ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ53号【ひとこと感想】

・ワンピース 第0話
映画の中の出来事ってパラレルワールドじゃないのか疑問。


・NARUTO
呆気ない幕切れで呆気に取られる。


・ブリーチ
一護が主人公の気がしてきました。


・べるぜバブ
あざとい展開。だがそれがいい。


・ぬらりひょんの孫
羽衣狐様は現代版に限る。


・バクマン。
蒼木嬢の株価が日経並みに急降下。


・いぬまるだしっ
腹痛は病気って最近知りました。 ⇒IBSネット


・黒子のバスケ
火神ってアメリカでなにしてたんだろう。


・ワンピース
白ヒゲ海賊団の悲壮感がやりきれないです。


・こち亀

落語は連続テレビ小説「ちりとてちん」で興味を持ったクチです。


・保健室の死神
けっこうこのシリーズ長いね。


・銀魂
クリステルは魔性の女ですね。


・あねどきっ
ドバイはバブルが弾ける前に一度行ってみたかったです。


・スケットダンス
やばいくらいに変態な強敵でデイジー大ピンチー。


・トリコ
漫画のヤクザは根がいい人が多いですね。


・賢い犬リリエンタール
紳士ウィルパーは敵にするには持ったいくないくらいにいい紳士です。


・サイレン
今週は説明が多くて読むのが大変でした。


・めだかボックス
野郎が全く役立たずな現状。
スポンサーサイト

| ジャンプ感想 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

坂の上の雲【第一回】

前評判から、ある程度は期待していた「坂の上の雲」。
でも、実際の心中では、明治大正って言われても、あんまり思い入れが~。という具合に、本当に自分にとって面白いのか半信半疑でした。

だけど、やっぱり前評判どおり、いやそれ以上に面白かったです。

明治の文明開化の勢いは、現在の閉塞感に満ち溢れた日本社会とは全く非なるもの。
正直同じく国とは思えませんでした。。。

どうしてこうなった・・・。
ってのは置いておいて、今回の大河ドラマスペシャルドラマは、久しぶりにNHKの凄さを痛感されられました。


なにせ、秋山兄弟が後半にしか出ていない時点でのこの面白さ。

阿部寛演じる秋山好古の男臭さ。
もっくん演じる秋山真之の青臭さ。
子役たちの演技力も抜群。
脇役も豪華出演で見応え十二分。

久しぶりに見ていて時間を忘れられるドラマにめぐり合えました。

次回は野球編。
今回はちょっと駄目なヤツ的役割だった正岡子規の本気が見れそうです。


手前の番組「ダーウィンが来た」といい、年末の日曜夜はNHKに決まりだね。


| NHK大河ドラマ | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン52号【感想】

フェアリーテイル
割と長かった今回の章もようやく完結?
最後は滅竜で不知火で鳳凰と、なんだかすごそうなもののオンパレード。

絶好調だね、ヒロ先生。


波打際のむろみさん
さすがのむろみさんも、ペンギンの大群には歯が立たないみたいw
ていうか、むろみさんは一体なにをしに南極までいったのでしょう?


GTO
いまだに鬼塚が自分より年下になったことに違和感が・・・。


ブラッディマンデイ
はやくもドラマ二期が発表。
漫画も二期始まったばかりなのに、ドラマ一期がそんなに調子よかったのかなぁ。。。

今週も親父殿が一人で盛り上がってくれてます。
潜入捜査を満喫ですね。


あひるの空
ものすごく久しぶりのトビ出場。
流れを変えてくれると当然期待です。


ダイヤのA
スリーバンドでのスクイズ成功で流れが一気に傾く?
次なる打者は、兄小湊亮に代わって小湊春一。
ここから成宮を崩していくことができるのか、すごく楽しみです。


GE~グッドエンディング~
内海くんとユキの流れが徐々に固まってきましたねー。
それにしても、エリは性格よくなりましたね。


我間乱
ダークホースは鎖鎌。
壁を抉るほどの威力に、変幻自在な攻撃。
こいつはかなりの強敵そうですねー。

さらに、「蛇金」という秘密兵器も隠し持っているようですし、一回戦以上の死闘が期待できそうです。


ベイビーステップ
故障は癖になりますから、気をつけないといけないですね。
上手い具合にタクマとの試合も流れて、エーちゃんの挑戦はまだまだ続きます。


・ヤンキー君とメガネちゃん
前回で一件落着に見えた、足立家の問題は、弟の葉が品川家に転がり込む形で継続中。。
卒業も近くなってきましたことですし、締めの段階に入りましたね。

| マガジン感想 | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【マガジン】A-BOUT!【新連載】

