ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

CR-Z本

CR-Z本表紙
CR-Z初のムック本「HONDA CR-Z」(CARTOP)が発売されましたので、早速買ってきました。

特に新しい情報などはありませんでしたが、既存の情報をより掘り下げて見せてくれたり、開発設計者の方々とのインタビューがあったりと、契約して一ヶ月、納車はさらに一ヶ月以上先の私のモチベーションをあげるのには十分な出来栄えです

一冊1200円はちょっぴり高かったけれどね。。。


ほぼデトロイトモーターショーでのお披露目姿を軸として構成されていたので、後列シートがどうなるのかはイマイチわかりませんでしたが、各種装備をじっくり解説してくれていて、ディーラーさんから見せてもらってた資料とはまた違った角度で「CR-Z」を知ることができました

読んでいてどんどんワクワクしてきます。

後半部分は「CR-X」や「初代インサイト」など、「CR-Z」に縁のあるホンダ車の説明。
とりあえずその辺はまた時間がある時に読もうと思います。


本文で一番気になったのは、開発責任者の友部さんが「人によっては、パワーが足りないとか、0→100km/hが遅いと言うかもしれませんが、それはマイナーチェンジでドンっとやってやろうと思ってます。」って言ってたことですね。

タイプRが数年後に登場。ってことも有り得そうな発言でしたが、私には関係ない。

なぜなら、私は今「CR-Z」が欲しいから。
マイナーチェンジまで待てません!
納車が待ち遠しいです。
スポンサーサイト

| CR-Z | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】そこに山があるから【53話】

先週の目次コメントでカブトムシが復活したことを明らかにした山田恵庸先生
今週のコメントで今度は苺が瀕死の状態になったことを明らかに。

なんだか色々育ててますね。



今週のエデンの檻は、ダニ退治から始まりました。

前回は自信満々に打開策を閃いたアキラだったけれども、その作戦はベース放棄&焼却処分
ありきたりな発想ですけれども、思い切りの良さはやっぱり大したものですね。

さすがの会長もびっくりです。


ベースの焼き払いには、スーパーサブこと鈴木くんペアもさり気なく参加。
なんだかんだ文句いいそうですけれども、こういう重要そうなイベントはきっちりポジションを押さえていくニクい男です。

そんな鈴木くんは、どうやら同級生の女子に「鼻のデカイ男はアソコもデカイ」と言いふらす、中学生にあるまじきセクハラ行為を行っていた模様です。
しかし、そんな鈴木くんの行為も、自称・経験豊富なレイさんにかかればあっさり看破
さすがレイさん。「城南大のジャネット・ジャクソン」ってナウ過ぎます。
中学生分かるの?


大森さんは、レイさんとは違って正直に回答。
きっぱり言い切ったのは、本当に胸だけはプライドがあったのか、りおんには負けられない理由があったのか。


真理谷は一人離れてデータのチェック。
どうやって作ったのか、立派な地図まで用意してある周到っぷり。

真理谷の地図を見る限りだと、まだまだ島の全貌をつかむのは先みたいです。
まだ三分の一もいっていない?


それにしても、この島は食べ物には困らないし、ノートPCの充電にも困らない。
ほんとに一体どこに迷い込んだのでしょうね。

真理谷の考えでは、一番おっきい山に到達するとその答が見えてきそう。らしいです。
真理谷のことだからたぶん間違いなさそうですが、仮にもし謎の解明が進むのならば、次の章はまた一つ大きな転機を迎えるということになります。

連載から一年以上経ったことですし、大長編が始まってもおかしくない昨今。
一体、山を登った先にアキラや真理谷たちはなにを見つけるのでしょうか



| エデンの檻 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ8号【ひとこと感想】

・サイレン
雨宮さんのサイコは久しぶりですね。


・ワンピース
ガープこそが今週の主役だと思います。


・NARUTO
ダンゾウ正直すぎw


・ぬらりひょんの孫
天邪鬼は見ていてわかり辛いですね。


・トリコ
これは綺麗な栓抜きですこと。


・こち亀
さすがに今週のこのネタは古いかと。


・べるぜバブ
軽い超展開が始まりました。


・黒子のバスケ
花札は地味に面白いです。


・スケットダンス
ジェネシスって・・・なんだっけ?


