ありすは

漫画の感想からほにゃららまですべては気まぐれオレンジでのんべらり。。。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【マガジン新連載】ゼウスの種

渡辺静先生の「僕の彼女はフィクションです。」は素晴らしかったです。
勢いに乗って、飯島浩介先生の「ゼウスの種」の感想

ギリシア神話をベースに、オリンポスの神々が現代日本社会に溶け込もうとするギャグマンガ。
今回は、神話では賢者として扱われていたケンタウロスが、馬として扱われる可哀想なお話でした。

顔だけ見てれば人なはずなのに、まったくひとい世の中です。
イジメヨクナイ!

次回はきっと心温まる話が・・・、と思いきや、予告では「ケンタウロス、渋谷へ行く。」とな?
次も可哀想なお話になりそうです。

短期集中連載みたいですが、もしかしてこのままケンタウロスネタで引っ張るのかな。。。
スポンサーサイト

| 新連載一話読み | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【マガジン新連載】僕の彼女はフィクションです。

本当だったら先週書くつもりだったのですが、本日二話までイッキ読みです。

僕の彼女はフィクションです。」 

少年の10年にも及ぶ妄想が具現化し、現実の少女として突然現れるというすごい話です。
なにより、主人公の葉村君の妄想ノートがとてつもない破壊力で、なんというか・・・うん、すごいや。
5歳から15歳までの、人生で最も多感な時期に培った、ミチルという名の妄想。それは、少年の強さへのあこがれから、厨二病をこじらせるところまで、余す所無く詰め込まれ、本来理想の少女であるはずのミチルが、人としては破綻した存在となって現実と向き合い始めた少年に立ちふさがる。

フーコ先輩との現実は未来。
ミチルとの現実は過去。

葉村少年が今後どの現実を選択していくのでしょうか。



と、まぁそれっぽく書いてみたつもりですが、要はラブコメ。ラブなコメディですよ。
外見はクール中身はトロトロなフーコ先輩を愛でつつ、妄想の結晶であるミチルが珍騒動を起こしていく感じで今後は物語が進んでいきそうですね。

いまのところ、フィクションな彼女であるミチルよりも、圧倒的にフーコ先輩のほうが魅力的なので、ミチル分は控えめにしていただけると私は幸せになれます。

| 新連載一話読み | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【マガジン新連載】振り向くな君は

自転車競技ロードレースに焦点を当てた「オーバードライブ」の安田剛士先生が久しぶりに週マガ本誌に戻ってきてくれました。

前作「一瞬の風になれ」では陸上競技を。

そして、今回はサッカー漫画となっています。


自転車→陸上と、割とスポーツ漫画としてはマイナーな部類を攻めてきた安田先生が、メジャースポーツに手を出すとは少し意外な感じもします。

正直なところ、「一瞬の風になれ」は読んでなかったので、本当に久しぶりの安田作品ですが、相変わらず熱く仕上げてきていてひと安心です。

病弱ながら、天性の柔らかさを持っていそうな成神蹴治と、体格に恵まれた見た感じ天才タイプの犬童かおる。
今後、この凸凹コンビがどんな活躍をしてくれるのかな。

一話目では、本当に冒頭部分しか描かれていなかったので、次回の試合シーンをどう表現してくるのか楽しみです。

| 新連載一話読み | 22:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【マガジン新連載】BUNBUNBEE

19歳の新人・榎本智先生がマガジンで新連載です。

19歳ですか。
若いですねー。

おまけにバイク漫画。

久しぶりですねー。
バイク漫画。

男子たるもの一度はバイクに憧れるものです。
なぜ憧れるのか、バイクには理由なしに憧れてしまう魅力が詰まってます。

で、本作「BUNBUNBEE」ですが・・・。

なんとなく言いたいことはわかった。
以上。

テンプレどおりの展開で始まり、テンプレどおりの展開で終わる。
突っ込みどころはいろいろありますが、思ったほど悪くはなかった気がするこの頃です。

蜂須賀悟郎と蜂須賀鉄郎。
同じ雑誌に似た名前の主人公ができてしまったのは何か惜しい。

| 新連載一話読み | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ新連載】ライトウィング

この間サッカー漫画が打ち切りになったと思っていたら、またしてもサッカー漫画が新連載。

ジャンプには新たに「サッカー漫画枠」が作られたのでしょうか???


この前やってた「少年疾駆」は、比較的常識的な内容(だった気がする)でしたが、今回の「ライトウィング」は完全に超人サッカー漫画ですね。

読切としてならば、この展開にも付いて行けると思いますが、毎週となると正直読むのが少し疲れちゃいそう。。
第一話のラストはビシッと決まってますが、このテンションがどこまで続くのか・・・。


今年はどうも新連載の枠が少ない気がしますし、パッとしたものもない。
「バクマン。」の世界とのギャップが広がる一方ですね。

| 新連載一話読み | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ新連載】エニグマ

金未来杯も終わったところで、ようやく新連載のターン。

2010年秋の新連載第一弾は、榊健滋先生の「エニグマ

読切とかなかったので今回初見の作品です。
とりあえず最初に読んだ感想ですが・・・、えすのサカエ先生の「未来日記」っぽい???

