ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】いろいろと謎発生【83話】

崖から飛び降りたザジの死体は、結局その下が急流だったために見つからず。
ほんとうにザジは死んだの?って思いは少し残ってますが、どっちにしろあの傷じゃあ助かりそうにもないですし、ほんとうに死んじゃったのでしょうね。

で、今回またしても的中させた真美の予知能力。
予見とはいっても、別に真美本人が見るであろう映像ではないようですね。
真理谷公認の設定になったので、今後も彼女の死の予見から、犠牲者がでちゃうのかな。

そのうち真美が虐められないか心配です。


各々ザジの死を乗り越え、特に真理谷に関してはこれまで頭脳派を貫いていましたが、行動力も兼ね備えた存在になりつつあり、今後の活躍が非常に楽しみです。

真理谷カッコいいよ、真理谷。


そして、気になるエイケングループの動きですが。

グアム帰りの坊主はやっぱり煩悩の塊
でしたね。。
いい歳こいたおっさんが、女子中学生のパンチラに大興奮。
しかも、それが元で前職(公務員)解任。

ちょっとシャレにならない危険な男のような気がしてきました。

黒ミイナ(本物)は、記憶が飛んじゃってるご様子。
ミイナ(偽)の件もあり、本物もひと癖ありそうです。


で、最後に出てきた謎の構築物。
これまで、舞台は絶滅動物が繁栄する無人島かと思っていましたが、この構築物の存在から人の匂いが漂ってきました。

過去か現代か未来か。
今だ謎に包まれた世界観が解き明かされそうな予感です。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン43号の感想

・エアギア
おにぎり強くなりすぎてない?
リカ姉の拷問椅子が実は洗脳椅子ってのは意外でしたが、これで洗脳が完了されるとタイムリミットから解放されて空のレガリア再生への時間稼ぎができるってことですかね。
すっぽんぽんが気になります。。


・GTO
軸がブレ過ぎですね。
すぐ終わるかと思っていた14日間。
まだまだまだまだ続きそうです。


・ブラッディマンデイ

充実した人生ですね。
どうしてこうなった。


・くろのロワイヤル
マガスペからの出張・・・みたい。
パンツじゃないから恥ずかしくないもん。ですね。


・波打際のむろみさん
こんな子いましたね。
拓朗の周囲にも徐々にむろみさんたちの存在が認知されてきましたが、これが今後作品に広がりをもたらしてくれることを期待してます。


・A-BOUT
センターカラーで一挙二話。
かなり頑張ってますが、せっかくのセンターカラーでほぼ白黒っていうのは・・・。
LSDも光峰の上級生の登場で抗争集結しそうな感じです。
樋口さんは美味しいところどりですね。
さすが大将。
LSDが片付いたあとの朝桐たちと二三年のやりとりが楽しみです。


・AKB49
見てて恥ずかしくなっちゃいますね。
岡部さんはすごく小さな嫌がらせだったけど、次回以降の嫌がらせはきっとエスカレートしていってくれるはず。
そして盛大な自爆をかましてくれることを期待してます。


・ベイビーステップ
大会前日にして、この充実っぷり。
ガリ勉だったエーちゃんの人生がこんなにも青春に満ち溢れるようになるとはテニスってすごい。


・ダイヤのエース
前回の雷市のファインプレーはまぐれだったのね。
見なおして損した気分。
薬師の打線が噛ませ犬になるとは思いたくないので、クリーンナップの活躍に期待。

| 雑記 | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】振り返れば奴がいない【82話】

多少の自爆はあったものの、毒煙攻撃で強敵ギガントピテクスも撃退。
今後の含みを残しつつ、一行は夜の森を脱出中です。

途中でみんなの記憶から忘れ去られていたかに思えた引目くんも無事回収
幼馴染みの桐野さんの引目くん解説で、彼の器の小ささ 家庭環境による歪んだ性格の元がわかり、逆にアキラが器の大きさを見せつけて問題解決。

極度の緊張感から開放された桐野さんにも心のゆとりがあるようだし、この二人は今後セットでなんとか上手くやってけそうな感じですね。


そして、そんなアキラたち一行を後ろから見つめるザジ。
なんか一人で悟りきってます


まぁ、それもそのはず。
死神の目を持つ少女・マミが予見したとおり、黄泉の国へ高速進行中ですから。

アキラグループの初期メンバーとして、うっかり八兵衛的重要ポジションを担ってきたザジ。
山編のミイナ(偽)よろしく、うまくフラグを回避するかと思っていましたが、どうやら今回は本当の死を迎えてしまいました。

