ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋の困った蟲

今年の秋はカメムシが多いようです。
そして、我が家もまた然り。

家に帰るとまず行うことは、手洗いうがい、そしてカメムシチェック。
壁を見、窓を見、天井を見て、カメムシが居ないかどうかを徹底チェック。

部屋でくつろいでいるときに、「ブーン、ガシャッ」と現れると、すごく不快なので出来うる限り見つけ出してジェノサイドしておきたいところです。

私の駆除方法は、主にガムテープで背面を捉えてそのまま密封、ゴミ箱直行便です。
布とかの足場がしっかりしてるところにいると、粘着力が負けてしまいますが、そのときは「ムカデコロリ」で瞬間冷殺。

しかしながら、一匹一匹殺していてもなかなかキリがない今日この頃。


なにかいい方法がないかとネットでチェック。

私たちの身の回りで問題となる虫,害虫の駆除方法や生態を紹介するサイト「虫知識.COM」
すぐさま発見。さすがGoogle先生。

以下、「虫知識.COM」様より抜粋。
≪カメムシ殺虫剤について≫
1)広い範囲(建物や外壁など)には
・・・ 水で希釈するタイプの殺虫剤が有効です。

2)細かい部分 (窓枠やドアの隙間、換気口の周囲など)
・・・部分処理には スプレー式の殺虫剤が便利です。

3)直接、カメムシを駆除する場合
・・・ スプレー式の殺虫剤を使用してください。

※植物への殺虫は「農薬」と記載されている殺虫剤のみ使用可能です。
「農薬」と記載されていない殺虫剤は植物に止まっているカメムシ駆除には使えません。農薬登録されていない殺虫剤を植物に散布すると、草木を枯らすなど悪影響を及ぼす場合がございます。



なるほど。
壁に殺虫剤を振りまいていればOKなのですね。


そういえば、6年ほど前にてんとう虫が大量発生したときも、主な発生源に殺虫剤を散布したら収まったことがありました。意外と答は近いところにあった?



ちなみに地元ではカメムシをガイザと呼びます。。。
カメムシはなぜ群れる?―離合集散の生態学 (学術選書)カメムシはなぜ群れる?―離合集散の生態学 (学術選書)
(2009/10)
藤崎 憲治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 雑記 | 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン48号【感想】

ブラッディマンデイ
親父のスパイ大作戦に続いて、藤丸も隠し玉。
敵を騙すにはまず味方から。ってことかな。

この場合の敵。
たぶん誰かに監視されている可能性があるから、普段はさっぱり出来ないフリをしているのでしょう。

誰か・・・。

同じ喫茶店のバイトの子が妙に怪しい。
・・・気がしてます。

前期も敵は身近に居たことだし、今回もまた然り?


ダイヤのA
丹波無念の降板。
しかし、その去り際に「漢」を見せ付けてくれました
かっこいいよ、丹波先輩。

そして主人公・沢村栄純の登板。

これ以上の失点は絶対に許せないなかで、好打の成宮を抑えることが出来るのか。
きっと抑えちゃうんだろうけど、熱い投球が待っていることは必至

久しぶりに主人公らしい活躍が出来ることを楽しみにしています。


GE~グッドエンディング~
意外にも、色仕掛けで内海に迫ったエリちゃんはいい子でした。
ちょっぴりそんな気もしないではなかったけど、少し肩透かし。。。

結局内海とも分かり合え、仲良く手を繋いで告白に。
って、なんかすごい光景です。

いきなり男と手を繋いで女の子が告白に来たら、すごく怖い。

廊下も爆走中だし誰かに見られているだろうから、きっと影で噂にもなってるでしょう。
そんでもって、体育倉庫での未遂行為。
どう考えてもこれはマズイんじゃないのか・・・。

それでいいのか?内海。

だけど、裏で晶先輩が内海をかなり意識しちゃってるから、結果オーライ
なのかな。。。いいのかな。。。


我間乱
強力すぎる味方と、更なる成長が期待される我間。
大亀流に死角なしです。

一回戦でも我間一人で大活躍だったのが、二回戦は×4の実力。
これらと互角にやりあう敵が現れるということは・・・。

ほんのりインフレの予感。
鏡千流は潰れてもう出ないにしても、天幻流や中泉流の猛者たちの復帰は絶望的?

長刀の天幻流とか結構好きだったんですが、どうなるんでしょうね。
かなりの確立で出ないとは思っているのですが。。。

とりあえず、次の敵はどんな得物を使うのか
そこも気になる一つです。


波打際のむろみさん
今週もかなりのナンセンス。
そして安定感。
むろみさんは相変わらずかわええのー。


ベイビーステップ
タクマに狙いを絞られ、攻撃の幅が一気に狭まってしまったエーちゃん大ピンチ。

最近のテニスはパワーが物言う世界になってきてますし、これはかなりリアルな展開。
と、たまーにしかテレビでテニスを見ないど素人の私が言ってみる。

それにしても、エーちゃんはどうやってこの壁を越えるのか。
このまま一方的にやられて終わるエーちゃんはもう居ない


ティジクン
会長副会長コンビはもう何でも来いですね。
この学校平和だなー。

赤沢亮=ティジクンが副会長にもバレたのは仕方が無いとしても、最近のティジクンさんは露出が多いです。
これだとすぐに広まってしまいそうですが、案外学校の連中にはバレないのはが不思議なところ。
しかし、バレるときはかなり楽しみな展開。鉄板だけど、期待せずにはおられません。

