ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【エデンの檻】創世記【36話】

アキラのおかげで心を取り戻した有田幸平くん。
それでも、彼の犯した罪は取り消すことは出来ず、周囲との温度差は夏場のデパート。

そんな幸平など、特に気にもせずに矢頼光一くんは相変わらずの大活躍。
大森さんとミイナ(偽)を抱えたまま、グイグイ綱のぼり。

マジですごいです。
ミイナ(偽)とか、別に連れてあげる必要性は特に無かったはずなのだが、文句も言わずにせっせとよじ登る、よじ登る。

ほんと、光一って好青年ですね。
初登場時の禍々しさは今はもう無く、気の利くガタイのいいあんちゃんに大変身です。


そして、そのライバル?である真理谷四郎。
最近、知恵袋的な出番も減ってきて、その威光に陰りが見えてきました。。。

しかし、そうでは無かった。
真理谷は着実に進化をしていました。

襲い来る鉄砲自ら逃げるアキラ、真理谷、しおん、ザジ、幸平の四人のなかで、逃げ遅れることなく中段をキープの好走塁
このサバイバル生活で、着実に野性味が出てきております。

おつむの方も、とっさにズボンを浮き袋代わりしたりと、地味ながら確実に動ける参謀としてクラスアップ中。
すごいよ、真理谷さん


ザジの方も相変わらず。
上か下かの分岐点で迷わず上を宣言。
もちろん、正解は下。

ザジのゆくところの逆を行けば大丈夫?



ということで、今週の「エデンの檻」の感想まとめ。

幸平とは、カッパドキアで離れ離れに。
でも、きっとアキラたちがピンチのときに再登場してくれるはず!

で、終わりかと思っていたら・・・。

矢頼光一の建国計画。

そうきたか・・・。
そうきたか・・・。

確かに今回で、物語の鍵となるアキラ、光一、幸平の三人は繋がりを持つことが出来た。
これで、序盤の設定は大体消化。

残すキーマンは「冥王(自称)ハデスくん」「偉そうな教師のおっちゃん」くらい。

話の転機が訪れることは予想できました。

しかし、それが国を造ることとは・・・。
まったく予想外な展開で、脳汁じゅくじゅく

アキラが、この提案を受け入れるかどうかは分かりません。
断る可能性も大。

しかしながら、小集団活動から一気に国家という組織になると、これまでと勝手がかなり違ってきて、作品的にも大博打。

今後の展開に、とてつもない不安があると共に、その倍の期待がアドレナリンを分泌させてくれます。
スポンサーサイト

| エデンの檻 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。