ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【天地人32話】世継ぎの運命(さだめ)

朝鮮出兵もつかのま、秀吉の第二子・お拾様が誕生ということで、景勝と兼続はあっさり帰国。
朝鮮出兵とは一体なんだったのか・・・。


それは置いといて、お拾様の存在により、立場を危うくされた秀吉の養子・豊臣秀次と後の小早川秀秋・豊臣秀俊。

秀秋が上地かよっ。
と、先週の予告で心の中で突っ込みを入れましたが、今週はどうだい。

意外といけるよね。

ヘキサゴンで「おバカキャラ」をやっていたのは辛うじて知っていましたが、この頼りの無い雰囲気がとってもマッチ。
コイツなら、きっと関ヶ原で裏切ってくれる!

そんな秀秋を好演していました。
しかも、裏切っても憎むことが出来ない愛くるしさ。


それに引き換え、小栗旬の石田三成。
家康に嵌められ、諸大名の敵になっちゃいました。。。

コイツなら、きっと関ヶ原で誰も付いて来ない!

そんな哀愁漂う三成。
かわいそうです。。。

結局三成はこのまま悪役街道一直線で、関ヶ原に突入しそうな雰囲気。

嫌われ役を引き受けるなら、旗印とならなかったらよかったのにね。
と、関ヶ原の反省会の材料が出来そうです。


三成と家康の策士としての器の違いが、今週は如実に現れてたね。
豊臣の時代の終焉は近いです。
スポンサーサイト

| NHK大河ドラマ | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。