関取崩れ相手に軽いパンチは効かないけれど、一体どうやって倒すのでしょう。
これまでのようなワンパンKOはもうないのでしょうね。

| マガジン感想 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】死亡フラグ【43話】

前門の熊、後門の狼。

月光仮面はここには居ない。

大ピンチなアキラとその一行。



手長クマ相手に、かなり善戦中のオオカミたち。
流石はオオカミ。
赤カブトにだって勝てそうなこの勢いと統率力

そんなケモノたちの隙をついて、りおんが割れ目を発見。
入り口が狭いからクマは入ってこれなさそうだけど、オオカミが来たら危ないんじゃないのかというのは気にしない。

とりあえず皆が一目散に逃げ込む中で、さり気なくレイさんとコトミさんを救うアキラ。
どさくさに紛れてレイさんの腰に手を回したりコトミさんを思いっきり抱きかかえたりレイさんから素敵なご褒美を貰ったりコトミさんにトオルさんから乗り換えられたりと、今回も主人公を驀進中です。

コトミさんは、すっかりスケキヨ化するほどの重傷を負ったトオルさんを忘れてアキラにご乱心。

一方のトオルさんは、嫉妬に狂うのかと思いきや、未だに冷静。
ダースベイダーよろしく、息をコーコーしながら、何かを考え中。

前回はアキラを助けてくれたから、いい人っぽい印象だったけど、予断は許せません。

この二人、かなり怪しいです。


それに比べての大黒レイさん。
大森さんとは違ったタイプの天使。
この人が実は悪人だったというオチなら、私はその夜泣きながらブログを更新するでしょう

まぁ、そんなことはありえないでしょうけどねー。


一方地味に行動中の鈴木くん。
アキラに対するりおんの嫉妬をいち早く感じ取り、素早く仲を引き裂こうとしてますが、
どう考えても当て馬です。お疲れ様でした。



雨降って地固まる。の言葉どおりに、少し雨に打たれて頭を冷やしたりおん。

すっかり冷静になって、「(この窮地から)戻ったら、二人だけの時間を作ろう!」
と、本来の自分を取り戻し、物思いにふけっちゃいました。

「俺 この戦争が終わったらこいつと結婚するんだ」
の応用ですね。

これはなんともキレイな死亡フラグ。


見開き2ページを使ったクマもどき3体のキ○ガイ染みた表情が、芳ばしい絶望を匂わせています。

これはもう駄目かもしれない。


この章最初の倒れた二名は、アキラとりおんなのか?

かすかな希望として、颯爽とトオルさんがりおんを助けている光景を思い描いています。
トオルさんは、思いっきり悪か、ものすごく正義かのどちらかしかない役どころ。

今回は人為的なものが、あんまりなさそうなので、正義を貫いてそうな気がします。
怪しいことは怪しいんだけどねー。



りおんを救いながらも倒れるトオルさん。
その身を案じ、泣き叫ぶレイさん。
冷たい視線を後ろから送りつけるコトミさん。


なんだか素敵な光景です。

| エデンの檻 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ48号【感想】

ワンピース
「ルフィVSミホーク」
と銘打たれてましたが、完全にミホークの圧勝ですね。
グランドライン前にあってから、ルフィもかなり実力を上げましたが、まだまだ世界最強の壁は遠いです。

だけども、バギーが思いのほか奮闘してましたねw
バラバラの実の能力は剣士系には相性がいいみたい。

最終的にミホークはルフィの本当の力が「周囲を味方につける」ということに結論付け。
確かに主人公としてそうだろうけど、今回の戦いは役者が多すぎて逆に目立たなくなってきてる感あり。

ラストの「くま」部隊出現で、白ヒゲ一味の敗北色が出てきました。
世界政府恐るべし。


トリコ
ゾンゲさんは愛すべきバカ。
トリコはなんだかんだ言いながらゾンゲを助けてるし、なかなかいいコンビです。


スケットダンス
引き続きのメル友ネタ。
二人に挟まれたスイッチの心境がよく分かります。

それにしても、スイッチ。
学園の生徒が運営してるブログをほぼ把握って、どれだけヒマなんだろう。。
そして、すごく怖い。


保健室の死神

姉四人に囲まれて、天国のような地獄の生活を送る妹尾龍黄くん。
これぞまさしく「あねどきっ」生活

病魔に侵された姿はほんとに嫌。
掌に掲げたモザイクの塊を一瞬ウ○コかと思ってしまった、精神年齢小学生な私。

長女の亀花の姿を見る限り、ただのモザイクの結晶みたいですね。焦った焦った。

これを機会に、龍黄くんの扱いがよくなるといいですね。
そしてほんとの「あねどきっ」な生活に・・・。


ぬらりひょんの孫
ゆらちゃんがいつの間にか最強の陰陽師に。
「式神破軍」によって十三代目まで召喚しちゃって、リクオの出番がどんどん遠ざかっていきます。

あれ?魔魅流くんは何処にいったの?


| ジャンプ感想 | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【天地人43話】実頼追放

兼続の上杉家の身売りとも考えられる行為に我慢できなかった弟・大国実頼。
分からないでもないですが、確かに今回の責任は実頼にあり。

ウィキペディアとか見てると、兼続が実頼と養子で揉めて殺そうとしたけど、危機一髪高野山に逃げました。って書いてあったけど、兼続も結構苦労してるのだなー。
っと、天下を統べる徳川組のヤクザ連中を相手にしてるところを見て思いました。