かつての週刊少年マガジンといえば、「スポ根」に「ヤンキー」。
近年は「萌え」系重視になったものの、最近は「我間乱」や「ティジンクン」に手を出したりして、硬派なノリを模索している・・・・・・気がしないことも無いです。


で、そんな週刊少年マガジンもヤンキー漫画が久々にかえってきました。
(ゼロセンは主人公が教師なので別と考えるとですが。)

今回が初連載らしい市川マサ先生。
なんだか井上雄彦先生が入っているっぽいけど、堅くて濃いめな絵柄で90年代を思い出させてくれます。

予想以上に上手い。

そして、予想以上に面白い。


主人公が馬鹿で無鉄砲なのは定番ながら、その定番をしっかり王道として押さえてきて、作品に安定感があります。
ただの解説メガネキャラと思わせておいた瀬下くんが、実はやり手だったっていうのも意外性があっていい。

やっぱり、実力が伴ってこそ、正確なデータを取ることができるってことなんですかねー。
顔芸も魅力的だし、現在一番好きなキャラです。


だけど、そんな瀬下くんも圧力で負けてしまいそうなのが、ライバルキャラっぽい砂原くん。
第一話は奇襲のキックが不発に終わったものの、なんかカッコよく場を仕切っちゃってくれるにくい奴です。
同じ一年生の主人公・朝桐真之輔をガキ呼ばわりするのはちょっと違和感ありますがw

朝桐のラストの妄想と、瀬下のツッコミも面白かったですし、第一話は普通に楽しめちゃいました。
今後も期待した作品ですねー。


こいつは思わぬ収穫でした。

| 新連載一話読み | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~【感想】

11月21日に公開されてはや三日目。
本日三連休最後の日に駆け込み気味に見に行ってきました。

三日目となると、多少人が減ってるのかと思いましたが、満員御礼の大盛況。
やっぱりマクロスFって人気あったんだなー。なんて改めて実感しました。



内容のほうは、正直なところ、新作カットが多いとは聞いていても、所詮は総集編だとあんまり期待はしていなかったのですが、見てみてびっくりTV版とはほぼ別作品。

いきなり根本的な設定が変えられていて、人間関係も時間枠に収まるようスムーズな間柄に。
あっさりし過ぎやしないかと、見ていて不満が残りかけても、重要な点はしっかり押さえられていて不満はすぐさま解消。

新曲も多数収録され、壮大なCDのプロモーション映像と言われても不思議じゃないです。
ていうか、見た後無性に欲しくなってくる。

今すぐ、欲しい。


結論は大満足の作品でした。

TV版と違い、サクサクのテンポ。(TV版を見てないとわかんないところも多数ですが・・・)
大迫力の戦闘シーン。(映画館の補正もありますが・・・)
安定した作画。(劇場版ですもんね)

一度ならず、二度も三度も見たくなったのは久しぶりです。
はやくブルーレイで出ないか、いまから待ち遠しいです。


あ、それとパズル欲しいです。。。

| 雑記 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ】SWOT【読みきり】

2006年に「」という衝撃の問題作でデビューを果たした杉田尚先生。

圧倒的な画力と、絶妙な台詞まわしで数々の漫画好きを虜にしながらも、「」の連載終了と共に、漫画家生命も終わったかに見えましたが、このたびジャンプ52号にて無事復帰されました。


色々良からぬ方向にて期待して読みましたが、意外や意外、かなりいい意味で裏切られてしまいました。


画力がすごく上がっている。。。
というか、かなり商業漫画っぽい絵柄に。(結構ブリーチっぽいです)


こいつはビックリです。


絵が上手いとなんだか内容も面白くなった気がするのが漫画の不思議。
イメージとのギャップが激しすぎて、不覚にも続きが読みたいと思ってしまいました。

まぁ、二回目を読み始めると、結構「」の面影とかが残ってて少し安心。
「ゴゴゴゴゴ」とか、あの太字の擬音を見ると胸がキュンとしちゃいます。


自称舎弟の鰯田くんの性格のウザさはなんとも言えませんが、ヒロインの蓮野ねねは日常シーンは結構かわいく思いました。不良である必要があったのかはちと分かりませんが。


主人公の学崎くんは東大に入ってNASAに務めるのが夢といいつつ、なぜか六法全書を脇に抱えるハンサムボーイ。
NASAって理系で、しかもアメリカなのに何故に六法全書?


