ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あずまんが大王【完全版】

あずまんが大王」。

今から数年前、私が高校生だったころ、オタ系な友人Y君が薦めてくれました。
はじめて名前を聞いたときは、

????

てな感じで、これって本当に面白いのか~?と疑いながら読んでみました。
まぁ、それではまったんですけどね。

今では「らきすた」とか「けいおん」とかで一つのジャンルとなった、女子高生の日常四コマ漫画。
それの奔りとなったのは、間違いなくこの作品ですね。

とくに、当時衝撃的だったのが大阪ですね。

当時は、関西弁のキャラといえば、まくし立てるような感じがほとんどで、ゆるい関西弁は私はこれが初めてだった気がします。


そんな、ある意味伝説となった作品である「あずまんが大王」。

最近創刊された「ゲッサン」という小学館の漫画誌に、補習編として一時的に復活し、その流れで、補習版を収録した「完全版」が、小学館から発行されることとなりました。

私は、「あずまんが大王」は友人から借りて読んでたクチなので、これを機会に購入。

表紙は、「あずまんが」というより、現在連載中の「よつばと!」チックなタッチに。

そして、なぜか大阪ひとりがぽつんと立ってる表紙。
やっぱり大阪は偉大ですね。

内容は、懐かしいネタに溢れておりながらも、今読んでも十分楽しめる内容。

そして、それ以上に読んでいて驚いたのが。

中身の半分以上が書き直されている。


ということ。


少しじゃなく、ほとんど。
これはたまげました。

当然、そのまんまなところもありますが、ほとんど気にならない程度で、体感では、完全リニューアル版といってもいい出来ばえです。

すごいや、あずま先生。


これから、三ヶ月連続で発刊されるようなので、待ち時間もほとんどなく、気持ちよく読むことができそうです。




三年生あたりから、『ほんとにおわっちゃうんだよな~…。』なんて少し憂鬱になったのも、今はいい思い出。




あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル)あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル)
(2009/06/11)
あずま きよひこ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| コミックスレビュー | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。