今週は遠山さんの出る幕無し。


関ヶ原が終わって敗戦国となった上杉家には世知辛い世の中で、暗い話が続いてます。
松の結婚で少し明るくなるかなと思った矢先の、予告で松倒れる。

今週は開墾の話くらいしか笑顔が無かった気がします。。。

| NHK大河ドラマ | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DARKER THAN BLACK -漆黒の花-【第一巻】

キャラクタ原案の岩原裕二先生の手により、待望の漫画化をされてから半年近く。
ようやく、DTB 漆黒の花」のコミック第一巻が発売されました。

掲載誌は最近よく頑張っている「ヤングガンガン」ですが、雑誌自体は購読してないので、漫画の中身を読むのはこれが初めて。

一体どんな風に「DTB」が描かれているのか、期待と不安でドキドキドッキーン。


一番期待してたところは、岩原先生の作画。
っていっても、岩原作品で読んだの「いばらの王」だけなんですけどね。

まぁ、それはさておき。

作画の線が力強くてトーンをほとんど使わない岩原先生の個性が残りつつ、そこに描かれているのは確かな「DTB」。

未咲さんや、銀ちゃんといった女性陣はチャーミングに。おっさん連中は渋く。
戦闘シーンは勢いよく。

作画面では十二分の出来で、買っててよかった「漆黒の花」。



さてさて、作画はこれくらいで、もっと肝心な物語の内容ですが。

舞台設定はアニメ一期と同じ東京。
時間軸は、一期と二期の合間に起こった「黒い花」を巡る事件。

どうやらパラレルワールドとかの類ではなく、キッチリとしたシリーズ作品の模様です。
ってことは、アニメが今ああなっているから、今後それに繋がる重要な設定が描かれちゃったりするのかな。
なーんて妄想が尽きません。

特に、アニメ二期ではどこか遠くの警察署に飛ばされちゃってた未咲さんが、まだ四課にいたりしてるので、漫画版で何か大きなことをやらかしてしまいそうな予感大。
アニメ一期でも結構やらかした感があったのに、まだ四課に残れていたってことは、それ以上のことをやるのかな。

それにしても、この未咲さんは可愛すぎです。
DTB」の真のヒロインは未咲さん。異議は認めます。


黒は「トーキョーエクスプロージョン」後から色々な方に命を狙われつつ、銀ちゃんと二人で行動中。
「組織」からの支援が無くなって、仮面の在庫を気にしてたりと、かなり苦労してます。

アニメ二期序盤でつけてた仮面は、どうやら最後の一枚だったんだね。
どんだけ仮面のストックがあったんだろ。
かなり壊しちゃってる印象があるけど、二年も持ち続けてたんだから、相当あったのでしょうねー。
鞄に何枚もの仮面を入れて移動してる黒。なんだかキュンときちゃいます。


物語はまだ始まったばかりで続きが気になるところですが、二巻が出るのは4、5ヶ月先。
待ちきれないですが、その頃はアニメ二期もちょうど終盤かな
DTB」熱が、まだまだ続きそうな下半期です。




DARKER THAN BLACK ~漆黒の花~ 1 (ヤングガンガンコミックス)DARKER THAN BLACK ~漆黒の花~ 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/10/24)
岩原 裕二BONES

商品詳細を見る

| コミックスレビュー | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ブラインド派?カーテン派?」

久しぶりにトラックバックテーマに参加。

今回はブラインド派か、カーテン派かってことみたいですが、私はカーテン派ですね。
部屋が和室なので、ブラインドは絶対似合わないですw

カーテンの色は明るめにしておいて、部屋に居ても気が滅入らないようにしてます。
でも、そろそろカーテンも模様替えしちゃおうかな。。。


FC2トラックバックテーマ  第837回「ブラインド派?カーテン派?」


| 雑記 | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

図書カード

会社で貰った1000円分の図書カード。

即効で使おうと思ったら、書店でエラーが発生。

店員さん「使えませんね。裏に書いてるところに送ってください。」

使えない?
機械が悪いんじゃないの?

そう思って、別の書店で再度トライ。

店員さん「使えないみたいですね。裏に書いてあるところに送ると、何かしてくれますよ。」


てことで、仕方がなく「日本図書普及株式会社」に使えないと言われた図書カードと、エラーが記載された利用記録、あと一筆啓上して送付したのが先週の土曜日。

そしてそれから5日後の本日木曜日。
早々と新しい図書カードと、送付に掛かった80円切手が戻ってまいりました。

仕事が速いぜ。
「日本図書普及株式会社」。


で、この「日本図書普及株式会社」。
ちょっぴり気になって調べてみると、どうやら自分でデザインした図書カードを作ってくれるサービスがあるじゃないですか。(→注文制作カード

こいつはすごいぜ。

よくおまけとかでオリジナルテレカを貰いますが、それよりもこっちで造ってもらいたいです。
オリジナル図書カード。

自分で造るのは、ちょっぴり費用の問題で難しいけれど、いつか自分のデザインしたカードを造るような機会にめぐり合いたいものです。

| 雑記 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン47号【感想】

ダイヤのA
好投を続ける3年生エース丹波が、どうやって打ち込まれるのかと期待していましたが、軽い故障によるアクシデントによるもののようで、少しがっかり。。
確かに、エースとして開花した丹波が打ち込まれるようじゃ、栄純の出る幕は全くないですが、どうも釈然としないこの流れ。

ラストで丹波は完全に捉えられたようですから、投手交代は必至。
次は川上さんかな?
でも、川上さんまで打ち込まれると、ほんとに試合が終わってしまう。

どうする監督!?