・めだかボックス
暗殺というか、卑怯というか。


・ハンターハンター
面白いのひとことしか。


・ヘタッピマンガ研究所R
ネームを本誌に載せるのは勘弁してください。


・バクマン。
全部新妻エイジが描けば・・・。


・賢い犬リリエンタール
掲載順位がちと心配。


・保健室の死神
来週の展開はきっとアレに違いない。

| ジャンプ感想 | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デスクワークと運動不足【雑記】

年が明けてから仕事のほうが忙しくなってきて、更新も停滞気味になってきた今日この頃。
ネタがない・・・っていうわけじゃないんですけどね。。。

定時で帰られる日もあれば、一日15時間くらい座りっぱなしの日もあったり。

去年の夏くらいから筋トレに目覚めて、夜な夜な頑張ったりしていましたが、それも今は昔。
週末はランニングをして体力づくりに励んでいましたが、マラソン大会が終わってそちらも燃え尽き症候。


運動不足が止まりません。


ってことで、一念発起し、土曜日に久々にスポーツジムの方に行ってきました。
実に一月ぶり。2010年初です。

半日ほどスタジオに入って汗を流し、一風呂浴びてプロテインで締める。
足が遠のいていたけれど、やってみるとこの流れはやっぱり気持ちいいです。
運動すると仕事の鬱憤とかも晴れますし、やっぱりこういうのは重要ですね。

日が明けた本日は筋肉痛で動くのがかなり辛かったですけれど、筋トレ後の筋肉痛は頑張った証。
なんだか生まれ変わったみたいです。

この調子で、停滞気味なブログの更新も活気づけたい所存です。

| 雑記 | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】カルシウム足りてますか【52話】

毒ダニによって汚染されたベース。
かろうじてその見えない毒牙を免れることができたアキラ一行だったけれど、相変わらずの一難去ってまた一難

メンチ切りまくりなアルゲンタビスの群れ。
そして、真理谷を襲うもうひとつの影。

今週も絶体絶命です。


そんな大空襲のさなか、空手少女の宮内真夜さんがまたしてもアルゲンタビスに勝負を挑む。
空手弐段だそうですが、アルゲンタビスには全く関係ないらしく、やっぱり今回もやられ気味。。。

最近活躍気味のザジのアシストもあって、なんとか殺られずには済んでますが、最近ザジって活躍しすぎですよね。
相変わらず抜けてはいますが、かなり成長してきている感がします。
やっぱり死線をくぐり抜けてきた経験値っていうのは重要ですねー。
生き抜くレベルが他の生徒に比べて高いのは、見ていてちょっと嬉しいところ。

だけども、あくまでザジなので活躍はほどほどに。。。


一方の最近、ケガの後遺症に悩まされたり、信頼できる男・杉政くんを失ったりと、運勢下降気味な石動ミイナ(偽)は、今週も唐突な危機に直面

かろうじてアキラが救出するも、今後も予断を許せない状況でかなり心配です

もう一人、最近ヤラレ役が定着してきた鈴木くんに関してですが、今週もさり気なくアルゲンタビスに踏まれていましたねw
しかも、まったくどうでもいいところで。
それでも元気そうな鈴木くんは、今後もしぶとく生き残りそうでこれまた心配。


しかしながら、そんな鈴木くんのやられっぷりが、我らが真理谷の目にとまり、事態は解決方向へ。

見た目に反して実はもやしっ子と判明したアルゲンタビスに、アキラの正義の鉄拳(石)が炸裂。
効果は抜群だ!

つづいて宮内さんの神槍(木)がアルゲンタビスの胸を貫く。
意外とエグイ!


軽量化のために、大事な骨格を犠牲にしたアルゲンタビスの体は、まさに肉抜きしすぎたミニ四駆の如し
ちょっとした衝撃でバラバラです。
肉抜きのやりすぎは要注意!


