ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】さよならせんせい【40話】

世界のルールに従い、「学校」を破壊しつくすアキラ。

なんだ壊す必要があったのか、前回はピンとこなかったのですが、要するにこの学校では安心できない。
それをみんなに気づかせるための、体当たり演技ってことだったんですね。

なるほど。
確かにいわれてみると、確かにそんな気がする不思議。

しかし、その次の超推理には、さすがの私も解せない雰囲気。
「学校」があることにメリット + 複数人 = 先生?

ちょっぴり強引だね。
まるで金○一少年の推理のようだ。
ってあれ、それじゃ別にマガジンでは問題なしか。
なら、よし。

推理の過程で、生徒会長山口くんのみんなを想う気持ちや、自らの弱さを認める器量などが垣間見え、普通にいい生徒会長だったのだと、株がちょっぴり上昇しました。

エデンの檻」での純粋悪は今現在向田さんのみ。
っていうのが私の感想です。(→12話・逆襲の向田


一方の大人連中は、繰栖先生を除いてロクな奴がいない。
っていうか、ロクな死に方もしていない方ばかり。

今回の真犯人、先生×2も同様。

「10歳の子どもは趣味ではない。
 しかし、カワイイ女子中学生はオレらのもの。」


・・・なんだかすごい名言のような気がしましたが、文に起こすとそうでもなかったです。
ミイナ(偽)は男の娘でしたが、「10歳は趣味ではない、さらに男ならばなおさらだ」っていう先生方の弁を信じれば、仮に女の子でも変なことはしない感じです。

まぁ、それが普通ですけどね。。。


ということで、この先生方お二人も、結局最後に醜態を晒し、真理谷に天誅を下され「学校」追放。
たぶん外のオオカミの群れにやられちゃうことでしょう。


ということで、ひとまず解決。

「学校」のみんなもアキラの行動力に惹かれて仲間となり、人数も増えていよいよ国家建国の下地が整いつつあります。

とはいえ、人がいてもルールがまだなく、現時点ではごっこ遊びの域。
本当の困難は、次の章ではじまる!

と思ってます。


そういえば、ロリコン・杉政くんは、先生を軽蔑の目で見るシーンで登場しませんでしたね。
他のシーンではモブで出てたのに、一体何故?
少し勘ぐりたくなります。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。