ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】Welcome to my religion【66話】

合併号と休載のコンボにより、すっかり久しぶりな感じの「エデンの檻」です。

久しぶり過ぎて、一体どこまで話が展開していたのか忘れていた私のために、3行で思い出喚起!

新しいグループに遭遇。
予知能力者の女子高生がリーダー。
とりあえずカワイイ。




ということで、すっかり記憶も取り戻したところで今週の感想いってみよー。


真実の新たな神託(これじゃ預言になっちゃいますね)は、「血に染まったW」

W・・・。
これは、和田くんがピンチ!

かと、ヒヤリハット。

ところがどっこい、アキラグループには和田くんはおろか、渡辺さんも鷲巣様さまもウォンビンもいないことが発覚。
真実グループにもWがつく人はいなかったので、予言はハズレてしまったのかと場がシラケモード。

話がここで終わっちゃうのかと少し心配しましたが、そこを繋いだのは迷信大好き雪ちゃん。
大森さんを洗脳し、「名前」以外の可能性も示唆しながら、一同を再び予言の虜にしちゃいました。

意外と雪は宗教を啓くセンスがありそうです。
そして、大森さんは騙されるセンス抜群です。


だが、ここで宗教によってガチで不幸な目にあった後藤くんが爆発。

さすがの雪と大森さんも、これには閉口です。
やっぱり経験者の言葉の重みは違いますね。

 人類史上最大のトリック。
  それは、人々に神がいると信じさせたこと。

                        (森博嗣『笑わない数学者』より)

森博嗣先生はうまいこといいましたねー。
宗教はTPOをわきまえて使いこなさないとね。


話は戻って、真実のフトモモ。
じゃなくて、フトモモを見つめる真実グループの怪しい二人。

あのフトモモをつい見ちゃう気持ちは分かりますが、ああまで意味ありげに見つめられちゃうと、腹に一物アリと考えちゃいますね。

そして、そこに来て反真実派の急先鋒となった後藤くんと加藤くんの死。

二人の遺体は偶然にも「W」の文字に(がんばれば見えないこともない)。

茂みから無表情で見つめる真実。


殺人事件のような気がしますが、パニックに陥ったアキラグループの面々は集団心理からか、真実の能力を信じる者も出てきました。

これにより、真実信者が急増の予感。

グループ分裂の危機が来るかも・・・。


でも、私は真実のフトモモに魅せられたあの二人が怪しいと思うんだな。
たとえ、あからさまな釣りだとしていても。。。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。