ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「アバター」から始める3Dシネマ

お正月といえば映画。
という、ありふれた既成概念に則って2010年最初の映画を見に行ってきました。

2010年最初。
とは大げさに書きましたが、見に行ったのは昨年末に公開された作品なんですけどね。

その名も「アバター」

「3D映画」時代の幕開けを代表する作品といわれている本作。
前々からすごく見たかったのですが、本日ようやく念願成就。

お正月ということだけあって、普段だと割と空いているシネコン映画館も大混雑。
「アバター」だけでなく、様々な作品で行列が出来ていました。
だけど、「アバター」が一番多かった気がしています。

やっぱり、「3D映画」の魅力は凄まじい。
行列に並んでいる時からドキドキしっぱなし。
こんなにも楽しみな映画は「劇場版マクロスF」以来。・・・って、割と最近ですね。


初めての3D映画。
3Dメガネは、家ではメガネな私にはあんまり違和感なく装着できました。
思ったよりも付け心地がよかって驚きです。

実際の映像を見てみると、流石にここは慣れが必要
はじめの十数分は、その独特の映像についていけず3D酔いをしてしまいました。。。

だけども、一旦慣れてしまうと圧倒的な映像に心酔。
3Dっていうから、もっとババンと映像が飛び出してくるのかと思っていましたが、実態はその逆で、奥行き重視の立体感のある映像でした。

個人的に特にすごいと思ったのはSFメカ類。
普段は絶対に目にすることのできない、画像だけでしか認識することのできなかったものが、3Dで描かれることにより明確にイメージを捉えることができました。
自分でも言いたいことが伝えきれていない感がしていますが、これだけは絶対に見ないと分からない感動です。

空中にブワーッと浮き出すディスプレイなどは、リアルに存在するとああなるのか、人型ロボットはああいった動きをするのか。
など、これまでの自分の認識を覆してくれました。
3Dは本当にすごい。


映画の内容自体は、決められた結末に向けて進んでいく王道なもので、特筆すべきものはなかったです。
だけど、王道らしく掘り下げれば掘り下げるほど深みがある内容でもありました。
ただ一見だけだと、3Dの映像に気をとられすぎてそこまで考えることが私にはできなかったです。
もう一度見るべきか・・・、だけど3D映画はただでさえ高い料金が、さらに割増なのがネックですね。。。
映画の料金ももうちょっと下げてくれると見に行きやすいんですが、なんとかならないものか。


ちなみに、映画の上映時間は約3時間。
内容的にはもっと短くまとめることもできたでしょうが、「3D映像」を堪能することが本作の命題と思ってるんで不満はなし。肩が凝っちゃいましたけどね。
スポンサーサイト

| 雑記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。