背中には痛々しい傷跡。
足元にはおびただしい血の跡。

そのまま地面にばったり倒れてもよかったのでしょうが、ザジの選んだのは誰にも悟られない死に方。


アキラたちがザジの死を理解したのはしばらく後らしいですが、マミの予見があったことを踏まえると、崖の下の死体を発見したからなのかと思います。


はじめての主要人物の死ですが、それが今後の物語の展開にどう影響するのか。
ザジがいなくなってちょっぴり寂しいですが、逆に楽しみでもあります。

とりあえず
        雪
        ↓
りおん→ アキラ ←大森さん
        ↑
        真美

           この構図は、今後も継続しそうな感じです。



そして、気になる次の章への布石。
エイケングループの登場。

確認されたのは、カメコのエイケンとグアム帰りの僧侶。
一巻からエイケンとセット行動していたっぽい常盤さん。
そして、石動ミイナ(本物)。・・・と、謎の五十嵐さん。

一番気になるのは、突如現れたミイナ(本物)ですね。

確かにミイナ(偽)とは顔は同じ。
違いといえば、黒髪のツインテール。
なんともあざとい。
だが、それがいい。

すごい破壊力です。
なんだろう。次回が待ちきれないほどみなぎってきました。

| エデンの檻 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ新連載】ライトウィング

この間サッカー漫画が打ち切りになったと思っていたら、またしてもサッカー漫画が新連載。

ジャンプには新たに「サッカー漫画枠」が作られたのでしょうか???


この前やってた「少年疾駆」は、比較的常識的な内容(だった気がする)でしたが、今回の「ライトウィング」は完全に超人サッカー漫画ですね。

読切としてならば、この展開にも付いて行けると思いますが、毎週となると正直読むのが少し疲れちゃいそう。。
第一話のラストはビシッと決まってますが、このテンションがどこまで続くのか・・・。


今年はどうも新連載の枠が少ない気がしますし、パッとしたものもない。
「バクマン。」の世界とのギャップが広がる一方ですね。

| 新連載一話読み | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン42号の感想

・我間乱
海原藩って意外にも大きかったのね。
黒鉄陣介が海原藩を手に入れるために直喜さんが必要ってことは、直喜さんが擁立されちゃうパターン?
鷲津家のいらない子だった直喜さんにどんどん光が集まってきます。


・ダイヤのエース
青道と薬師の試合が始まりましたが、薬師のエース真田くんは温存。
ちょっと拍子抜けな感じですが、これは逆に点の取り合いになりそうなフラグかな。
薬師先発の三島優太くんは残念ながら噛ませ犬なりー。


・A-BOUT
カッチョいい登場をした降井くんも、最初はいじめられっ子でしたー。
おとなしいヤツほど切れると怖い。
徳武くんの人生はまだまだこれからです。


・エアギア

久しぶり過ぎたけど、カラーでこれまでのおさらいをしてくれたので内容バッチリ。
今週もノリだけで話が進んでいってます!
これからは流石に作者取材も減っていくよねー。


・悪の華
別マガからの出張営業一発目。
読んだ感じ、ドMな少年とドSな少女の交流を描いた漫画みたいです。
別マガHPのためし読み(→リンク)も読んでみましたが、大体今回の読切みたいな感じでした。
M男さんはこういうのどうなんでしょうねー。
私にはかなり高尚すぎました。


・ネコあね。
別マガからの出張営業二発目。
ナンセンスな漫画です。
ネコの擬人化といえば鳴子ハナハル先生の「ネネ」ですが、連載再開は一生しないんでしょうねー。


・AKB49
AKBとか無視した普通の女装男子のラブコメとして見たら割と楽しめてきました。
だけど、実際のメンバーっぽい人が出ると、すごく気持ち悪くなってくる不思議。
実際のAKBからどれだけ切り離せるかがこの漫画を楽しむミソですねー。


・あひるの空
緊張することよくあるよくある。


・ベイビーステップ
ちょっとは緊張しましょうよ。


・ブラックアウト
二転三転してここに着地。
しかーし、まだまだ転がりそうな感じです。


・波打際のむろみさん
ガラパゴスバットフィッシュの画像検索結果 (←リンクです。)
そのまんまでしたー。
キモカワですね、キモカワ。


・ブラッディマンデイ
ヤンデレですね、ヤンデレ。
ふつうならドン引きしちゃいますが、藤丸さんもネジがぶっ飛んちゃってます。

| マガジン感想 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】火付けの真理谷【81話】

子供とはいえ、ギガントピテクス相手に勝ち目のない戦いを挑んだアキラ。
絶体絶命の中で出てきた「黒い霧」は、キョウチクトウを燃やしたときに発生する毒の煙でした。

キョウチクトウは江戸時代に日本に伝来してきて、現在では広島市や鹿児島市などの市の花として親しまれるほど、日本にも馴染みのある植物らしいです。(ソースはウィキペディア