アルゲンタビスは再び空の彼方へ退散してくれて、これにて一見落着。

記念すべき、絶滅動物戦初勝利です。
消沈しかけていた学校のみんなの士気も高揚し、久しぶりの希望に充ち溢れたラストですね。
さらにアキラにはベース復活の作戦を持っているみたいで、今週のラストは本当に高揚感がすごい。

カブトムシの幼虫が復活したことが関係しているのかは定かではないですが・・・。
次号、夜が来る!

| エデンの檻 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CR-Z【動画】

YouTubeにてCR-Zの動画がアップされています。
開発エンジニアが語るそのコンセプトは「ハンドリングは『MINI』やロータス『エリーゼ』を目標とし、『インサイト』の車体骨格を基本にしながら、『シビックタイプR』並みのボディ剛性」らしいです。

コンセプトの文言は「Response」様からの転載ですけどね。
(→Response元記事「[動画]ホンダCR-Z…ハンドリングの目標はロータス」

動画に登場するカラーリングに「ホライゾンターコイズ・パール」がメインっぽく出てきます
以前紹介した画像では、緑がかった外見ですが、こちらの動画では断然青です。
すごくカッコいいです。はやく欲しいですねー。

| CR-Z | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ7号【かんたん感想】

会社で残業して帰りしにコンビに寄ってジャンプを買おうと思ったら、
立ち読みによってシワシワになったモノしかなかった絶望。

黒子のバスケ
バスケ部創設者がいまごろ登場。
インターハイを放ったらかして何してたのやら。


ワンピースいよいよガープ中将の出番ですねー。
おっさん最強こそが燃える口です。


バクマン。
なかなか連載に結びつかないサイコーシュージン。
蒼樹嬢はあいかわらずかわいいですねー。
中井さんは、・・・まぁ自業自得ということで。


スケットダンス
なんとなくオチは想像できました。
けれど、やっぱりギャップが激しすぎです。


ハンターハンター
そして今週もあんまり進まなかった。
けれども面白くて悔しいところ。
次回は進展あるのかな。


保健室の死神
思春期ですね。
花巻さんいいよーいいよー。


めだかボックス
宗像形はほんとにキ○ガイじみてますね。
ただ身体能力が普通ってのはいい設定。
はじめっから飛び道具でやっちゃえば簡単だったんだろうけども、それだと彼の殺しの美学に反するのかな。


あねどきっ
あっさり終了。
これで河下水希先生は前作の「初恋限定」に続く短期打ち切り。
次があるのか少し心配です。

| ジャンプ感想 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】杉政隆夫よ、安らかに【51話】

怪鳥アルゲンタビスの過ぎ去りし後に発生した謎の連続怪死事件

前回途中から姿を消した雪とミイナ(偽)。
こじつければ動機がないこともない。
この二人こそが今回の新事件の重要参考人だ!

って先週思ってましたが、今週4コマ目にて元気な雪の姿を確認
うん、これは別にただの思い過ごしだったみたいです。
2ページ目には、ジャイケンに負けて検死役となってPTSDになりかけていましたし、雪は完全にシロですね。
毎度毎度思うのですが、どうして私の予想は外れてばかりなのでしょう?


ミイナ(偽)の方も、視力の障害は残ったままだけども、普段どおり杉政くんと一緒に生活中。
ロリでもショタでもどっちでもオッケーな杉政くんを、ミイナ(偽)も味方と認定。

が、そんな極限の地に置いても充実した毎日を送ってるかに見える杉政くんにも見えない魔の手が・・・。

突然ミイナ(偽)を押し倒したかと思いきや、過呼吸気味に苦しみだす。
そして、敢え無く死亡。享年中学3年生。

今後の活躍が楽しみな人物だっただけに、この死はイタイです。
ミイナ(偽)も貴重な味方を失ってピンチ。


杉政くんの死から、怪死の原因は人の手によるものではないと判明。
「赤い実」による災厄以来の、見えない敵との遭遇です。


これはまたしても長期戦に突入か?

いやいや、「赤い実」の時は、倒れて不在だった真理谷が今回は健在なのです。

ということで、血溜まりの虫をヒントにあっさり解決。
さすが真理谷だね!

死体は触りたくないけれども、生物には詳しい男。
オーストラリアの毒ダニ「パラリシス・チック」なんて、
googleで検索しても出てこなかったぜ!
(1/13記事作成時点)

「例えば」で例えられたモノがよくわかんない。
それが真理谷クオリティ


だけども、その恐ろしさだけは周囲にしっかり伝わったようで、みんな一心不乱に川でダニ掃除。
大森さんに関しては、ひとりだけ服まで脱ぎだす始末。
後ろでザジがしっかり見てくれていますよ。。。


毒ダニの発生経路は先に暴れ散らかしたアルゲンタビス。
彼らのおかげで、せっかくの安住の地・ベースが毒ダニだらけで使い物にならない可能性がでてきました。

そして、追い打ちを駆けるようなアルゲンタビスの再来。


2010年も「エデンの檻」はサクサクテンポで駆け抜けていってくれそうです。

| エデンの檻 | 22:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CR-Z【ターコイズ・パール】