あ、殴るためか。
硬くて重いもんね、六法全書。あれで殴られると痛いかも。。

なるほど。
うん、なるほど。

| ジャンプ感想 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【天地人最終回】愛を掲げよ

今年の大河ドラマ「天地人」もついに最終回。
今年もいよいよ終わりが近づいてきたのだなぁとしみじみ。

最終回の序盤は嫡男の直江景明が死に、兼続・お船夫妻の子どもは全員早世という悲しいお話。
暗い流れが続いた終盤を象徴する光景でしたが、それでも後半は兼続の楽しい老後に向けた活動で若干持ち直し、ラストは老衰?で死去という綺麗な流れ。

思い返せばこの「天地人」。
個人的なピークは「お館の乱」で上杉景虎と争ったころかな。
あの時は景勝も兼続も輝いていました。

それが、上杉家のピークでもあり、内乱終結後は織田に攻められ、豊臣に屈服し、その豊臣家中でなんとか確固たる地位を得ながらも、徳川にあらゆるものを奪い取られる。

話が進むにつれ、上杉家が落ちぶれていく中で、兼続のひたむきな精神が道を拓き、幕末のそのときまで上杉家が存続した礎を築いたということは、話的には地味ながら、学ぶことが多かったなんて思えてきたりします。

まぁ、内政なんて地味なものですしね。
「信長の野望」でも重宝されるのは戦上手な派手武将。


今年も暮れとはいえ、まだ11月。
大河ドラマが終わるのにはちと早いと思っていましたが、最後の予告で「坂の上の雲」の存在を思い出す。

これって大河の時間帯にやるのでしたか。
知らなかったです。

ちゃんと録画の設定を忘れないようにしなきゃなりませんね。

| NHK大河ドラマ | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン51号【感想】

ダイヤのA
やっぱり栄純は華麗にバンド。
続く9番の地味めな白州先輩がヒットで続き一死一三塁の好機到来。

打者は1番俊足倉持。
狙うはスクイズ?それともヒッティング?

稲実バッテリーは初球をウエストするみたいだが、一体どうでるのか。


我間乱
間のお話。
海原大仕合も一回戦が終わり、残り10流派の戦いとなる模様。

大亀流以外に強敵が5流派いたようだけど、ダークホース出現で栗林流とやらが全滅。
ラスボスは我間の父である黒鉄陣介っぽいけど、彼がそのダークホースなのかな。


ベイビーステップ
着実に進化し続けるエーちゃん。
毎回安心して楽しめます。


ヤンキー君とメガネちゃん
よくわかんないけれど、無事解決。
でもこのまま終わんないよね。きっと。

エアギア
本当に空気化していた「虎喰い」脇ノ坂孝一さん。
本当に忘れていました。

スレイプニールとの戦いは、結構時間が掛かったと思ったけれど、5分以内のお話だったのね。
これからリカ姉を助けに行って、その間に空とキリクの戦いが始まるのですねー。

| マガジン感想 | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GE~グッドエンディング【13話】

グッドエンディング目前にて、晶先輩にドタキャンされた内海くんが見た光景は、まさに寝耳にNTR。

健人先輩と晶先輩のデートを目撃したデートをドタキャンされた内海くんの表情を読み取り、勝ち誇ったかに見える健人先輩はちょっと嫌な感じです。

そして二人の馴れ初め。。
健人失恋 → 寂しい → そういやアイツいたなー → がっちりマンデー。

やばい、すごく嫌な感じです。
こいつはどう考えても、今後晶先輩の辿る道は「都合のいい女」コース

きっと苦労されまくるのだろうなーって、ちょっぴり気の毒な気もしますが、一番気の毒なのは内海くん。

思わず晶先輩に祝福の言葉を送っちゃったりなんかして、好青年を演出しようとも、もうどうにもなんない。
ユキに未練を打ち明けて、慰めてもらってもどうにも・・・ならなくない?