ブラッディマンデイ
やっぱり親父は親父でした。
潜入捜査とはいえ、若干やりすぎなところもあります。
国家上層部は火野アレクセイってヤバめなおっちゃんを釈放しちゃってどうしてるんでしょう。

とりあえず、親父たち「Third i」の古参は、現「Third i」上層部とは中がよろしくなさそうです。
てことは、やっぱり新キャラたちは小物ばかりってことなのかな。

藤丸はまだまだヘタレモード。
まだもう少しヘタレたまま物語は進行していきそうです。


我間乱
大亀流と鏡千流も決着。
最後は自我を失った左近の兄殺しと、悲しい最期。

腕一本を失ったショックで自分を取り戻すかと、かすかな希望を寄せていましたが、結局最期まで獣
のままでした。
兄に人生を弄ばれた、作中一番の不幸な少年です。

それにしても、我間はこれまでの戦いで、雑魚連中はずばずば切り捨ててきましたが、大将格は手傷を負わせても止めを刺さずに終わらせてきました。

今後、その敵が再び出てくることを予感させ、ワクワク感が残ったまた進んできましたが、ここに来て左近は切り捨て御免。
一番若く、一番才能があったものがこうしていなくなる

考えれば考えるほど、切ない気持ちなってきます。。。

話のほうは、大亀流の兄弟子・伊織と合流した我間。
海原大仕合の二回戦に向けて、大きく弾みをつけました。


ベイビーステップ
意外とタクマ相手に善戦しているエーちゃん。
これはかなり意外です。

アメリカ留学のときのアレックス同様、圧倒的な力で攻めてくるタクマに対して、これまたアレックスのとき同様、コントロールで対抗するエーちゃん。

同じような試合展開だけど、こうしてみるとタクマの不気味さがかなり際立ってます。
1ゲームをとってもまったく押している気がしない。

やっぱりエーちゃんのライバルはタクマですね。

| マガジン感想 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】猛獣注意【42話】

「学校」の周りの探検に出かけて、3人の大学生に出会ったアキラたち。

いきなり「お願い」されちゃって、またとんでもなく面倒なことに巻き込まれちゃったのかー。
って思っていましたが、この三人。それほど悪い人じゃないみたいですね。


褐色の方のレイさんは愛想もよく、スケキヨ化したトオルさんに一途なご様子。
どう考えてもいい人と見て間違いなし

おしとやかな方のコトミさんは、いい人っぽいけど、少し影が残った印象。
まだ本心を見せてない感がします

スケキヨ状態のトオルさんは、コトミさんにゾッコンな様で、ザジに少し嫉妬の目を向けてたりしてまして、見た目同様ちょっぴり怪しめ。
だけど、ラストでアキラを救ったあたりいい人っぽい感じです。


では今回、一体誰が悪役であり、屑人間なのかと申しますと。
同級生の新キャラクタ・鈴木稜一くん

柏木さんという彼女がいながら、レイさんやコトミさんに色目は使うわ、りおんをマークしてるわ。
絶対なにかやらかしそうです



今回の章は、先週のアキラともう一名の危機が物語の始まりであり、現在はその回想。
本編のサブタイトルは「The start in end : 終わりの始まり」と、なんとも不吉なもの。

オオカミに襲われ、クマに襲われと、災難続きなアキラ一同ですが、これはまだまだ始まりに過ぎず、待ち受けるのは更なる絶望か

ダイヤウルフの扱いは、前章から結構かっこよく描かれていただけに、今週のクマはまさに想定外の危機。

四方八方猛獣塞がりだけど、これからどうやって切り抜けるのか?
って言いたいところだけど、これでアキラと「もう一人」が取り残されるなりして、他のメンバーとバラバラになっちゃうんでしょうね。

助けて真理谷くん。


それにしても、このクマ。
手が細長くて、ぶんぶん振り回す姿は結構気持ち悪い。
目もかなり逝っちゃってますし、危険危険。

だけど、その真の名は今のところ誰も知らない。。。

教えて真理谷くん。

| エデンの檻 | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ47号【感想】

バクマン。
カラーでいきなり作中人気投票の結果発表。
これの読者コメントっぽいのって、誰が考えたの?

本編はダメな編集者につぶされる漫画家のお話。
と、自分本位な作品でダメになっていく漫画家のお話。

大見得を切って始めたダブル読みきりは、両方とも肩透かしを喰らった結果となり、「やっぱり漫画家と編集者が力を合わせて面白い作品を作るんだね」っていう流れになる気がしてます。

今回の一番の被害者は新連載で滑りかけてしまった元アシ高浜昇陽さんですね。
お気の毒に。

逆に中井さんは高浜のアシで加藤さんと知り合い、蒼木嬢のことは振り切れそうな予感。
っていうか、中井さんの立ち居地はこういうところなんですね。。


トリコ
いつまでトリコはリーゼントでいるのでしょう。
そう思ってたら、ラストでリーゼントは崩れちゃってました。
なんてことないね。


賢い犬リリエンタール
てつこのお友達の双子が登場。
最近の漫画は、歳のわりに若い見た目なのが多い中、まったく小学生に見えないてつこたち。

私の目が穢れれいる為?

