ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】これが鈴木の長所です【111話】

「鈴木だって腕力はある方」 byアキラ

アキラによる、他のメンバーの評価。
「カイリはマニアックで物知り」 →かなり博学ってことですね。
「副会長は頭が良くて記憶力バツグン」 →上のカイリと合わせて真理谷の代理候補。
「常盤はかなり強い」 →武器を持たせば宮内さんにも匹敵する戦闘力の持ち主。
「りおんも運動神経はすごい」 →すごいんです。
「真美さんには不思議な力がある」 →チートキャラ
「大森さんは応急手当もできる」 →天使
「ミイナは度胸もあるし機転もきく」 →ある意味一番頼りになる。

そして、「鈴木だって腕力はある方」ときたもんだ。
一体なにと比較して鈴木は「腕力はある方」なのか。
このメンバーでいざ戦闘になった時、戦力として期待できるのはアキラと常盤さんと社のおっちゃんぐらい。そんな戦闘に向かないこのメンバーでいえば、確かに鈴木は「腕力はある方」に違いないです。

だが、それが果たして本当にそれを鈴木の長所といっていいのでしょうか。

鈴木にだって、もっと他に何か長所があるはずです。アキラや、正剛さんはそれで納得した感じですが、この鈴木に対する評価はあんまりではないかと私は思うわけですよ。

思い起こせば、鈴木が初めて表舞台へ登場したのは一つ目のベース周辺の探検のとき。(第41話)
当時の鈴木は、りおんを寝取ろうと裏でコソコソしていた嫌な奴でした。
その後、怪鳥アルゲンタビスに真っ先に襲われてそのままデッドエンド。かと思わせておいて、しれっと生き残り、気づけば現在、絶対に死なない男へと変貌を遂げました。

そんな毎回見せ場を作ってくれる鈴木の長所といえば・・・・・・、うん。
まぁ腕力はある方・・・・・・かな。セクハラも得意だね。うん。うん。

とりあえず、どうでもいいキャラの話は置いておいて。
真理谷の推測で、ピラミッドの内部には飛行機以外のモノがある可能性がでてきました。

大きな謎を秘めたピラミッド。
そこへ向かうことを許されなかった真理谷。最近出番がめっきり減ってしまったこともあるのか、その背中はいつも以上に小さく見えます。

ちょっと元気のない真理谷を気遣ってか、他のメンバーが残留組のリーダーに年の功からトオルさんや五十嵐さん(正剛さんは日頃の行いで誰も推さない)の名前を出す中、アキラは「一人だけの心当たり」として真理谷を推薦。

今まで裏方としてアキラを支えてきた真理谷のリーダーっぷり。どれほどのものか気になります。
物語の舞台がピラミッドへと移ろうとしていますが、少し真理谷率いる残留組の活躍も見てみたくなりました。

でも、やっぱり本筋のピラミッドの方も楽しみです。「変なヤツ」って誰なんでしょうね。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】選抜メンバー抽選会【110話】

悪魔的な医師が支配する地・ピラミッドへと向かう有志は、そんなにいないだろう。
そう思っていましたが、意外にも全員が挙手

一部吊られて手を挙げた人もいるようですが、この結果には誰もが驚きを隠せない感じですね。みんなピラミッドへ向かうよりも、待機する方に抵抗を感じてるなんてタフになりましたね。

希望者多数のため、ピラミッドへ向かうメンバーを選抜することとなった悩めるアキラに、最近なにかとアドバイスをしてくれる正剛さん。ロリコンで前科一犯とは思えないほどの的確なアドバイスは、彼が単なる坊主のコスプレをしているだけではないと思い知らされます。

これまでアキラの知恵袋といえば真理谷って感じでしたが、正剛さんも中学生である真理谷が知らないであろう大人の汚さを教えてくれる、重要な登場人物になってきましたね。

まぁ、「最高のメンバーを選べ」という彼の忠告を、アキラはクジ引きという対応をしたあたり、まだまだ影響力はそれほどでもない感じですが・・・。

そして、そのクジ引きによって選ばれたのは過去最高に「どうしよう?」って感じのメンバー。

主役ヒロインのアキラとりおんは置いておいて、爆弾持ちのミイナ(偽)と大森さん。実力未知数のスーツ社。不死身の鈴木に予見者真美。双子の片割れカイリ。前回活躍の常盤さんと、これまで背景に徹してきた副会長初瀬さん。

中堅どころを固めてきた布陣となっていますが、なんとも決定力に欠けた戦力のような気がしてなりません。。
このメンバーで、正剛さんがラスボスと評した相手に立ち向かうことが出来るのでしょうか。

いざとなったら規格外の彼が合流するかもしれませんが、当面は初瀬さんが前面に立って活躍してくれることを期待しています。

| エデンの檻 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】ファラオの職業【109話】

ピラミッドからやってきた二人組の語りで、そこを支配する恐ろしい男についてが明らかになりました。

主にスーツの方の社さんが説明してくれてましたが、もともとピラミッドグループにいたリーダー渡辺さんを褒めてみたり、彼を殺して絶対君主へと変貌したドクター錦織を軽蔑し袂を分かったりと、見た目はヤクザな社さんも、実はいい人だったんじゃないのかと錯覚するほどの見事な語りっぷりでした。

この人の本職は一体なんなのでしょうね。


それはさておき、上で既に書いちゃいましたが、ピラミッドを支配する男の正体は、錦織隆という大学病院に勤める外科医。
集団にいるただ一人の医者といえば古くはドクターコトーとか、最近だと仁とか、とにかく人の命を最優先に行動をする立派な人と連想しちゃいますが、この錦織って人は全く逆の思考みたいで、自らの医療の知識を盾に、人の命を支配するクズな野郎です。

最初から自分の正体を隠していたあたり、計画的犯行なのは確実なのでたちが悪い。
彼に見殺しにされた渡辺さん親子。社さんの弁では、良いリーダーみたいだった渡辺さんの仇を誰もとろうとはしないのは、それだけ今のピラミッドグループはこの錦織という男に依存しきっているということでしょうか。

満足な治療が期待できない無人島にて、いつまた原因不明の流行病が来るか分からない。
そうなった時に唯一生き残れるのは、医師である錦織に頼るしかない。
もし、渡辺さんの仇で錦織を殺せば、当然そういった不安を抱えている大多数の恨みを買い、今度は自分が殺される立場になるかもしれない。
だから、不満を抱えていた社さんや武藤さんは、ただただ逃げ出すしかなかったのかもしれないですね。


そんなややこしい人間関係渦巻くピラミッドグループに関わりたいと思う人間はそうはいないはず。だがしかし、やっぱり僕らのリーダーアキラくんは、有志を募り、ピラミッドへ向かうことを宣言。
さすが主人公だね。たぶん、有志はいつものメンバーになると思いますが、安定志向のトオルさんは当然欠席ですね!


| エデンの檻 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。