ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】女の子がなんてはしたない【123話】

っていう格好でりおんがダストシュートから下へ下へ。
お母さんが見て卒倒なら、お父さんが見たら即身仏ですね。

実際かなり危ないことをやってるりおんですが、それを上からやりきれない思いで見守るアキラ。
じゃんけんに敗れた負け犬は、ただ祈るだけしかできません。ほんとにアキラとりおんはラブラブすぎて見ちゃいられないです。

りおんが心配すぎて周りに目が届かなくなってきているアキラをよそに、乙女の武器で単独行動を始める副会長さんは、ガラクタの中から、いろんな色の穴付ボールと棒を発見。
これを組み立てちゃうと、もしかしてDNAモデルとかができちゃうのでしょうか。ってことはやっぱり全てが人為的なものってこと?

ピラミッドの内部や謎解明の宝庫ですね。


ただ、りおんの後ろにいるお方のせいで、副会長の発見がみんなの元へと伝わるのはもうしばらく先になりそうです。
りおんはこの状況だと、確実に食べられちゃいますね・・・。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】常夜の楽園【122話】

地下樹海になるよく分かんない果物は、地上で食べたよく知る食べ物と同じ味。

アキラが食べたもの以外にも、形が似てたりするものが多数あり、さらには毒を持つ「赤い実」とその解毒用の「白い花」がセットで生る珍妙な植物まで登場。

これまで見た大掛かりな設備からも、どうやらこれは実験用に人為的に育てられたものの可能性が高そうですね。
植物でこんなことができるのだから、絶滅動物たちも人が創りだした生物である線が強まってきました。

地味なカイリが言い出した「エデンの園」という比喩はなかなか言い得て妙です。やるじゃんカイリ。
ちなみに「エデンの園」は、アダムとイブが楽園を追放される件が書かれたミルトンの「失楽園」が有名ですね。執筆当時、清教徒革命で政権闘争に敗れて意気消沈していたミルトンが、同じく神との戦いに敗れたルシファーに自身の思いを投影して、当時としては珍しく悪魔側に主観をおいた内容は、今読んでも新鮮で面白かったです。

それはさておき、そんな島の様々な生物が生い茂るこの地下樹海に、何か勘づいたご様子の副会長さん。「ありえないようなバカなこと」について考えているようですが、きっとありえちゃうのでしょう。

非常階段がお釈迦になっていたので、ダストシュートから更に下層部へと進もうとするアキラたち。
これ以上下へ進むと、地上へ戻ってこれないんじゃないかと不安になりますが、すでにこの地下樹海に来た時点で帰る手段がなくなっていたりするので、ここはひたすら奥へ突き進むのみ。
ボスキャラを倒せばその先にワープゾーンがあって地上へ戻ることができるのがRPGの常識ですからね。

一番槍を決めるじゃんけんに勝利したりおんが、ナイスアングルで地下へGOGO。
若干死亡フラグを撒き散らした気もしますが、りおんが死んじゃうはずないですよねー。

| エデンの檻 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】地下樹海のグルメ【121話】

ピラミッドの地下にあった不思議な樹木が生い茂る空間。
アキラはドスンと落ちて到達しましたが、みんながみんな同じように降りられる訳でもないので、副会長のアイデアで発電機の電気ケーブルを利用して下りることに。

だがしかし、ケーブルも下まで到達してはいないので、危険はまだまだ残っています。
ということで、先陣を切るのはやっぱり鈴木。

アキラのことを不死身扱いしていましたが、どう考えても鈴木のほうが不死身です。
ってことで、ケーブルからレールに乗り移ることを失敗して真っ逆さまに落ちることになっても無傷。
鈴木はギャグ漫画の人間なみにタフですね。

次いで下りるのは副会長。降り方がなんともえっちい。
そして副会長は仕草がいちいち可愛くて困る。未だ紐パンを見せることはありませんが、そのガードの固さがこれまたいい。
紐パン姿の副会長は、このピラミッド探索最後のご褒美であることを期待しています。


みんなが揃ったところで、地下樹海についてのブレインストーミングを開始。
そして地下樹海と絶滅動物は共にあり得るはずのないこと。という一つの結論に到達。
要するに、よく分かんないってことですね。

確かなことは、樹海の木の実は地上の木の実と同じということ。
この地下樹海なら天敵もいないし食べ物もあるしで、長期滞在しても安心ですね。(大森さんが危なくなっちゃいますが)

| エデンの檻 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】アウトな映画【120話】

今日も平和なレイさんは、エイケンからカメラを奪い借りたようで、映画撮影というなの暇つぶしに興じてるみたいです。
なんて平和なんでしょう。

その映画のタイトルは「美少女と魔獣の島」。
ヒロインは雪。自分のことを美少女って言い出さなくてちょっとホッとしました。なんだかんだ言いながらも自分が分かっていらっしゃる。

が、その映画の中身は、ただの盗撮動画。女子中学生のマッパに主題を置いた動画。
結局雪と宮内さん(かわいい)に消されちゃいましたが、これを公開した日にはきっとレイさんが社会的に消されることになったでしょうね。実写は児ポ法を適用されてもしかたないよね。

レイさんを中心に盛り上がる3人を羨ましげに見つめるロリコン正剛さんと、冷めた視線を送る五十嵐さんは、なんだかんだ言いながらも、真理谷のもとで真面目に働いている感じです。

ピラミッドの下を目指しす錦織医師と同じく、真理谷たちも塔の下に眠る何かを目指すのかとおもいきや、真理谷の狙いはその逆で塔の上部を調べることにあるらしい。

なるほど。その発想はなかったです。

久しぶりに真理谷のメガネがキリリと輝いてる。すごいや真理谷。
ピラミッドがクリアできれば、そのまま一気に謎が解明できそうな勢いです。


アキラはといえば、ピラミッド地下の階段が崩れたけれど、「我に策あり」ってどや顔で探検続行を宣言したから、どんな隠し通路を見つけたのかと思いましたが、こっちはエレベータを自力で下るという直球勝負な作戦だったようでちょっと肩透かし。でもその真っ直ぐさがアキラらしいといえばアキラらしい

そして、そのまま真っ逆さまに落ちてしまうのもアキラらしいミス。
気絶したアキラを見て、すぐさま「死んだ」とか言い出す鈴木の軽薄さも鈴木らしい。
っていうか、今回の鈴木のセリフがこれだけっていのも鈴木らしい。

結果オーライってな具合でアキラは更なる地下層へと降り立ったわけですが、そこでみたのは、今までに見たことがないジメッとした樹海の光景。

一体なんじゃこりゃ。

| エデンの檻 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。