ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】地下樹海のグルメ【121話】

ピラミッドの地下にあった不思議な樹木が生い茂る空間。
アキラはドスンと落ちて到達しましたが、みんながみんな同じように降りられる訳でもないので、副会長のアイデアで発電機の電気ケーブルを利用して下りることに。

だがしかし、ケーブルも下まで到達してはいないので、危険はまだまだ残っています。
ということで、先陣を切るのはやっぱり鈴木。

アキラのことを不死身扱いしていましたが、どう考えても鈴木のほうが不死身です。
ってことで、ケーブルからレールに乗り移ることを失敗して真っ逆さまに落ちることになっても無傷。
鈴木はギャグ漫画の人間なみにタフですね。

次いで下りるのは副会長。降り方がなんともえっちい。
そして副会長は仕草がいちいち可愛くて困る。未だ紐パンを見せることはありませんが、そのガードの固さがこれまたいい。
紐パン姿の副会長は、このピラミッド探索最後のご褒美であることを期待しています。


みんなが揃ったところで、地下樹海についてのブレインストーミングを開始。
そして地下樹海と絶滅動物は共にあり得るはずのないこと。という一つの結論に到達。
要するに、よく分かんないってことですね。

確かなことは、樹海の木の実は地上の木の実と同じということ。
この地下樹海なら天敵もいないし食べ物もあるしで、長期滞在しても安心ですね。(大森さんが危なくなっちゃいますが)
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。