内容は、おなじみリリエンタールの超常現象。
連載当初はこの能力をどう扱っていくのかと思ってましたが、こういう風にしていくんですね。
なんとも日常非日常。ほのぼのです。


保健室の死神
某アニメのエンドレスな8月が若干トラウマとなったのか、今回のループシナリオに、とてつもない恐怖を感じていましたが、なんなく解決してほっと一息。

藤が気づき、花巻さんが自分で乗り越えるというとってもキレイなまとまり方。
ハデス先生は影が薄いお話でしたね。


こち亀
マツダコスモをハイブリッドに替えちゃうなんて・・・。
ロータリーっ子は燃費やエコなんて考えていませんっ。


スケットダンス
メル友でござるの巻。
徐々に嵌っていくボッスンの描写がすごい。
相手が姫子なのは、今までの傾向から想像できてましたが、コマちゃん本人ならもっとよかったと個人的感想。


めだかボックス
すっかりバトル漫画に。
独自に開発した数値言語しか分からず、日本語が通じない雲仙冥加は、いったい日常生活をどうやっているのか・・・。

数字をごにょごにょ言い合っている二人の周りの生徒たちは、そこだけスルー。
この学校の生徒たちも十分アブノーマルです。

| ジャンプ感想 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【天地人42話】将軍誕生

今週はあんまり話は進まずに、内容も暗めの構成。

景勝の奥方・菊姫の死と、兼続の病弱息子・竹松の生。
「命って大切だね。」っていう演出が、どうもしっくりきませんでした・・・。


まぁ、内容はさておき。
遠山さんは相変わらず徳川の幹部扱い
すごいよ、遠山さん。

全く優秀な素振りがないというのに、一体どうやってあそこまで出世できたのか。
天地人」最大の謎です。

っていうか、あれって本当に遠山さん?
毎回悩みますが、あの眉毛は遠山さんで間違いないですよねー。


ちなみに遠山さんの本名は「遠山康光」。
どうでもいいですかねー。
Wikipedia「遠山康光」

さらに、どうでもいいですが「Yahoo知恵袋」にも遠山さんに関する質問があったのでリンクを張っておきます。
「天地人」螢雪次朗さん演じる遠山康光は関が原前に死んでるはずなのに昨夜のドラ...

ほんと、どうでもいいんですけどねー。

| NHK大河ドラマ | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン46号【感想】

ブラッディマンデイ
久しぶりの連載再開。
「24」を意識した作りは相変わらずで、タイトルもずばり「Season2」

サブタイトルの「絶望ノ匣」ってなんだか、京極夏彦先生の「魍魎の匣」に語感が似てるよね。

前回から結構時間が流れて、藤丸も高校を卒業し、立派な浪人生の模様。
ハッカーとしての自分の能力が引き金となり、周囲の人を巻き込んでしまったトラウマから、現在はパソコンには触らず、ハッカー休止中。

要するに取り得のない浪人生。。。

バックヤードで話が進んでいたらしく、気がつけば親父はテロリスト。
今回は結構ガチっぽい悪役加減。
と、思わせておいて実は潜入捜査をしてましたー。
ってオチもあり得るので、まだまだ親父は信用ならないです。

どうでもいいけど、「THIRD-i」の新キャラたちの小物臭がすごい。


ダイヤのA
息詰まる投手戦。
苦戦する青堂ナインを元気付ける栄純を見て、そういえば主人公って栄純だったんだなー。
なんて思い出す今日この頃。

このまま丹波さんが頑張ると、本当に栄純の出番がないです。
だけどこれ以上点を取られると試合自体がやばいジレンマ。


ゼロセン
軍服に外套、そして帯刀姿で乗馬。
なんともモダン溢れるこの光景。
さすが加瀬先生。よく分かってらっしゃる。


我間乱
まさに捨て身の一撃で、見事に左近の右腕をバッサリ切断。

流石の左近もこれで撃沈かな。
しかし、まだまだこれで逆にブチ切れる可能性も捨てきれない。

だけどまぁ、しれっと大亀流の仲間が登場したし、上手いことまとまりそうな予感です。


ティジクン
これまでは、結局のところワンパンでKOしてきた亮だけど、そろそろ危険。
モデルの知花朝錬が、まさかここまでとは・・・。

ダーオ君とか、見せ場なくやられちゃってるし、雷撃電飛もかわされちゃうしでもう大変。
大変ついでに、さりない会話の中で、レンが「破壊と創造(クラッシュアンドビルド)」な謎の団体「CAB」を運営している発言が。