恋愛に傷ついた若い男女が二人。
つらい思いを分かち合えた二人なら・・・。



| マガジン感想 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】そして彼女は堕ちていった【46話】

熊モドキと狼王の争いに隠れて、女の争いがあったらしく、どさくさに紛れてコトミさんが負傷。

顔を怪我してえらいこっちゃ。
またしても絶体絶命のピンチか。

と、思わせておいて、あれから3時間が経過。。。

すでに夜。

待機組の真理谷や大森さんたちは表紙で仲良くティータイム。
ミイナ(偽)は暇をもてあまし、アキラが失神するほどの新たな悪戯を思案中。

まぁ、そんな悪戯を行うまでも無く、アキラは失神するのだろうけどね。



そんな絶望までのカウントダウンが点灯中のアキラ御一行。

手負いのコトミさんは、怪我も大したことなくお休み中。
その間にレイさんがコトミさんの詳細を解説。

・コトミスペック
1.ルックスよし。
2.大金持ちの一人娘。
3.しかも老舗の旅館で育ち良し。

といことで、無敵すぎて女王様と化しているコトミさん。
ワガママ放題な彼女を心から大切に思えるレイさんはまさに天使

そんな天使より、コトミさんを取ったMr.スケキヨことトオルさん。
包帯で目以外は隠していうけれど、心の目は何も見えちゃいないぜ。


それでもなお、健気にトオルさんを心配するレイさん。
その姿はまさに天使

だけども相変わらず何も言わないトオルさん。
この章最大のキーマンっぽいけど、そろそろ行動してほしいところです。



狼王アーネスト(命名)の姿を見、絆の結びつきの大切さを知ったアキラ。
自らの使命を、その絆同士の架け橋であると悟り、目指すべき国づくりにまた一歩近づきました。

少年たちの国の完成は近い。
アキラくんについていけばなんとかなる。
そう周りが思えるようになるといいですね。

約一名、アキラにク○ニして欲しい人がいるみたいですが・・・。


うーん、朝っぱらの荒野で、なんていうことをやっちゃってくれるんでしょうか。。
あの1ページに、久々に山田先生の恐ろしさを感じました。

下半身露出姿でアキラを襲うコトミさん。
その勢いのまま崖から落ちていくその姿は、もはや初登場時の面影なし

アキラは完全にとばっちりを受けた形で岩盤に衝突。
コトミさんも、たぶん下半身露出姿のまま倒れるはず。

りおんたちが助けに来たときに、この光景を見るとどんな気持ちになるか・・・。
アキラ、いろんな面で絶体絶命の大ピンチです。

| エデンの檻 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第853回「しょうがを使った美味しい食べ物・飲み物」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです!今日のテーマは「しょうがを使った美味しい食べ物・飲み物」です。ほうじょうの周り、いきなり寒くなってきました!昨日の夜は、帰りがあまりに寒くて、コンビニでしょうがの入ったチャイを買って、あったまりました~。しょうがは体を温める作用があるので、冬...
FC2 トラックバックテーマ:「しょうがを使った美味しい食べ物・飲み物」



アツアツおでんにしょうが醤油。
姫路おでん美味しいです。

| 雑記 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒いです

いきなり冷え込んできました。
朝は完全に起きられないです。。。

夜も当然寒い。。。

そんな寒い夜は筋トレに限ります。
30分ほどで体がホコホコにあったまり、程よい肉体疲労が眠気を呼び起こしてくれます。

ということで、今日は早いけど就寝。
ホコホコの体で冷たい布団に入るのは少し癖になりそう。

| 雑記 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ51号【感想】

新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ
「勇者学」の麻生周一先生の新連載。
あいかわらずの突飛な設定、勢い任せのギャグ。

最初はかなり戸惑いましたが、ラストに近づくにつれて慣れてきたのか、割と楽しめました。
まぁ、楽しむまでが長かった気がしましたが・・・。

読後はちょっとした疲労感があるものの、10Pくらいになったころから読みやすくなるかもしれないですね。
今回はちょっと長すぎでした。。。


ぬらりひょんの孫
遠野の出現から気になっていた奴良組の連中の実力が話題に。

四国との戦いでも使わなかった”はつ”と”ひょうい”(漢字難しい)が使えないものかと思っていましたが、どうやら皆使えるみたい。
じゃあ、なんで今まで使わなかったのかって話ですが、それは次回に語られるのかな。。

あと、リクオの親父は結構すごかったみたいですね。
みんな長生きです。(妖怪だから当然か)


トリコ
ゾルゲは長生きしそうです。

一般人代表の小松は大変そうですが、トリコが一緒なら大丈夫ですね。
毛皮にくるまって暖かそうです。ちょっぴり小松がかわいく見えました。


賢い犬リリエンタール
スーパーうちゅうねこってまだ設定として生きてたんですね。
幽霊みたいに透明になったり、すぐれた力をたくさんもったすごいネコです。
さすがスーパーうちゅうねこ!