海外の「NetCarShow.com」というサイトにて、欧米仕様のCR-Zの画像が公開されたので転載。

CR-Z(ターコイズパール)
上はどうやらホライゾンターコイズ・パールのようですが、ディーラーで見せてもらった色見本だと深い青っていんしょうでしたが、これをみるかぎり結構緑色が強い感じです。
だけど、カッコいいね。この色にして良かったです。

「NetCarShow.com」には、ターコイズパール以外にもミラノレッドやホワイトの壁紙が用意されていました。
(→「CR-Z」のページ
といことで、早速自分のPCの壁紙にも設定。
[1920x1200]があるのはかなりありがたいです。

本家ホンダはまだ発表前ということで、焦らしプレイをしてくれてるのがニクいです。
(→ホンダCR-Z特設サイト

| CR-Z | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になる納期は3月中【CR-Z】

車庫証明等の書類を提出するために風邪気味のぼんやりした頭でディーラーへ行ってきました。

先週契約したときに、そのディーラーでは一番乗りだった私のCR-Z。
納車時期はいつくらいなのかを軽く尋ねて見ました。


返ってきた答えは「3月中」とのこと。
もう少し契約が遅れていたら納車は5月くらいになっていたかもしれないらしいです。

早めに契約しておいてよかったです。

納期の詳細はまだ分からないみたいですが、納車が待ち遠しい今日この頃。

| CR-Z | 18:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【マガジン】ひとこと感想【6号】

・エデンの檻
LEDライトってかなり便利だよね。

・ブラッディマンデイ
はしごを垂らしたのが仇に。。。

・はじめの一歩
ボデーががら空きだぜ!!!

・波打際のむろみさん
コミックス買っちゃいそうです。

・ダイヤのA
これぞエース対4番の戦いです。

・フェアリーテイル
100年クエストって・・・とんでもないですね。

・ゴッドハンド輝
こういうお話って久しぶり。

・GTO
こちらも懐かしい流れ。

・魔法先生ネギま
早速次号は休載。。。

・花形
ナックルボールといえば阿畑さん。

・かそうぶっ
ゲロ吐いた後なのに八尋部長は元気だね。

・A-BOUT
三年生は見るからに色々ヤバイ。

・エリアの騎士
駆が野獣だったらどうなったのでしょう。

・我間乱
仲間は増えたけど敵がそれ以上に増えると大変だね。

・コードブレイカー
レールガン?

・君のいる町
ベタベタですねー。

・生徒会役員共
年が明けてもやるこた同じ。

・ヤンキー君とメガネちゃん
世間は意外と狭いもの。

・課長令嬢
矢上さんすごーい(棒読み)。

・あひるの空
小西くん責任重大だね。

・さよなら絶望先生
千里は誰からも託されなかったのですね・・・。

・エアギア
「創世神」対「眠りの森」の戦いはまだでしょうか。

・GE~グッドエンディング~
ここにきてまた一波乱ありそうですね。

・ベイビーステップ
特訓の成果が着実に現れていますね。

・ティジクン
おつかれさまでした。

・だぶるじぇい
今年は大吉でした。

・もう、しませんから
ベッキーちゃんってこの前日本に来てた子ですよね。

| マガジン感想 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】一周年【50話】

今週の週刊少年マガジンはエデンの檻一周年突破記念ってことで巻頭カラー。
なんだか新年早々うれしいですねー。

ちなみに、当ブログもそろそろ開設一周年です。
開設当初は、まさかこうエデンの檻」の感想を毎週書き連ねるなんて思ってもいませんでした。
世の中何が起こるかわかんないですね。


で、何が起こるかわかんないといえば「エデンの檻


前回の感想(→記事)で、自信満々に予想を張ってみましたが、またしても大外れでした。。。

まさか、悲鳴の主が島津くんだったなんて・・・。
「△連下:モブキャラさん」で絶対外れないような予想をしていたのですが、完全に女の子だと思っていたため、針の隙間を縫うかの珍予想集と相成りました。
あれだけ書いたら絶対どれか当たると思ってたんですよ。
でも、確かに今読み返すと、あの悲鳴は女の子にしては品がないですね。