うーん・・・。若干おいてけぼり間が。。

でもま、久しぶりに会長副会長コンビも見れたし。
うん、いっか。


GE~グッドエンディング~
ベタベタ過ぎるお約束を乗り越え、内海とユキは急接近。
ほんと、ベタですねー。

続いて、「他人のモノほど欲しくなる」タイプっぽい困った系のエリがユキと寝たと思って内海に急接近。
内海の理性はどこまで耐えれるのでしょう。

| マガジン感想 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】千石アキラ探検隊【41話】

いきなり大ピンチなアキラ。
迫り繰るオオカミは、謎の人物のもとへ。。

って、いきなりすぎる急展開に一瞬と惑いましたが、話はすぐに事前へと移行。

「国造り」という作品の軸が出来上がり、少し話の持って行き方を変えてきたようですね。
たまにこういう演出があるのもいい。


で、話は戻って二日前。
怪我から無事回復し、ロリコン改め 真性HENTAI な杉政隆夫くんを新たな下僕と加えたミイナ(偽)。

アキラは心配ないって思ってるようですが、
  どう考えてもこっちの方が危険です

まぁ、それでも結構いい感じにやってるようですが・・・。
ミイナ(偽)の後遺症も、若干心配なところです。



「学校」の連中を仲間に加え、一気に人数が増えたアキラチーム。
かなりキャラが増えて、覚えるのが少し大変です。
杉政くんだけはしっかり覚えました。

しかし、有志を募った探検チームのメンバーは、ほぼ固定のアキラ、りおん、ザジ。
そして委員長の山口。
新キャラは鈴木くんただ一人という、ちょっぴり寂しい結果。

今回の章は、別段新キャラ紹介が主目的ではなかった模様。


またしても、厄介事を持ち込まれちゃいました。

いきなり出会い頭に「ちょっと手を貸してくれ」という大学生三人組。
どう考えても怪しすぎです。
これが冒頭に繋がるのはかなり納得ガッテンです。

褐色で露出度高めの大黒レイ。
おしとやかっぽい感じの河名コトミ。
どう見てもスケキヨ様な林西トオル。

この三人のうちの一人が冒頭の「あの人」。
本命は怪しさ一番スケキヨ様


一体この三人の頼みがどんなことなのか。
あんだか切羽詰った感じだけど、危険な匂いで一杯です。

| エデンの檻 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真・女神転生 STRANGE JOURNEY

おおよそ二年ぶりくらいに、DSのソフトを買いました。
先月は、アイマスやラブプラスと、色々と話題になったソフトが出て、そっちにも少し心が傾きかけましたが、結局買ってしまった「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」

メガテンシリーズ最新作。
登場悪魔は300体。
一度見ると忘れられないダサカッコイイパッケージ。

これぞまさしく、真3以来待ちわびていたメガテンです。


真3と比べると、グラフィック面で劣ってたり、舞台が東京じゃなかったりと、最初は本当に買うべきか否か迷ってましたが、やっぱり買って後悔まったくなし。

むかし懐かしの3Dマップをチマチマ進め、なかなか勝てない雑魚キャラに四苦八苦しつつレベルを上げ、お目当ての悪魔を合体組成。

悪魔との会話による駆け引きも面白く、やり始めると時間があっという間に過ぎてしまい、平日はなかなかやる勇気がでなかったりもします。


ということで、私の進捗具合はまだまだ序盤です。
いまはLowとDarkのどちらに進もうか迷いながら、時間を見つけて少しずつプレイ。

クリアまではまだまだ時間が掛かりそうですが、とりあえず一回目は攻略法は見ないでやりたい所存です。




真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)
(2009/10/08)
Nintendo DS

商品詳細を見る

| 雑記 | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ46号【感想】

保健室の死神
ループなシナリオ。

何度繰り返しても同じ結果の花巻さん。
そろそろ頑張りましょう。

藤しかループを自覚できていないけれど、このまま藤が一人で解決に導くのか、それともハデス先生が途中で気づいてくれるのか、はたまた藤がハデス先生に伝えて協力を願うのか。

どちらにせと、花巻さんが頑張ればおしまいなお話のような。。
頑張れ花巻さん。


ぬらりひょんの孫
ゆらちゃん久々の登場。
雪女と共闘で、普通に京妖怪を瞬殺。

京妖怪もピンキリのようですね。
強いのは上のほうだけで、雑魚もいっぱい。

ラストで陰陽師・花開院秋房らしき人が登場したけど、はやくもゆらちゃん大ピンチ。
リクオの登場は近い?


めだかボックス
コミックスがバカ売れ、打ち切りも無事回避。
絶好調といってもいい具合な「めだかボックス」。

たしかに、先週本屋さんに行ったとき、第一巻はすでに売り切れてました。
西尾維新先生の固定ファンが強いのかな。。

物語の方も、いろいろと設定が明らかになり、徐々にバトルモードへと移行中。
十三組の連中は、たしかにアブノーマルな方ばかり。

副生徒会長がどうのって流れはしばらくお預けですか。


| ジャンプ感想 | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【天地人41話】上杉の生きる道

会津から米沢への引越し。
石高縮小でも人員削減はなしのため、上杉家は固定費削減に必死。

ちょっとずつ小姓時代からのツレが減ってきてますが、そういえば泉沢久秀の子ども二人も、越後で農民となったはずですが、いまはどうなっているのやら。

結局今週は、家族間の問題が主題で、話は特に進展なし。
米沢は田舎だけど、前の城主は兼続だったって話は内緒みたいです。
そしてその更に前は伊達さんのところ。

田舎呼ばわりされてたけれど、城主はビッグネームが多い不思議な土地ですね。

| NHK大河ドラマ | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン45号【感想】

我間乱
どうやら左近があんな感じなのは、長男・龍五によって無理やり矯正されたための模様。
たった一晩にして、「怪物」左近を生み出すとは、龍五もなかなかのやり手ですね。

まぁ、ロクな死に方をしそうにないですが。

我間の方も、左近に対して命がけの勝負を挑もうとしており、どうやら左近の命もあと僅かな模様。
かわいそうな左近。。。


ベイビーステップ
エーちゃんとなっちゃんのラブコメを、タクマは絶対に許してくれなさそうです。
因縁の対決がついに実現しそうですが、はたしてエーちゃんはタクマに勝てるのか。

タクマは本気でやってくれそうだし、エーちゃんの更なる飛躍を目に出来そうですね。
最近の「ベイビーステップ」は、本当にテニス一色って感じです。


ティジクン
まさかの一挙二話掲載。
ふつうにさっきまで二話目に気づかずスルーしていました。。

ただでさえ展開の早い「ティジクン」が二話同時に読めるとなると、その展開の早さはまさに雷撃電飛
あっという間にジュードー編が終わっちゃいました。

普通にあっさり片付いちゃって、少し拍子抜けの感もありますが、展開は早いに越したことはない。
ってことで、オールオッケー。かな?