ちなみに食べると中毒症状も現れるらしく、見かけても燃やしたり食べたりしないようにしましょう


脱線したけど本編の方に戻ります。

大森さんと一緒にいた剣道部の桐野さんは、やっぱり引目くんと関わりが強いみたいで、彼女を守るために引目くんは、人知れずギガントピテクスの囮に。。。

入れ替わりでやってきたりおん一行により、アキラたち3名は無事救出。
どさくさにまぎれてアキラが大森さんのおしりを鷲掴みしたことはりおんには内緒です。


まぁとにかく、りおんたちが間に合ってひと安心。
危険を冒して助けに来た成果がありましたね。


で、残すは真理谷たち決死隊の救出のみ。

ギガントピテクスを倒すために、肉を切らせて骨を断つ戦い方で毒煙をまき散らした真理谷。
当然ながら真理谷も放火は初めてだったみたいで、火のまわりまで計算できず、そのまま毒煙を吸い込むミステイク。

肉どころか、肺までダメージ受けてます。
だめじゃん真理谷・・・。


ということで、動けない三人組を抱えて火の森を脱出することになったアキラ。
まさに火事場の馬鹿力。

無事に帰れると宮内さんからご褒美のキスが待っているので、なおさら頑張れちゃいますね。


最終的には途中で力尽きちゃいましたが、またしてもみんなが危険を冒して助けに来てくれちゃいました。
みんながいるからできること。ですね。



ザジの死亡フラグはまだまだ完全回避とはいいきれない状況。
そして、消えた引目くんの行方。

ギガントピテクス編はそろそろ終わりですが、まだまだ油断大敵です。


ついでに、今回も真っ先に女の子(宮内さん)の救出を行ったトオルさん。
ばっちり肩なんか貸しちゃってますが、あとからレイさんのきついお仕置きがないか心配です。

| エデンの檻 | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ41号感想@2010

・バクマン。
アニメ化までの道のりは遠そうです。
っていうか、かなり粘ってきますね。
最近絶好調のシュージンにも、いつかは落とし穴に嵌りそうな気がしますし、連載は軌道に乗ったとはいえ予断を許さない感じです。


・トリコ
この流れでトリコが一人でグルメ界に行く。
つまりヤラれに行くってことですね。
先に壁に当たったサニーといい、実はグルメ四天王って大したこと無かったんじゃ・・・ていうインフレ。。


・保健室の死神
気がつけば一周年突破。おめでとうございます。
最近は登場人物だけで話が転がせるようになってきているので安心して読めます。
しかしながら、今週の三途川先生にはド肝を抜かれちゃいました。
人気投票は安田くんの躍進に期待しちゃいます。


・べるぜバブ
バレーボールからの新章開幕。
いよいよ本格的にバトル路線に突入しそうな感じですね。
烈怒帝瑠のお嬢たちの出番が減らないか心配です。。


・スケットダンス
生徒会のメンツがどんどんややこしくなってきている。。
忍者の目的は一体なんなのでしょうかね。
その直後に「めだかボックス」があると、生徒会ものが二つ続く感じでややこしいですね。


・めだかボックス
ということで、こちらも話のキーが生徒会・庶務になっちゃってます。
庶務がこれだけ注目されるなんて、一生に一度あるかないかです。
本編は修行するかと思わせておいて、いきなり決戦に入りそう。
展開早いです。


・逢魔ヶ時動物園
シャチさん渋いです。
なんか古きよきヒットマンって感じがとても好き。


・メルヘン王子グリム
まさかこの作品をもう一度良く事があろうとは・・・。
このどうでもいいくだらなさは少し癖になりそうです。
まぁ、連載になると胃もたれしちゃいそうですが。


・SWOT
この感じ・・・。間違いなさそうです。
連載当初はかなり期待してしまったのですが、やっぱり杉田先生は杉田先生でしたね。


・メタリカメタルカ
あっぱれ過ぎる打ち切り展開ですね。
まんますぎてちょっと笑っちゃいました。

| ジャンプ感想 | 22:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ新連載】エニグマ

金未来杯も終わったところで、ようやく新連載のターン。

2010年秋の新連載第一弾は、榊健滋先生の「エニグマ

読切とかなかったので今回初見の作品です。
とりあえず最初に読んだ感想ですが・・・、えすのサカエ先生の「未来日記」っぽい???

