ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ヴィンランド・サガ】王として、戦士として

いま、もっとも楽しみにしている漫画の一つ。
ヴィンランド・サガ」。

アフタヌーン連載で、雑誌のほうはまったく押さえていないため、単行本新刊の発売が楽しみでなりません。
で、今日本屋さんをぶらついていたら、最新7巻が出てたので、買い。買い。

・・・・・・。

読み読み。

・・・・・・。

・・・・・・。

私の戦士としての血が掻き立てられてゆく

ぬほほー。(戦士の雄叫び)


7巻では、長かった戦も小休止で、別れと、再会の二つが際立った内容となっております。

が、連載雑誌がアフタヌーンと、名前は知ってるけど、中身は知らないよう。って方がほとんどのため(私もそうですが)、「ヴィンランド・サガ」自体の巷での知名度はイマイチ。

というわけで、ヴィンランド・サガってなんじゃー。っていう方に、及ばずながら、私がご紹介させていただき候。

・物語
今から大体1000年前くらいの、北欧・英国圏でのお話
1000年前だから西暦も1000年くらい。分かりやすいね。

ちなみにそのころの日本はというと、いい国つくろー鎌倉幕府の前だから、平安時代。
おじゃる丸の時代ですね。ほっほっほ。

主人公のトルフィンは、訳あって父の敵の傭兵隊長・アシェラッドの元で、日夜、戦場を駆け回る。
戦場での、褒美は父の敵討ちである、決闘申し込み権。
戦場では、幾多の功績を挙げるトルフィンも、アシェラッドとの戦士としての格から、足元にも及ばない。
そして、そのアシェラッドも、かつて、トルフィンの父であるトールズには全く及ばなかった。

伝説の戦士だった父と、その息子。
父譲りの、類まれなる戦闘センスを持ちながらも、その果てしない戦士としての差。
それは、「本当の強さ」を見つけ出した父と、「復讐のための強さ」を求める子の差。

父は、自分の子を戦士にはしたくなかった。
戦士にはならずとも、「本当の強さ」を得ることが出来ると、分かっていたから

だが、その想いを理解する前に、父はヴァルハラへと旅立った。

早すぎた、父の死。
何かを学ぶためには、幼すぎた子。



父を目の前で殺された少年の眼には、血に染まる父の影しか残らなかった。

壊れていく、少年の心。


だが、「本当の強さ」は、そこで途絶えなかった。

最期まで、トールズの「強さ」に圧倒された、仇敵・アシェラッドは、その力の根源に、強烈な違和感を感じた。

その力は、彼にあって、自分には無い。
言葉では表せない、そのもどかしさを抱えながら、トールズの子・トルフィンを自分の傍に置き、成長を見つめる。

本来なら、見捨てるはずのトルフィンを、そうしなかったのは、ただの気まぐれか、それとも、トールズへの敬意か。定かではない。

だが、少年が成長するにつれ、その父とは全く違う強さの方向に突き進むことに、偉大だった父から何も学んでいなかった少年に、激しい苛立ちをアシェラッドは感じていく。


ってのが、序盤の流れ。
かなり、文字数が多くなってきて、読みにくいと思いますので、ここからはちょっぴりテンポアップ。


その後、デーン人のイングランド遠征に参加したアシェラッドやトルフィンは、デーン国王子クヌートと、後の運命を大きく変える出会いをする。

初めは、臆病で、無気力だったクヌートは、ある出来事を境に、自らの運命を、自らで切り開いていくようになる
そして、そのクヌートの道に、トルフィンたちも供をすることとなる。

その道の先に、幼きころのトルフィンが夢見た、豊かで誰もが幸せに暮らすことの出来る大地「ヴィンランド」があるのか。

以上。


いきなり、テンポアップしすぎましたかね・・・。
まぁ、いいか。。。


さてさて、この作品。
かの有名なヴァイキングがテーマとなっております。

でも、ヴァイキングって名前は知っているけど、海賊との違いがわかんない。という方がほとんどだと思います。(もちろん私も)

しかし、ご安心を。
この作品を読めばあなたもヴァイキング博士

ヴァイキングの大元であるデーン人やノルマン人の生活や、性格が、幸村誠先生によって緻密すぎるほどに描写されています。


それはもう、楽しいお酒の宴会から、思わず目を背けたくなる非情な世界まで、様々。

人物メインの展開ながら、戦闘シーンも迫力満点で、当時の戦争の仕方も丸分かり。

戦闘機は無い。銃もない。
だが、彼らには、剣がある。弓がある。魂がある


闘って死ぬことが最上とされる、北欧世界。
生きて戦争。死んで戦争。

ラグナロクのそのときまで、彼らは闘うことを求め続ける。

そんな、熱き男たちの世界で、己の道を突き進もうとする少年たちの物語。

それが、「ヴィンランド・サガ」です。



余談ですが、私は北欧神話では、スルトが一番好きです。
敵役ですけどね。

最終戦争まで、じっと炎の国でめらめら燃えていて、開戦と同時に、神々を殲滅。
最終戦争が終わるのは、彼が燃え尽きるとき。

厨設定なんて言わせないです。
だって、それが神話なんだもの。



スポンサーサイト

| コミックスレビュー | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。