しかしながら、こうして予想外の結果を得られたというのは漫画を読む上ではいいこと。
と、ポジティブシンキングで今週の感想いってみよー。


まず、前回の感想で悲鳴の主と予想したお三方の結末。

◎本命:佐久間 雪
アルゲンタビスに捕まり、振り回されるも靴が脱げて無事脱出。よかったね。
だけども、誰かに蹴られたことが心の傷として残った感じ。
今後フォースがダークサイドに堕ちないか心配です。

○対抗:石動 ミイナ(偽)
特にアルゲンタビスに襲われた形跡もなし。
だけども、今週の登場がわずか一コマ
今回は乗り越えましたが、今後の展開がもっとも心配な人物です。
あれ、そういえば雪も途中から出てこなくなったような・・・。
この二人どうなったのでしょう???

▲単穴:大森 夏奈子
ザジの壁によりなんなく窮地を乗り切る。
やっぱり大森さんは格が違うね。
ザジもがんばったね。


ということで、改めて自分の予想を見直してみると、本命と対抗の二人が話の途中から消えるという、ハズしきってもいないかなー。なんて思えてしまう結果に。
もともとフラグを立てていたミイナ(偽)はかなり心配。
「今は逃げなきゃ」を最後に消えちゃった雪も気になるところ。

そして、今回ラストの謎の怪死事件
消えたことと何か関係があるのかな。
正直なところ、この二人がいなくなると寂しいので、早く元気な姿で登場してもらいたいところです。



元気といえば、空手少女・宮内真夜。
アルゲンタビス相手に組手をしたり、全力でアキラを助けたり、防衛隊を結成したりと今週は大活躍。
最初はザジとフラグを立てるのかと思わせておいて、結局アキラに惹かれているのはご愛嬌。

まぁ、誰だってアキラのあの行動を見ると一目置かざるにはえませんが。
いきなり「かかってこいよ鳥ヤロー!!!」ですもんね。
私も我が目を疑いましたもの。
「無茶しやがって…」のaaが脳内で再生されました。

どんどん傷を負っていくアキラたち。
真理谷も、目を怪我したようですが、本体のメガネは無事のようなので一安心。
なかなか器用なケガの仕方をしますね。さすが真理谷!


てっきり死んだと思っていた鈴木くんは無事だったことにはかなり驚き。
どう考えても死んだでしょう、あれは。
人数カウンターが減ったと思ったのは、どうやら私の勘違いみたいですね。
お騒がせしました。

鈴木くんはまだ死ぬべき人間でないということは、なにかしら今後も活躍の場があるんでしょうね。
今度はどんな鬼畜な行動を起こしてくれるのか・・・。
よい子は人が困るような行動はしちゃダメなのです。

| エデンの檻 | 21:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ】フタガミ☆ダブル【読み切り】

最近ジャンプSQに移籍して、またしてもやらかしてくれた矢吹先生がジャンプでも再び大活躍。

相変わらずカワイイ女の子大活躍してくれる展開に視線は釘付けです。
話自体は、よくあるような、ないような、そんなデジャヴに充ち溢れた内容でしたが、これがまた矢吹先生らしくていいですねー。

矢吹先生にかかると、タマコ先生があそこまで変わるとは驚きです。
しかし、これはまた別のお話。

正直なところ、内容は主人公・双神想介のドッペルゲンガーが襲ってきて、ババーンキャーってノリだけしか捉えていません。途中で、リボーンみたいな感じになって大逆転してましたが、特に深くは読んでいない本日の私。

とりあえず、ラブコメしていればそれでよし
それくらいの気持ちでもいいですよね?


「あねどきっ」「めだかボックス」が今週は最下位争いで打ち切りの危機。
(「あねどきっ」は確定っぽいですが・・・)
ジャンプがまた矢吹健太朗を必要とする時期はそう遠いものではない気がします。

| ジャンプ感想 | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CR-Zを購入してみた【HONDA】

今年の2月末にホンダから発売予定のハイブリットスポーティカー「CR-Z」
去年の暮れからディーラーにちょくちょく通いつめ、本日契約してきました。

グレードは アルファ 6MT 1Z44A (インターナビ付き)。
色は ホライゾンターコイズ・パール (青っぽいの)。

オプション等を少しつけたらお値段300万円弱。
本体値引き3万円の他に、ディーラーオプションで割と値引いてもらいました。

発注が可能になるのがもう少し後になるらしいので、納車時期はまだ未定ですが、3月中には届きそうみたいです。
納車が待ち遠しいです。

ちなみに、当然のことながら試乗はしていないです。
さらに、初期製品には不具合のリスクが高いというデメリットもあります。
けれど、そんなことは些細なことと感じられるほど、この車には魅力がある。と、思ってます。
リコールが出たら出たでご愛嬌。話のネタにもなりますしねー。