主人公・灰葉スミオの特殊能力の「夢日記」。
すなわち予知夢。別名「未来日記」・・・。


メーデー。


物語は第一話で、特殊能力を持つとされる7人の少年少女を閉鎖空間に押しこめ、そこからの脱出劇が始まろうとしています。
それぞれの人物の持つ「ユニークな才能」とは一体どんなモノなのか。
そして、ヒロイン・しげるの隠されているっぽい秘密はなんなのか。

一話目からガンガン盛り上げていってる感じです。

作品の持つ既視感とかは置いておいて、今後の展開に期待したいところです。


それにしても、この作品を読んだ最大の違和感といえば高校生の息子を持つ№1キャバ嬢のお母さん。
30代のキャバ嬢・・・。
なんか厭だ。

| 新連載一話読み | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン41号の感想

・ヤンキー君とメガネちゃん
突然の特別合宿編ですが、推薦入学が決まってる花も参加とは、なかなか勉強熱心なことで。
今回新登場の西の秀才・神戸太陽くんのモットーは一日12時間の勉強。
よい子も真似できないですね。


・ダイヤのエース

控え投手の二名が表舞台に登場。
金田くんと川島くん。
気持ち程度の存在ですね。


・我間乱
あれだけ盛り上げておいて、海原大仕合が終了ですと???
伊織が登場してインフレが加速してきたと思ってましたが、一旦リセットですかね。
ちなみに黒鉄陣介は、最初に名前が出てきたときはおっさんかと思ってましたが、いろいろと若いですね。


・はじめの一歩
ほんと、ありえない・・・っ!!


・さよなら絶望先生
機会損失ばかりの人生です。


・あひるの空
つるつるの蒲地くんにはまだ慣れません。
今週もぱっと見だれか分かんなかったです。。。


・ベイビーステップ
タクマの登場は久しぶりですね。
プロでも期待されているようでなによりです。
そんなタクマに、丸尾も着実に追いついてきているようでなによりです。


・A-BOUT
ファミレスのテーブルで
 男男男男
 テーブル
  男男

っていうのは、ちょっとバランスおかしいよね。
っていうより、それでも広々と座れちゃうこのファミレスはかなり広いんだね。


・波打際のむろみさん
現在ピスタチオが空前のマイブーム中です。


・ヤンキー君とメガネちゃん
今週は二話掲載なのね。
神戸くんの勉強法は、すごく普通でした。
でも、12時間勉強できる方法は教えてほしいですね。

| マガジン感想 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】黒い霧事件【80話】

早いもので「エデンの檻」も80話に到達です。
連載当初はこんなに続くとは思ってもいませんでしたが、いまは違います。

このまま100話まで一気に突っ走っていただきたいですねー。


ということで、先週から突っ走り続けている真理谷とザジ。
かなりの距離を走っているかに思えましたが、宮内に難なく先回りをされていました。

これは、宮内さんの恐るべき身体能力がなせる業ってことでしょうか。。

でも、そんな女子中学生離れしているかに見える宮内さんも、崖下りの際に転んで怪我したり、トンボ(メガネウラ)に怯えきったりと、きっちり弱点はあります。

まぁ、これはこれで中々の破壊力ですがねー。


で、そうこうしている内に真理谷が突破口を発見。
かるーくザジの死亡フラグが残った感じですが、ギガントピテクス編も解決間近です。


先週引目くんの会心の一撃を受けて、行動不能に陥ったかに見えたアキラの方も、当初のインパクトほどのダメージを受けてはいないみたいで元気そうです。

カッコつけてるように見える引目くんも、なかなかのピエロですね。

大森さんと一緒にいた女の子は、剣道部の桐野さんという娘らしいですが、引目くんも剣道部。
なにか因縁がありそうな予感。

引目くんにはまだ隠された裏がありそうですし、彼の出番はもう少し続きそうです。


てな具合に、絶望的な状況にみえたギガントピテクス編も、残りは真理谷の作戦の成功を待つのみ。
りおんたち別働隊の出番はなさそうですが、真理谷がいれば大丈夫ってことが再確認出来ましたとさ。


おしまい。

| 雑記 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ40号感想@2010

・べるぜバブ
アニメ化決定みたいですね。
連載一年ちょっとでのアニメ化は、最近では当たり前っぽいですが、やっぱりまだ早いような気がしてやまないです。

おそらくアニメは見ないですが、安定軌道に入る「べるぜバブ」の今後の思い切った展開があることを期待してます。

ちなみに今週は、やっぱり帝毛は噛ませ犬でしたね。
分かっちゃいたけど、案の定の展開に少々戸惑いましたが、あっさり次のお話に繋がりそうなので期待。
そろそろ魔界の人がやってきそうですね。


