ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】振り返れば奴がいない【82話】

多少の自爆はあったものの、毒煙攻撃で強敵ギガントピテクスも撃退。
今後の含みを残しつつ、一行は夜の森を脱出中です。

途中でみんなの記憶から忘れ去られていたかに思えた引目くんも無事回収
幼馴染みの桐野さんの引目くん解説で、彼の器の小ささ 家庭環境による歪んだ性格の元がわかり、逆にアキラが器の大きさを見せつけて問題解決。

極度の緊張感から開放された桐野さんにも心のゆとりがあるようだし、この二人は今後セットでなんとか上手くやってけそうな感じですね。


そして、そんなアキラたち一行を後ろから見つめるザジ。
なんか一人で悟りきってます


まぁ、それもそのはず。
死神の目を持つ少女・マミが予見したとおり、黄泉の国へ高速進行中ですから。

アキラグループの初期メンバーとして、うっかり八兵衛的重要ポジションを担ってきたザジ。
山編のミイナ(偽)よろしく、うまくフラグを回避するかと思っていましたが、どうやら今回は本当の死を迎えてしまいました。

背中には痛々しい傷跡。
足元にはおびただしい血の跡。

そのまま地面にばったり倒れてもよかったのでしょうが、ザジの選んだのは誰にも悟られない死に方。


アキラたちがザジの死を理解したのはしばらく後らしいですが、マミの予見があったことを踏まえると、崖の下の死体を発見したからなのかと思います。


はじめての主要人物の死ですが、それが今後の物語の展開にどう影響するのか。
ザジがいなくなってちょっぴり寂しいですが、逆に楽しみでもあります。

とりあえず
        雪
        ↓
りおん→ アキラ ←大森さん
        ↑
        真美

           この構図は、今後も継続しそうな感じです。



そして、気になる次の章への布石。
エイケングループの登場。

確認されたのは、カメコのエイケンとグアム帰りの僧侶。
一巻からエイケンとセット行動していたっぽい常盤さん。
そして、石動ミイナ(本物)。・・・と、謎の五十嵐さん。

一番気になるのは、突如現れたミイナ(本物)ですね。

確かにミイナ(偽)とは顔は同じ。
違いといえば、黒髪のツインテール。
なんともあざとい。
だが、それがいい。

すごい破壊力です。
なんだろう。次回が待ちきれないほどみなぎってきました。

スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。