次が見てみたい。

| エデンの檻 | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。