次回はティVSティ。
これまた一撃KOでサクサク進んじゃうのか。
それとも、そろそろ本当に苦戦しだすのか。
原作者の方が本職でないため、まったく予想ができません。


GE~グッドエンディング~
先輩ルートもある程度進んだところで、ついに黒川ルートへ突入。
ほぼ定番な流れで、互いに打ち解けたところでハプニング発生とまさにテンプレな展開。

こういう漫画に現実ではありえないっていうのは禁句ですね。


ツバサ
前回が最終回で、今回は特別編って聞いてたんですが、読んでみたら普通の最終回でした。
でもCLAMP先生にとっては、これはもう物語の別枠ってことなんでしょうね。

ヤンマガで連載中の「XXXHOLiC」はまだ続くようですが、最近読んでないのでいまどうなってるのか少し気になります。


あひるの空
万年一回戦チームの女子が、まさかの大金星。
現実でもよく、監督が変わるとチームも変わるってことがありますが、まさにそれです。

監督やり手だなー。って素直に思えて、試合もおもしろい。
負け試合しかなかったこの前と比べると、やっぱり勝ったほうが読んでて気持ちがいいと気づきました。


| マガジン感想 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】さよならせんせい【40話】

世界のルールに従い、「学校」を破壊しつくすアキラ。

なんだ壊す必要があったのか、前回はピンとこなかったのですが、要するにこの学校では安心できない。
それをみんなに気づかせるための、体当たり演技ってことだったんですね。

なるほど。
確かにいわれてみると、確かにそんな気がする不思議。

しかし、その次の超推理には、さすがの私も解せない雰囲気。
「学校」があることにメリット + 複数人 = 先生?

ちょっぴり強引だね。
まるで金○一少年の推理のようだ。
ってあれ、それじゃ別にマガジンでは問題なしか。
なら、よし。

推理の過程で、生徒会長山口くんのみんなを想う気持ちや、自らの弱さを認める器量などが垣間見え、普通にいい生徒会長だったのだと、株がちょっぴり上昇しました。

エデンの檻」での純粋悪は今現在向田さんのみ。
っていうのが私の感想です。(→12話・逆襲の向田


一方の大人連中は、繰栖先生を除いてロクな奴がいない。
っていうか、ロクな死に方もしていない方ばかり。

今回の真犯人、先生×2も同様。

「10歳の子どもは趣味ではない。
 しかし、カワイイ女子中学生はオレらのもの。」


・・・なんだかすごい名言のような気がしましたが、文に起こすとそうでもなかったです。
ミイナ(偽)は男の娘でしたが、「10歳は趣味ではない、さらに男ならばなおさらだ」っていう先生方の弁を信じれば、仮に女の子でも変なことはしない感じです。

まぁ、それが普通ですけどね。。。


ということで、この先生方お二人も、結局最後に醜態を晒し、真理谷に天誅を下され「学校」追放。
たぶん外のオオカミの群れにやられちゃうことでしょう。


ということで、ひとまず解決。

「学校」のみんなもアキラの行動力に惹かれて仲間となり、人数も増えていよいよ国家建国の下地が整いつつあります。

とはいえ、人がいてもルールがまだなく、現時点ではごっこ遊びの域。
本当の困難は、次の章ではじまる!

と思ってます。


そういえば、ロリコン・杉政くんは、先生を軽蔑の目で見るシーンで登場しませんでしたね。
他のシーンではモブで出てたのに、一体何故?
少し勘ぐりたくなります。

| エデンの檻 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トヨタハチロク

“ハチロク”の現代版「FT-86 Concept」 (CarWatch)
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20091006_319756.html


あの某走り屋漫画の豆腐屋さんでおなじみ、AE86の後継とされる車がとうとう発表されました。

FT-86 Concept
CarWatchより

なんだか見た目はMAZDAのRX-8っぽい面構えで、ハチロク?ってな印象ですが、これがトヨタの小型FRスポーツカー
トヨタがこんな車を出すなんて最近なかったことだから、うれしいですね。

来年はホンダがハイブリッドスポーツ「CR-Z」を発売するし、マツダは「RX-7」の新型を計画中だし、車選びが楽しくなる時代が、またやってきたような気がします。

デザイン的にはFT-86>CR-Zな気分。
気になるのはお値段がいかほどになるのかだけです。

・・・そんなにしないよね。

ちなみに、FTは「Future Toyota」の略で、「藤原豆腐店」じゃないらしいです。
でも若干狙ってたりしてね。

| 雑記 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンプ45号【感想】

ぬらりひょんの孫
遠野で仲良くなった連中を引き入れ、一気に京都へ。
かと思いきや、いったん奴良組に帰還。そりゃそうか。

奴良組と遠野の掛け合いは、どたばたながら結構楽しめました。

が、やっぱり今週最大の見せ場は宝船の登場ですね。
遠野では「落ち目」と言われてた奴良組も、実はまだまだ底力ありまくり。
読んでいてワクワクしてくる流れでした。

京都では清十字団のお友達が危機に面している真っ只中ですし、次回こそいよいよ京都へ行くはず。


あねどきっ
あいかわらずな河下水希先生。
お約束過ぎるのもあれですが、お約束を楽しみに読んでるので無問題です。

しかし、洸太とちあきが雨宿りで店にいただけで、デートと勘違いするお友達ってのはちょっと強引すぎた感が・・・。
あ、ていうかちあきはちゃんと学校に通ってたんですね。
当然といえば、当然ですが、姉が姉なだけに少しオドロキです。


