ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】カモネギ砦【93話】

前回のティタニスの不気味な登場からリアルタイムで2週間。

あの時の緊張感はもはやなく、エロ坊主の正剛さんのセクハラからスタートです。
あそこが日本だったら、またしても正剛さんは刑務所行きでしたね。
ある意味聖域へとたどり着いた正剛さんでした。

ちなみのその正剛さんですが、今回「新到」の単語から曹洞宗のお坊さんだったことが判明。
曹洞宗といえば禅。かつては武士階級にも嗜まれた由緒ある宗派ですが、この男の煩悩は禅では消しきれなかったようですね。

そういえば、大晦日のNHK「行く年来る年」の除夜の鐘で有名な永平寺も曹洞宗の本山だったりします。
意外と馴染み深い宗派なので、正剛さんが真面目に教えてくれたら結構面白い話が聞けそうですね。


そんな正剛さんが暮らすことになる塀に囲まれた施設も、いよいよ完成間近。
早く彼に臭い飯を食べさせてあげたい。

真理谷曰く「エサがないから動物も寄りつかない」らしく、かなり平和に作業が進んでる感じです。
発掘作業も順調で、新たに「手」を発見。
顔×手×翼=天使の理論で、怪しげな雰囲気がでてきました。
一体この地にどんな秘密があるのか・・・。

まったく分かんないです!


さらなる手がかりを求め、みんなの士気が高揚とするなかで、木陰でサボる三人組。
毎度おなじみ鈴木君とその他2名。

エイケンがグアムでとってきた秘蔵映像を、妄想力全開で堪能しちゃっています。
鈴木くんのモノは戦艦大和クラスなのですね。すごいですね。
完全に目がイッちゃっていて、一緒にお宝ビデオを楽しむ予定だった二人は当然の如く引いちゃったみたいです。せっかくのお楽しみが興醒めで可哀想ですね。

だが、そんな鈴木くんの為に合いの手を入れてくれる優しい人が一名いたようです。鈴木くんの妄想に対し、絶妙なタイミングでの「タスケテー」の言葉。

タスケテー

タスケテー

・・・鈴木くんはとっても気が短いので、二度目の合いの手はもう「しつこい」らしいです。。。
せっかく気を利かしたのにね。

そんな恩を仇で返すような、日本男児の風上にも置けない男は、もはや大和魂のかけらもなく、わずか数ページ後には自らが叱責した「タスケテー」を叫びながら敵前逃亡。

真理谷理論の「エサがなければ大丈夫」も、鈴木くんが撒き餌となり、多数の狩人を呼びこむ大惨事へと発展しちゃいました。

これまでも、幾重の危機を乗り越えてきましたが、今回はそれ以上の危機ですね。
特に、マッチョカンガルーことプロプレオプスの威圧感は半端ないです。

ステロイドやってるのかと思うような血管むき出しの腕。
殴られたら首から上が吹っ飛びそうです。

さらに第三の刺客の登場で、次回は年明け早々ショッキングな光景を目にしそうですね。

参考:格闘家として、カンガルーに戦いを挑むとしたら、どう攻める?(ヤフー知恵袋)
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。