スケットダンス
チュウさんの非常識ネタもすっかり定番。
今回は透明人間。インビジブルです。

純なボッスンはノゾキとかには目もくれず、姫子を驚かすことで頭がいっぱい。
思春期としてはちと問題アリですが、青春としては満点ですね。

姫子の必死のフォローで学校に戻ろうとしてるけど、股間はぶらぶらしてるかと思うと、シュール。


バクマン。
シュージンと岩瀬の久しぶりの再開。
ツンツンな岩瀬の、デレデレなラブレターに三吉の心もノックダウン。

蒼木嬢は中井さんのことがまんざらでもなさげですが、どうするんでしょうね。
中井さんは、報われない姿が絵になっているのですが・・・。


サイレン
グラナすごい。
とってもすごい。

まさか超能力でソーラレイを発動させるとはオドロキです。
それを直撃して生きてる弥勒も弥勒ですが。

| ジャンプ感想 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【天地人46話】大坂城炎上

「天地人」最後の大戦となる大坂夏の陣、冬の陣。
どれだけ盛り上げてくれるのかと楽しみにしていましたが、合戦はあっさり終了。

ちょっぴり肩透かし感がありましたが、作中やくざ丸出しの徳川家康さんの集大成とあって、その存在感は素晴らしかったです。

影の主人公は家康だね。
すごいや、松方さん。

お天気予報士演じる福島正則も、一時の感情で大局を見誤ってしまったことに対する哀愁が漂い、いい感じ。
予想を間違えるのはお手の物?


本編はいよいよ次回が最終回。
予告を見る限りだと、
家康の死で時代に節目。
竹松の死で直江家に節目。
てな具合に、時代の流れから切りはなれるために隠居で夫婦水入らずに。
といった感じでしょうか。

いつもの大河と比べると、今回はちょっと終わるのが早い気がしますけど、無いネタを振り絞って武蔵村とかやられるよりは、いい判断です。

| NHK大河ドラマ | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン50号【感想】

あひるの空
茂吉が特訓の成果か、スタミナ面を克服しそうな感じです。
チャッキーやヤスも活躍しだして、チームとしての層がいよいよ厚くなってまいりました。

この調子で行けば、北住吉にも普通に勝てそうです。
となれば、全国大会進出も現実味を帯びてくるもの。
まぁ、このペースだと、現実時間でいつの話になるのかが心配ですが。


ダイヤのA
成宮から栄純が三振を奪い、降谷が安打を奪う。
一年生コンビで勢いに乗る青道高校。

ノーアウト、ランナー一塁。
栄純がやることはただ一つ!


・Get Sports 安藤美姫物語
久しぶりの関口太郎先生。
そういえば最近はこういった企画読みきりでしか見ることがないですね。

絵も上手だし、そろそろ原作付きでもマガジンで連載したりしないのかな。
ちょっともったいないですね。。


スマッシュ
せっかく古賀くんから貰ったアドバイスをすっかり忘れてた駄目東。
はじめっからバックサイドを攻めていれば、違った結果になってただろうけど、今からでも何とかなりそうな勢い。・・・ならいっか。

林健一は弱点を攻められてると気づかず、東が自分のショットに対応してきたと思ってますが、これは買いかぶりですね。うん。

対応をしてくるのはこれから。
本当の戦いが始まりました。


課長令嬢
生活は苦しいはずだけど、デジカメを持ってたり、パソコンを持ってたりと、結構普通の家庭な綾瀬家。
今日は親父がいなかったけど、なにしてるのだろね。


君のいる町
巻末コメント「ち○○券発行禁止になりました」ってマジですか?瀬尾先生。

もしかすると、今週の一コマが最後のちくび券になるかもしれないってことですか。。。
これももしや、アグネスの影響?恐るべし、アグネス・・・。


GE~グッドエンディング~
土壇場での晶先輩の裏切り。
ここまできといて、そりゃないよ。

しかし、まぁ考えようによっちゃあユキルートへ綺麗に移行できるフラグでもあります。
個人的にはこういったNTRもアリ?

