ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】他力本願【119話】

ピラミッドの地下で真美さんを押し倒す、不埒なミイラが登場。
ミイラになっても、暗闇で女子高生に襲いかかるとは、生前に一体どんな悪事をしてきたのでしょうか。

まぁ、死んでるわけなので抵抗することなくアキラに取り押さえられ、身分証明書からカワセクニヒロという本名が判明。どうやら日本人のようですね。きっと生前は女子高生が好きだったんでしょう

アキラたちはまだ知らないですが、これでミイラの発見は二体目ということになります。
最初のミイラは、矢頼グループが灯台で発見したプリリと弾力性を持ったミイラ。今回見つけたカワセさんのミイラとの違いは大きく2つ。
一つ目は、見た目。灯台のミイラは上にも書きましたが、一般的なミイラではなく生っぽい弾力性を持ったミイラですが、今回のカワセさんは普通の干からびたミイラ。前者は何か特別な意味を持った感じでしたが、こっちは死体という枠に収まった感じです。

二つ目の違いは、国籍。灯台のミイラはジェニファー・ハックマンさんという米国女性(推定)ですが、今回は日本の男性の方です。どこかの地味な誰かが「日本の施設」といったように、島の秘密を日本のどこぞの大財閥が握っているみたいな推測をしてしまいますが、ジェニファーさんのことを考えると、ミスリードを誘っているような気もしないこともないかもしれない


ピラミッド最初の地下室で見つけたものは、結局このミイラと大型発電装置だけだったみたいです。
たぶん他に何かあったとしても、ライトがないと真っ暗闇でなにも見えないので、気付かなかったでしょうね。結構みんなライトを使わずに探索していたし・・・。

ということで、さらに地下へとGOGO。
階段が崩落しちゃったけど、アキラに考えがあるようなので危険とか関係なくGOGO。


一方、地上では錦織医師がアキラたちを切り捨て、次なる捨て駒を地下へと送り込む算段をしています。
自分一人が生き残るために自分以外はすべて切り捨てることができるなんて、錦織医師の非道さは素敵レベル。
絶対に関わりたくない人物の一人であることは間違いないです。

さらに一方、ランドマークに残った真理谷グループはアキラたちの無事と任務成功を信じて和気藹々と晩餐中。

錦織グループとアキラ・真理谷グループの落差はエンジェルフォールくらいありますね。

スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】空前絶後の自家発電ブーム【118話】

今週のエデンの檻

地下でタービン発電機を発見。
以上。




・・・・・・。

えーっと・・・。

どうやら、この謎の島に生息していた絶滅動物たちは、このピラミッド地下に眠る研究施設で培養されていたって線が濃厚っぽいですね。
で、ディアトリマの絵柄から推測するに、地下3階ではディアトリマが培養されていた。って感じでしょうか。

四菱重工製のタービン発電機があることや、海辺の塔にあったHDDなどからいっても、どうやら絶滅動物のいた時代へタイムスリップしたというよりも、絶滅動物を繁殖させていた島へ不時着してしまったみたいです。

今週は進展がなかったので推測ばっかりになっちゃいますが、一体いつになったら副会長の紐パンが拝めるのでしょうね
それを目にしたとき、きっと物語は大きく進展するはず。。。


ちなみに私の勤め先もこの前発電機を数台リースしました。とっても馬鹿高い。。。
早く原発問題などが解決して、気兼ねなく生活できる時代にもどってほしいですね。

| エデンの檻 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】意外とまともなマッドサイエンティスト【117話】

ピラミッドの下へ繋がること地下31階。そこに一体何が存在するのか。

オカルト好きなカイリの推理では、都市伝説に基づいた核シェルター。
東京では万が一に備えて戦前に作られたらしいですが、第二次大戦が開戦したのは1939年でマンハッタン計画の着手が1942年
都市伝説はやっぱり都市伝説ですね。

ということで、現実的な副会長の推理によると核実験の施設。
確かにそれっぽい気もしますが、それだと話が変な方向へ行っちゃいますね。

ともあれ、アキラたちは非常階段から下へ行って実際に確かめてみるみたいです。
今までは落盤の危険を伴った不安定な通路だったのに、非常階段からは結構しっかりした造り。

非常階段はアキラが初めて見つけたようなので、これまでこの地下空洞に錦織医師の命令で潜らされ、絶命していった方々はこのエレベータのところまで辿りつかなかったのかな。
そうだとすれば、アキラたちはすでに錦織医師の想定していた危険区域を難なく突破したことになります。

やはり死線を越えてきた経験値がそこらの大人たちとは段違いなのか。錦織医師の言いなりになっているおっちゃんたちとは凄みが違いますね。


しかし、このまま地下31階へと進むとなると、脱出も含めるとかなりの時間がかかりそうです。その間に錦織医師の中でアキラたちが死んだことにならないかが心配です。大森さんが人質になっていますしね。

まぁ大森さんも人質として数々の死線をくぐり抜けてきていらっしゃるので、ちょうど厚みのあるボロ布の上に腰掛け、今後のことを思案するほどの落ち着きっぷりです。

ボサボサの髪にメガネと口ヒゲっていう、この島では割とよく見かける外見的特徴から、一目で九重教師に気づいたのはファインプレーですね。性格もアキラの説明ではイカれたマッドサイエンティストって話でしたが、痛い目にあった影響か、すごくまともないい先生ですし、私はビックリしましたが大森さんは至って冷静。大森さんも確実に成長しています。

九重教師はかっこ良く「いつまでもこうしていられない」なんて言いましたが、50人にリンチにされた体じゃ戦力としては期待しないほうがよさそうです。
矢頼の存在もあることですし、九重教師は生徒を見守る器のおっきい先生ってポジションになるのかな。


| エデンの檻 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】社さんの人柄【116話】

見るからに体調の悪そうな繰栖先生を見て、思わずピラミッドの錦織医師の存在を口に出した社さん。

そんな話を持ち出せば、矢頼組は至極当然食いつくわけで、錦織医師のあくどさを説明する社さんを押し切ってピラミッドへ向かうことを決定。
そして、結局矢頼たちと共に再びピラミッドへ戻ることとなった社さんでした。

矢頼から道案内を頼まれたときには「冗談じゃない」なんて言っておきながら、次の瞬間には引き受けちゃう社さんはなんだんかんだでいい人ですね。
社さんが次にピラミッドへ着いたときには、きっと錦織医師との絡みも発生することでしょう。その時こそ社さんの真価が試されます。

で、まぁその二日前のアキラたち。時系列が行ったり来たりでちょっとタイムリープした気分。

あいかわらずピラミッドの奥底を探検中。
見つけたものは、無愛想キャラな常盤さんの敏感体質という財産。個人的には紐パン副会長よりもポイント高いです。どうやら常盤さんの潜在能力の高さは私の想像を上回ったみたいね。

そして想定外なのがもう一点。
それはピラミッドの深さ。

エレベータはあってもいいかと思います。が、地下31階って・・・。
地上31階の建物の高さは大体100mくらいなので、地下はその逆の100mの深さってことです。そんなに穴掘って一体なにやってるの?っていうのが率直な感想。

どうやら本当に「とんでもないもの」が隠されているようです。
が、地下31階まで一気に進むのはかなり時間がかかりそう。
エレベータは・・・さすがに使えないよね。

| エデンの檻 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。