主人公・灰葉スミオの特殊能力の「夢日記」。
すなわち予知夢。別名「未来日記」・・・。


メーデー。


物語は第一話で、特殊能力を持つとされる7人の少年少女を閉鎖空間に押しこめ、そこからの脱出劇が始まろうとしています。
それぞれの人物の持つ「ユニークな才能」とは一体どんなモノなのか。
そして、ヒロイン・しげるの隠されているっぽい秘密はなんなのか。

一話目からガンガン盛り上げていってる感じです。

作品の持つ既視感とかは置いておいて、今後の展開に期待したいところです。


それにしても、この作品を読んだ最大の違和感といえば高校生の息子を持つ№1キャバ嬢のお母さん。
30代のキャバ嬢・・・。
なんか厭だ。

| 新連載一話読み | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【マガジン新連載】AKB49~恋愛禁止条例~

女装した男子が、アイドルとなって活躍する。
やぶうち優先生の「少女少年」が思い出されます。

あの漫画は、当時は純真に読んでましたが、今思い返すと色々と未来を走っていました。。。
男の娘って、最近よく聞くようになりましたねー。

で、そんな時代に乗ってか、週刊少年マガジンでもそんな女装男子のアイドルサクセスストーリーが新連載です。

しかも、最近やたらと露出の多い「AKB48」を舞台として。

原作付きですが、漫画担当は宮島礼吏先生。
この方は・・・特に情報なし。
よく分かりませんが、絵は上手です。

AKB48については・・・、語るべきに非ず。なので深く言及はしませんが、次号で久しぶりに蘇る「ラブひな」といい、現状のマガジン編集部の方針がみえてくる感じです。


個人的な感想で恐縮ですが、別にAKB48でなくてよかったんじゃないかと・・・。

| 新連載一話読み | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ジャンプ新連載】逢魔ヶ時動物園

昨年末に読切掲載された堀越耕平先生の「逢魔ヶ時動物園」が新連載へとクラスアップ。

読切時は若干設定に違和感を感じていましたが、見事に改善されていてスマートな出来栄えでした。
(読切の時の感想です →「【ジャンプ】逢魔ヶ刻動物園【読み切り】」)

本作品の目的は、「逢魔ヶ時動物園を天下一の動物園にすること」。

具体的にどうやって「天下一」に持っていくかは不明です。

というか、そもそも「天下一」ってなんだろう。。。
とりあえず、適当に考えてみました。

1.真面目に人気ナンバーワンを目指す。
2.天下一武道会みたいなので優勝する。
3.巨大な悪に勝利する。


ということで、イマイチ「天下一」が分かんないことがわかりました。

読切時は「西遊記」がどうのっていうのに嵌り、連載では「天下一」に嵌る。
一見スマートに思えましたが、やっぱり物語の軸が弱そうな感じです。

まぁ、絵がうまいし、テンポもいいし、物語性を除けば現時点で言うこと無しです。
まだまだ一話目だし、重要な展開は出し惜しみしているのでしょうね。

| 新連載一話読み | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

少年疾駆【新連載】

最近スポーツものがめっきり減ってしまった我らが少年ジャンプ。

そろそろ開幕しそうな南アワールドカップに便乗するつもりなのか、サッカー漫画が新連載です。
作者の附田祐斗先生は、聞き覚えがない名前でしたが、それもそのはず。
どうやらジャンプ本誌の方は初登場みたいです。(情報源はウィキペディア

新連載の予告段階での挿絵では、すんごく期待できそうになかったのですが、予想外に楽しめる出来栄えでした。

とりあえず主人公の大鳥晴輝の考え方が面白いです。
なんだか自分の黒歴史を思い起こさせる性格設定


無意味なほどに勘違いしたカッコよさを求めた若かりし日々。。。


自身のことは思い出しただけで死にたくなってきますが、他人ならば別。
とっても微笑ましい光景ですねー。


大鳥晴輝のキャラデザでのヘッドバンド。
これも当初は気に入らなかったところがありますが、主人公のイタさを表現できて今はお気に入りです。


そんな主人公の対比として、ニヒルなライバル・陣明薫の存在もアクセントが効いてます。

「こんなやついねーよ」など、と突っ込みどころはたっぷりありますが、それらをすべて受け入れたくなるような作品。

正直サッカーとか興味のない私ですが、「少年疾駆」はちょっぴり期待。


だけど、そろそろジャンプで野球漫画が読みたいです。。。

| 新連載一話読み | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メタリカメタルカ【新連載】

不思議な力を持つレアメタルを中心とした冒険物が金未来杯より連載化されました。

金未来杯の時(→記事「【ジャンプ】メタリカメタルカ【金未来杯】」)から期待していた新連載。
ファンタジー冒険物が定着しるか楽しみなところです。


で、その新連載の第一話なのですが・・・。

改めて読んでみると、なんともガンガンっぽい雰囲気。
20代も折り返しに近づいた小生には若干厳しい作風です。。。

でも、最近のジャンプにはこういう作品も必要ですよねー。
RPG要素満点で、物語が進むにつれて主人公も成長していく作品になれば嬉しいところです。

画力の方もそのうち上達しますよねー。
週刊連載の軌道に乗ってくれることを祈るばかりです。


あれれ、そうすると「保健室の死神」が・・・。

| 新連載一話読み | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。