いや、ないか・・・。
だけどありっちゃあり。
すごく悩みどころです。


我間乱
雑魚キャラはさっくり排除。
得物が斧っていう珍しい人たちだったけど、運が悪かったねー。

二回戦の相手はニンジャー。
いろんな武器を使ってきそうでどんな戦いになるのかすごく楽しみです。


ティジクン
ロリコンやくざ?
きっと妹だってオチだよね・・・。

ちなみに、「虎殺し」の三条さんは一体どんな罪で捕まったのかが気になります。
個人的見解では、条例違反かと睨んでおります。

| マガジン感想 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】熊モドキの恐怖【45話】

鈴木の毒牙からりおんを守るため、とっさに「りおんは俺の嫁」発言をしたアキラ。

りおん当人にバッチリ聞かれながらも、まんざらでもないといった感じのりおんがいました。
これにて一件落着。

な、わけないですね。
まだまだ危機的状況にあることは変わりなし。
レイさんの間髪入れない突っ込みに、一週間ぶりに熊やら狼の存在を思い出せました。


ということで、このピンチを乗り越えるための新参謀・山口会長の作戦発表。
NHK仕込みの知識を武器に、熊の弱点を突く華麗な「急がば回れ」を地で行く作戦。

さすがNHK。教養が違うぜ。
「ダーウィンが来た」は日曜日の新たな定番ですね

ついでにもう一つ。
2チームに分けた生存率アップ大作戦。

仮に片側が襲われても、もう一方が逃げぬくという決死の作戦。
・・・のはずが、コトミさん主導の「捨て奸」作戦に。

お気に入り・アキラ。
なんとなく頭が良さそう・山口。
見た目力がありそう・ザジ。
新ヒロイン・コトミさん。

のチームA。

すでに過去の男・トオルさん。
親友?なにそれ美味しいの?レイさん。
特に思い入れはない・りおん。
モブキャラ?プッwww・鈴木。

のチームB。

コトミさんにとっては全く隙のないカンペキな布陣を考案。

トオルさんの顔が好みだったけど、傷を負ったから興味なしと満面の笑顔でいうあたり、悪気がないんだろうけど・・・、純粋悪って感じですねー。

猛抗議のレイさんの気持ちがすごく分かります。

ただ、いまだ沈黙を続けるトオルさん。
握り締めた拳が一体なにを意味するのか。。。



場の空気も、コトミ発言でかなり悪くなり、再びなにをすべきなのかを見失いかけましたが、なんとかアキラの発言でいい方向に軌道修正。
山口くんも空気を読んだ発言で後押し。

中学生に空気を読んでもらう大学生も、ちょっと情けないですね。。。


まぁ、今週もっとも空気を読んだのは熊モドキですが。

ポジティブな流れを一気に叩き落す、見開き一杯のクマ。
あいかわらず目つきが怖いです。

器用にアキラを掬い上げ、マウントポジションをゲット。

そして、アキラの攻撃を喰らう。
ボブサップばりの打たれ弱さで、しばらく行動不能に。

弱点露呈で狼王に反撃を許し、狼vs熊の戦いは形勢逆転。

気がつけば、またしてもアキラたちを救う形となった狼王。
結構相性がいいみたいですね。
初登場時は絶対脅威になると思ったんですが、これは意外。


狼集団のおかげでまたしても危機から脱したアキラたち。
しかし、その裏でコトミさんが、飛んできた石にあたり大怪我。

石なんか飛んでくるような状況だったのか?
っていう疑問がありますが、物語はいよいよ絶望の舞台へ進みだしてきました。

| エデンの檻 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ50号【ひとこと感想】

・NARUTO
サクラって一体何がしたかったの?

・ワンピース
白ヒゲの死亡フラグは男の花道です。

・黒子のバスケ
この前バスケを久しぶりにやったら足首痛めました。

・銀魂
新八は式神として役立つの?

・ブリーチ
マユリ様はブリーチ一のツンデレですね。

・いぬまるだしっ
清原なたねちゃんを生み出した多賀さん(11歳・女の子)の才能に嫉妬。

・ぬらりひょんの孫
なんとかリクオの見せ場は残りました。

・サイレン
グラナ強い。

・家庭教師ヒットマンREBORN
これまでとは一味違いそうだ、バーロー。

・こち亀
この設定がしばらく続くの?

・バクマン。
蒼木嬢フィーバー炸裂中。

・保健室の死神
そろそろ映画館に行きたい季節。

・べるぜバブ
そういえば最近WWEをめっきり見なくなってきました。

・わっしょい!わじマニア
打ち切りらしいですね。

・めだかボックス
内臓取る意味あったの?

・スケットダンス
2問目、3問目は分かりました。

・賢い犬リリエンタール
掲載順位が気になるポジションに・・・。

・あねどきっ
べたべたですねー。

・鍵人
田中靖規先生。お疲れ様でした。

・ピューと吹く!ジャガー
ポギーさんイズくれいじー。

| ジャンプ感想 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ】ねこわっぱ!【新連載】

読みきりで好評を得ていた松本直也先生ねこわっぱ!」が新連載で登場。

たしか読みきり時は、ただの神社のお拾い様だったタマも、神様というポジションまでグレードアップ。
なんとなく世界観が広がった気分です。

身内の化け猫(連載で神様にクラスアップ)三人組、特に親父はあいかわらずいい味を出したまま。
第一話ではまだ本筋に絡んでいないけれど、またダンディな活躍をしてくれると期待しています。


タマの方は、神様にはなったものの、やってることは大体おなじ困った人を助けるポジション。
やっぱり見ていて「ドクタースランプ」を思い出してしまいます。

とはいえ、猫の神使を使役していて、またその猫たちが気になる気になる。
任侠っぽい猫だったり、アウトローな猫だったり、発明家みたいな猫だったりと、彼らだけでもお話が作れちゃいそうな勢いです。

第一話の活躍はタマに譲ったものの、彼らが主役となる日もそう遠くはない?