賢い犬リリエンタール
今週もほのぼのとしたリリエンタールワールドで癒されます。

町の人のリリエンタールに対する反応とか、まぁ細かいことはどうでもいい。
とりあえず世界は平和です。

てつこは町一番の常識人
そんな気がしました。

今週は一件、リリエンタールの過去が明かされましたが、ちょっぴり暗め。
石のゆかで寝かされてたというリリエンタール。
結構、日野父の扱いが酷かったのかな。研究対象としてしか見ていなかったとか。。


スケットダンス
Jソン先生再来。
前回と同じくお見合いネタながら、勢いだけで突っ走りゴールイン。

Jソン先生のお相手の女性が気の毒です。。
そして、Jソン先生はさらにお気の毒。

まぁ逮捕されなかったことが、不幸中の幸いってやつ?

| ジャンプ感想 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【天地人40話】上杉転落

関ヶ原から、次々と戦後処理を推し進める徳川家康さん。
もうすでに天下の大勢は徳川のものへ。。

そしてついに、上杉の処分が決定されました。

己の非を一切認めず、自らの信念を貫いた上杉家。
なんだかかっこいいですね。

問答無用で減封させられちゃった毛利輝元さんが、霞んで見えます。

しかしながら、その上杉の態度に家康さんは当然おかんむり。

だけど、結局落としどころを見つけて、上杉家は30万石の普通の大名家へと成り果てましたとさ。
てのが、今週の「天地人」。


今週の感想といたしましては・・・
遠山さんってどこまで出張るんですかっ。

今は昔、「御舘の乱」にて、北条家のスパイとして、上杉景虎を裏から操り、最後は北条家へ逃げ帰った遠山さん。
その後は北条家にて結構重要視されながらも、結局豊臣秀吉に討たれて北条家は滅び、遠山さんは行方知れずに。

って思ってたら、関ヶ原くらいからちゃっかり徳川家に潜り込んでたことが判明した遠山さん。
そしてそのまま、なぜか徳川の重役会議の場に出席してる遠山さん。

あれって、遠山さんで間違いないですよね。

遠山さんの「天地人」での優遇は異常なり。

| NHK大河ドラマ | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガジン44号【感想】

ベイビーステップ
アメリカ留学で大幅にレベルアップしたエーちゃん。

だけどまだまだ全日本ジュニア優勝は厳しいようです。
あれ?アレックスの立場は・・・。

ま、まぁそれはさておき、今回の目玉は久しぶりのなっちゃんとのツーショット。
アメリカでは、名前は出てきても、すっかり過去の人化していた感がありましたが、まだまだなっちゃんは健在です。
むしろ、こちらもレベルアップしたような気がします。
一言もしゃべらなかったタクマもしっかり存在感を発揮していますし、日本に話が戻ってきても「ベイビーステップ」の躍進は続いていきそうですね。


我間乱
一見我間にフルボッコにされていた鏡千流当主・大丸左近。
でもきっちり我間の攻撃を受け流していたようです。やるね。

左近はサイコっぽい性格であんまり共感できないキャラクタといった印象ですが、最初の一撃で我間の小指を折ったりと、常人ではできないような機動力を発揮して、仕合のほうはいい感じです。

いまのところは我間が圧倒的に不利。
下手すると負けてしまい、同門の誰かが助太刀しそうな気配すら漂ってきていますが、果たして我間は左近に勝てることが出来るのか!?


ティジクン
ティジクンこと、ダーオくんは実はいい子で、結局亮の仲間になりましたとさ。
っていう、少年漫画のお約束的展開で、今回は一件落着。

しかし、息つく暇もなく、次なる敵・柔道日本一の黒崎蒼佑登場。
今度の相手は柔道家らしく、投げ技で攻めてきそうですが、亮の当破は効果があるのか。

そういえば、拳が壊れるっていうフラグが立ちましたが、あのメガネは一体何をたくらんでるのでしょうね。


ツバサ
今回で最終回。
気がつけば連載6年。

壮大な物語に、ヤンマガで連載の「XXXHOLiC」とのリンク、スターシステムと、クランプワールド全開だった本作。
正直私は途中からついていけなくなり、最終回を読んでもチンプンカンプンだったんですが、時間があれば最初から読み直して、きっちりと理解したいです。いつか。

次号は後日談たる「番外編」が掲載とのこと。
みんながハッピーエンドで終われるといいですね。


| マガジン感想 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阪神の辻本賢人が戦力外に

いまから五年前の2004年に、15歳というドラフト史上最年少で阪神タイガースに入団した辻本くん。
将来が楽しみであり、潰れると人生も台無しになってしまうことから、不安でもありました。

基礎体力作りのために、すぐに一軍には昇格せず、じっくり育てる計画だったようですが、しばらくすると世間の記憶からも薄れゆき、気がつけば育成選手に。

そして、ついに戦力外へ・・・。

サンスポ :http://www.sanspo.com/baseball/news/091001/bsb0910011116013-n1.htm

15歳でプロ野球選手となって、学校にもまともに通えず生活した彼が、いくら実家がお金持ちとはいえ、無事に社会復帰できるのか、本当に心配です。
阪神はきちんと彼の将来を考えてくれるのか。
青田買いした責任を、しっかりととってもらいたいものです。

| 雑記 | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。