ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ】north island ~ノースアイランド~ 【金未来杯】

第5回ジャンプ金未来杯エントリー№3。
ヤクザな叔父様と内気な少女の「入れ替わり」を軸にした物語。

その名も「north island」。
直訳で北の島国。

読み終えた直後は、なんでこのタイトルなのだろう???
と、頭の中が?で一杯でしたが、たぶん作中でも話題となった北島三郎さんの苗字がネタ元かな。

そんな、サブちゃん好き?な作者は安藤英先生。

赤マルジャンプにも、たびたび掲載されていた、結構経歴は長めなお人。
プロフィールにある「好きな漫画」は『動物の出てくる漫画』らしいですが、今回の「north island」には、全くそんな素振りはナシ。

タイトルの件と言い、かなり掴み所の難しい人というのが私の印象。。。


中身のほうの感想ですが・・・。
「入れ替わり」が物語の主軸ですが、結構この手のネタも使い古された感があり、目新しさはありません。
が、ヒロインの新海月帆が、ダメな自分を変えようとする様を、丁寧に描き上げていて、「筋」は通したのかなって思います。

ただ、タイトルの由来ともなっている?「北島三郎」が、あんまり話と繋がっておらず、単に奇を狙った小細工程度にしか、後に残らなかったのが非常に残念です。。。

実は、北島三郎の唄のフレーズを引用してたり、唄そのものをモチーフにして話を構成してたりしているのかもしれませんが、ジャンプの一般的な読者にはそんなこと分からないはず

これは正直失敗だった気がします。。。


絵柄のほうですが、おっさん絵がかなり得意みたいで、主人公の宇宙ヤクザ・エイシンは、中身が月帆の間ずっと輝いていました。

逆に、美形キャラはかなり苦手のようで、終始月帆の表情は硬いまま、エイシンの舎弟・トラジに至ってはマネキンのようにずっと同じ顔のままでした。

でも、おっさん達が生き生きしてるほうが、読んでいて楽しいです。

だけど、それだと「ジャンプ」に合わないのが難しいところ。
みんなおっさん画にする訳にもいきませんしね。。。。


話自体は、すごく綺麗に纏まっていて、読みきりで完成されちゃった作品って感じです。
連載にはあんまり向いていない気がしますが、はたして金未来杯での結果はどうなることか・・・。
スポンサーサイト

| ジャンプ感想 | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。