新連載では他にもツンデレな金持ち君とその子分がいたり、後々のバトル展開を匂わす設定を持ってきたりと、連載作品にむけてかなり準備してきた感じです。

| 新連載一話読み | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン49号【感想】

ダイヤのA
強気強気強気の内角攻めで、見事に成宮から三振ゲット。
最後の1球、内角低めの要求に対して高めに浮いちゃったのはなんとも栄純らしい。

まだまだ未完成の左腕ながら、闘志溢れる投球で、このピンチを脱しそうな勢いです。
久しぶりに、主人公スゲー!な展開に胸が弾んじゃいます。


我間乱
道に迷っているうちに、鏡千流も決着し、日も暮れて、何がしたかったのか分からないまま話が進むかに見えた大亀流の残りの二名、一之瀬善丸桜真之丞

暗殺者に狙われた直善を助けるために、かっこいい登場機会が用意されていました。
よかったね。

相手はわりと雑魚っぽいので、特に苦戦することなくズババッと殺っちゃうんでしょうね。

それにしても、直善の部下はちょくちょく殺されてますが、人手は大丈夫なのだろうか・・・。


GE~グッドエンディング~
エリの件も無事解決して、先輩からも意識されまくり、黒川ユキの心の傷も垣間見え、いよいよ内海くんの「グッドエンディング」へのルートが光照らされてきました。

読切時はどんでん返しを巻き起こした内海くんだけど、この調子で行けば先輩ルート確定かな。
さすがに、この状況からユキに乗り換えたら、晶先輩が気の毒だしね。

そんでもって、次はユキの新たな恋がテーマかな?
これから世界観がどんどん広がっていくんでしょうねー。


ベイビーステップ
試合中にもドンドン進化し続けるエーちゃん。
やることはかなり極端だけど、一つ一つの行為を無駄にせず、しっかり結果に結び付けていくのは本当にすごい。
是非とも見習いたいものですねー。

来週号は休載。いいところだけにかなり残念です。。。


ティジクン
洒落になってきた唐突な展開。
亮の「ねじ込んで引く」突きはいいとして、その後の友寄摩利と名乗る女の子の突きで、元力士の巨漢が塀を越えるほど吹っ飛ぶっていうのは、ちょっと・・・展開も吹っ飛んできた気がします。

原作は空手家で、塾講師な横山雅彦先生で、結構リアル系と思っていましたが、どうやらこの漫画の方向性に対する認識を改めなければならない時が来たようです。(遅い?)


ぷあぷあ?恋忍
「だぶるじぇい」の作者急病のため、急遽代原として掲載。
たぶんのなーが落としたんでしょうね・・・。

コンノトヒロ先生が別マガで連載しているようですが、初めて読みました。
内容は・・・、最近流行ってるオチのない四コマですね。。。

恋忍」も高本ヨネコ先生が別マガで連載しているらしい四コマ漫画。

この二作品だけ「まんがタイムきらら」を読んでる気分になりました。
あ、でも連載しているのは「別冊少年マガジン」ですね。失礼いたしました。

| マガジン感想 | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】少年と狼王【44話】

先週のキレイな死亡フラグによって、熊モドキに襲われたりおん。
助けようにも、熊モドキが立ちはだかってなかなか思うように行かないアキラ。

その影で、元モブキャラという特性を活かして熊モドキをやり過ごした鈴木くん。
ああ、そういやいたね。彼。

どさくさに紛れすぎて、存在が希薄化していた鈴木くんだけど、早速持ち前のクズッぷりを発揮して存在感をアピール。

さっくりアキラを追っ払い、この危険地帯で××。
りおんピーンチ。



一方、小物である鈴木くんに体よくあしらわれてしまった主人公・千石アキラ。
ザジの一喝で、何とか自分を取り戻すものの、馬みたいなスピードの熊モドキには歯が立たず。

この熊モドキ、まだ名前がわかんないけど、かなりの大活躍です。
名前はないけど、アキラたちを歴代最高に苦しめているかもしれないくらい。

ああ、これで名前が分からないのがもどかしい。
こんなときに、真理谷がいてくれれば・・・。

生徒会長の山口くんもがんばってはいるものの、やっぱり少し物足りなさを感じてしまいます。


そんな山口くんの今週の活躍は、アキラたちの窮地を偶然にも救う形となった狼王について。

狼王ロボ」。
シートン動物記に登場する有名な狼のお話。

賢い狼が家畜を荒らす。
 ↓
シートン駆除開始。
 ↓
なかなかつかまらないから、嫁さんを拉致して罠を張る。
 ↓
駆除成功!