教習所以来のMT車となりますが、モーターによるトルクが強く、また坂道アシスト機能等もあってMT初心者でも安心して乗れる。とのこと。
これも試乗したわけではないので不確実ではありますが、想像するだけでワクワクしてきます。
早く実車に乗りたいです。

CR-Z2009
画像はコンセプトモデル2009です。「日経トレンディネット」様より転載。

| CR-Z | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「アバター」から始める3Dシネマ

お正月といえば映画。
という、ありふれた既成概念に則って2010年最初の映画を見に行ってきました。

2010年最初。
とは大げさに書きましたが、見に行ったのは昨年末に公開された作品なんですけどね。

その名も「アバター」

「3D映画」時代の幕開けを代表する作品といわれている本作。
前々からすごく見たかったのですが、本日ようやく念願成就。

お正月ということだけあって、普段だと割と空いているシネコン映画館も大混雑。
「アバター」だけでなく、様々な作品で行列が出来ていました。
だけど、「アバター」が一番多かった気がしています。

やっぱり、「3D映画」の魅力は凄まじい。
行列に並んでいる時からドキドキしっぱなし。
こんなにも楽しみな映画は「劇場版マクロスF」以来。・・・って、割と最近ですね。


初めての3D映画。
3Dメガネは、家ではメガネな私にはあんまり違和感なく装着できました。
思ったよりも付け心地がよかって驚きです。

実際の映像を見てみると、流石にここは慣れが必要
はじめの十数分は、その独特の映像についていけず3D酔いをしてしまいました。。。

だけども、一旦慣れてしまうと圧倒的な映像に心酔。
3Dっていうから、もっとババンと映像が飛び出してくるのかと思っていましたが、実態はその逆で、奥行き重視の立体感のある映像でした。

個人的に特にすごいと思ったのはSFメカ類。
普段は絶対に目にすることのできない、画像だけでしか認識することのできなかったものが、3Dで描かれることにより明確にイメージを捉えることができました。
自分でも言いたいことが伝えきれていない感がしていますが、これだけは絶対に見ないと分からない感動です。

空中にブワーッと浮き出すディスプレイなどは、リアルに存在するとああなるのか、人型ロボットはああいった動きをするのか。
など、これまでの自分の認識を覆してくれました。
3Dは本当にすごい。


映画の内容自体は、決められた結末に向けて進んでいく王道なもので、特筆すべきものはなかったです。
だけど、王道らしく掘り下げれば掘り下げるほど深みがある内容でもありました。
ただ一見だけだと、3Dの映像に気をとられすぎてそこまで考えることが私にはできなかったです。
もう一度見るべきか・・・、だけど3D映画はただでさえ高い料金が、さらに割増なのがネックですね。。。
映画の料金ももうちょっと下げてくれると見に行きやすいんですが、なんとかならないものか。


ちなみに、映画の上映時間は約3時間。
内容的にはもっと短くまとめることもできたでしょうが、「3D映像」を堪能することが本作の命題と思ってるんで不満はなし。肩が凝っちゃいましたけどね。

| 雑記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年の大晦日は、私は紅白メインで過ごしました。
かなりジャニーズが鼻につきましたが、全体を通してみるとやっぱりこれぞ大晦日って気がしてきます。

美川憲一の「さそり座の女」でのオードリー春日の登場は家族一同朗らかな気分に。
小林幸子の特大衣装(セット?)ではびっくり仰天。
この二人は毎年頑張りますねー。
今年の年末はどんな仕掛けを用意するのか今から楽しみです。

その他、矢沢永吉のvip登場や、・・・えーっと他に何かあったっけ???

と、とにかく見終わってみると心に残ったものは少ないですけれど、綺麗に年越しできた気分がします。
やっぱり「ゆく年くる年」が一番だね。


ナポレオンをちびりちびりと飲んでいたので、酔いが回ってちょっぴりおねむ。
ということで、年も明けたし一旦おやすみ。

外は雪がふってるみたいだし、初詣どうしようっかな。。。

| 雑記 | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。