・トリコ
GTロボはグルメ界に生息する生物をモチーフにしたっぽい感じです。
さらなるインフレが起こりそうですが、四天王以外の人たちは着いていけるのでしょうか。


・バクマン。
エイジに勝ったというより、「+NATURAL」が息切れしたところに上手く落とし込んだ感じの勝利です。
でもまぁ、相変わらずジャンプのトップは誰も取れていないまま。

劇中作がトップになるのはそれはそれで興醒めな感ですが、姿の見えない看板漫画もどうかと思います。
「バクマン。」ワールドでは、福田組+αによって上位陣が形成されているようですが、あれだけ評価の高いエイジの「CROW」も真の看板ではないというのは、どれだけ投票1位はすごいのでしょうね。


・PSYREN
ちょーおもしろかった。の記事をぱっと見たときは、いったいなにが起こったのかと思いましたが、小説版「サイレン」が出てたんですね。驚きました。

本編の方は、過去と未来が交錯してクライマックスへ一直線って感じで毎週楽しみです。
ここにきての祭先生たちの登場と第一星将グラナとの戦いは非常に熱い。


・めだかボックス
球磨川禊は相変わらずの気持ち悪さですが、マニフェストの「衣服着用の厳罰化」には少し心ときめくものがありました。
脳味噌終わってますね。。。


・銀魂
将軍さまが登場する回は、期待せずにはおられない。
そして、その期待は裏切られることはない。


・保健室の死神
おバカな路線に入っちゃいましたが、これがドンピシャな「保健室の死神」。
相変わらずのおバカっぷりですが、読んでいて楽しいです。

あと、最近の病魔は憎めないヤツが多いです。


・逢魔ヶ時動物園
毎週楽しみに読んでいたつもりが、気がついたらヤバイ位置。
バトル路線に転向しそうですが、息を吹き返せるのか心配です。

でも、動物園より水族館の方が私は好きなのです。
動物園の夏場は暑いし匂いがちょっとねー。。。


・SWOT
二話くらいまで楽しんでいましたが、気づいたら読んでなくレッドゾーンに入ってました。。。
杉田尚先生はやっぱりこうじゃないとね?


・メタリカメタルカ
この歯がゆさはなんだろうね。


・少年疾駆
ジャンプじゃ普通の地味なスポーツ漫画はもうダメなのでしょうか。
というか、最近また即刻打ち切りな漫画が増えてきましたね。。。


とりあえず、次号からの新連載に期待しておきます。

| ジャンプ感想 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】引け目を感じない【79話】

ギガントピテクス4体に囲まれ、窮地に立たされたザジを救うため、がむしゃらに崖を下った真理谷。

頭がいいギガントピテクスも、真理谷にかかればただのお猿さん。
ってことで、腕っぷしでは敵わなくても、機転を利かしてひとまず窮地脱出です。

そんでもって、仲直りしたザジと一緒にギガントピテクスを分析開始。

一人じゃ煮詰まりがちな問題も、二人で相談すると意外とすんなり解決することってよくありますが、今回はまさにそれ
あっという間に、ギガントピテクスに対する突破口が開けそうな予感です。


が、その前にわかった衝撃的な事実。

それは、アキラたち以前にギガントピテクスと対峙した者がいて、うまく切り抜けた可能性が高いということ。

ギガントピテクスに出会った人といえば、現在大森さんと一緒に死の鬼ごっこを行っている女子中学生がいます。
彼女は、友達がすで殺られており彼女自身も捕虜の身の上なので、ギガントピテクスを出し抜いた人物と一緒にいたとは考えにくいところです

じゃあ、その出し抜いた人物って誰なのさ?って疑問も出てきます。
矢頼光一?有田幸平?はたまたカメコのエーケン?それとも未登場人物なのか、気になるところ。

アキラグループ腕っぷし№1の宮内さんも援軍で駆けつけるようですし、真理谷の勝利は近そうです


で、もうひとつの救援隊であるアキラと引目くんの二人はというと。
割とあっさり大森さんを発見。

暗い中でも大森さんを見つけられるアキラのいい目を持っています。

不穏な動きを地味に見せていた引目くんも今のところ協力的ですし、これはすぐに解決しちゃいそう。


と、思ったその瞬間に引目くんの渾身の一撃がアキラを脳天唐竹割り。

ここ一番でやってくれましたよ、引目くんが・・・。
あと少しで大森さんを助けだせそうだったのに、すごく要らない仕事をしてくれました。


見た感じだと、アキラは朝まで気絶してそうな勢い。
りおんたちは少し頼りない気がしますが、間に合うことができるのでしょうかね。

| 雑記 | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。