なんだか、すごくシートンが悪い奴なお話です。
後でシートンも後悔するらしいんですけどね。。。

そんな「狼王」をモチーフにした狼が、身ごもった雌のために命がけで戦う姿を見て、アキラも少し感化されちゃいました。
早速、りおんの元へ駆けつけ、いきなりパンツから脱がそうとする鈴木くんに正義の鉄拳制裁。
そして、「俺の女に手を出すなー」アピール。

後から駆けつけたザジたちには聞かれなかったけど、りおんにはバッチリ聞かれた感じです。
これは雨降って地固まるレベルの話じゃなくなってきましたね


りおんも救出し、士気高揚とするアキラたち。
だがしかし、まだまだ章の始まりに見せた、あの光景は来ていない。

これからが、本当の地獄の始まりか?

| エデンの檻 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ49号【感想】

バクマン。
蒼木嬢のターン。
そして、シュージンがモテ期に突入。

見好のことは置いておいて、漫画家として蒼木嬢と手を結ぶことになったシュージン。
中学のときに喧嘩別れのような感じになって、疎遠となっていたものの蒼木嬢とつながりを持った岩瀬愛子。
彼女もまた、小説家として創作の道を志していているみたい。

近いうちにまた一波乱起きそうな予感です。


サイレン
徐々に形を成してきたW.I.S.E。
サイレン世界では凶悪な敵だった彼らも、現代で見てみると結構人間味がある連中のような気がしてきました。

これは、また未来に行ったときの話が楽しみです。
そして、未来での行動で、現代が変わっていくのが楽しみ。

楽しみが楽しみを呼ぶ、素敵なサイクルに入ってきました。


スケットダンス
ボッスンことサムライと、姫子のプリンのオフ会は想像通りのドタバタ劇。
姫子がわざわざ黒髪にしてきたあたりに、彼女の意気込みが伺えます。

やっぱりこの二人は相性ぴったりだね。


保健室の死神
かなりのHENTAI病魔が出現したかと思ってましたが、結局シンヤが一人で解決。
二つ名の返し刃は伊達じゃない。

妹尾龍黄は最後にまさかの転校。
また強烈な新キャラが増えましたねー。


賢い犬リリエンタール
こちらも解決。
そして加害者?は新キャラクタとして、新たな居候に。

なんだか日野家もかなりにぎやかになってまいりました。
しかし、今回も日野兄の影は薄かった。ていうか、登場さえない。。。

このままだと、どんどん埋没していきそうな悪寒。


AKABOSHI
24話にして打ち切り。。。
作画はかなり綺麗で、初登場のときはかなり期待していたのですが、残念です。

私見ですが、
1.登場人物の個性についていけなかった。
2.話の構成が唐突で、さらに構図が見づらかったため、何をしてるのかが分からなかった。
てな感じで、私同様、気がついたら読み飛ばしていたって言う人も結構いたのかな。
(私は気がついたら読んでました。でもついていけない感はアリ・・・)

水滸伝ってテーマは、封神演技っぽくて、結構いいネタだったと思うんですけどね。
如何せん、もう済んだことです。。。

とりあえず天野洋一先生お疲れさまでした。
次回作に期待しております。(次は原作付?)

| ジャンプ感想 | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【天地人44話】哀しみの花嫁

徳川は本多家よりやってきた本多政重は期待通りの冷めたお立場。
そんな政重改め、直江勝吉に最期まで通じることの出来なかった長女・お松は、まさしく「哀しみの花嫁」。

なのだけど、その裏でひっそりと消えていった次女・お梅の扱いの悪さにびっくりです。
兼続の子どもは三人で、決して多くはない中で、特に何するわけでもなく、病没したお梅。

史実でも何も変わったことはなかったにせよ、家族愛を語るこの大河にて、一言で片付けられちゃった彼女は少し気の毒です。。。


本筋のほうは、ついに徳川秀忠に将軍職が譲られ、豊臣家の終焉が近づいてきました。
次回は「大坂の陣」。

「天地人」最後の合戦が幕を開けようとしています。

上杉家の活躍もさることながら、真田幸村がどう描かれるのかが一番の楽しみです。

| NHK大河ドラマ | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。